HOME生活感想つけびの村:高橋ユキ

つけびの村:高橋ユキ

2013年に山口県周南市で発生した、山口連続放火殺人事件の真相を知るべく取材した内容をルポとしてまとめたものです。
著者は、裁判の傍聴マニアで、それが高じてルポを書くようになり、フリーライターとして活動している人のようです。

事件現場は、山口県周南市北部の山村にある金峰地区という郷集落で、高齢者ばかり8世帯12人が住む限界集落でした。
この集落で周りと交流せずに一人で暮らしていた男が犯人として逮捕されます。週刊誌などがこの事件を一斉に報じ、犯人の男が妄想性障害であること、犯行予告をしていたことなどが書かれていました。
しかし、著者は、本当にそれが真実なのか?と考え、事件の真相を探りに金峰地区に赴きます。みんな事件のことを語りたがらないかと思いきや、噂話が唯一の娯楽だった限界集落の人々は、やがて犯人の男のことや被害にあった人たちのことなどを本当なのか嘘なのかわからないながらに語り出します。果たして真相はわかるのかーという内容です。
まずこの事件の異常性に興味を惹かれるのですが、そもそもは著者がウェブのnoteというサービスでこのルポを有料で公開していたのが、検索にひっかかったのがきっかけでした。それから本も出していることを知り、それを読んでみたという流れです。
このルポ記事にはちょっと小説風というか、いらない描写があり、蛇足と感じる文章が散見されます。小説家のように書いてみたかったのだろうな、と感じます。

基本的には誰が誰について何と話したか、という人の話が主体となっているものなので、それ以外の部分はあまり面白みもなく停滞感があります。
それでもこれだけの情報を聞き出しまとめたのは苦労しただろうなと思います。また、実際に犯人とされた男とも接触して何度も話を聞きに行っており、その際に感じたことも、主観ではありますが、淡々と述べています。
自分ではここまでのことはできないだろうなという気持ちで読むと、この行動力や忍耐力には頭が下がる思いでした。

関連記事

ソロモンの偽証:宮部みゆき

映画化されてもいるし、前からあるなとは思っていたけれど、3部作(文庫本だと6冊)のため長いからなかなか手を出せずにいた、ソロモンの偽証を読んでみました。 映画も見たことはないのですが、あらすじで学校内…続きを読む

ゴーストブック おばけずかん(映画)

映画館で本編を見る前にやっている予告編を見ているときに、このゴーストブックが流れ、実写であることで面白そうだなと思い、子供に薦めて見に行ってみました。 出演に新垣結衣が出ているところも売りなのでしょう…続きを読む

まっしょうめん!:あさだりん

わたしの息子が剣道をやってみたいということで道場に通い始めました。 といってもいつまで続くかわからないので、まずは竹刀だけ買って習わせています。 竹刀は消耗品のため、特に小学生用などは2000円程度で…続きを読む

64(ロクヨン):横山秀夫

「64(ロクヨン)」は、三上という県警広報官が刑事部や新聞記者たちとの板挟みにあいながら、昭和64年に起こった誘拐殺人事件に絡めた警察内で起こっている動きを追っていく、という物語で、実話がモチーフにな…続きを読む

さかなのこ(映画)

さかなクンの自伝「さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生! 」を元に映画化したものが「さかなのこ」です。 最初、映画館の広告でこれをみたときに、おもしろそうだなと思いました。 短期間に再び映画館に行…続きを読む

おまえさん(上・下):宮部みゆき

宮部みゆきの本は好きで、いろんなシリーズを読んできました。 そこで感じたのは、宮部みゆきの話には、物語パートのほかに、調べた物事を説明するパートがあるように思います。 金融の話であれば、詳しくどうなっ…続きを読む

深夜特急:沢木耕太郎

深夜特急は、1986年に発行された旅行エッセイです。 著者の沢木耕太郎は、26歳のときに急に思い立って、アジアを超えてロンドンに向かうという壮大な旅を無計画に行います。 文庫本全6巻にまとめられていま…続きを読む

パラドックス13:東野圭吾

ある日、地球上に何が起こるかわからない異変が迫ります。 それは13秒間だけ起こる異変で、その間には極力危険なことはしないように、というお達しが警察になされます。 しかし、その13秒間に犯人を追っていた…続きを読む

刑事の子:宮部みゆき

父親が刑事である、八木沢順が、近所に住んでいる怪しげな館にいる老人が人殺しであるという噂を耳にします。 ほどなくして本物の死体の一部が発見され、犯人と思しきものから手紙が届いたことから、事件をみすごせ…続きを読む

パレートの誤算:柚月裕子

「パレートの誤算」は、NHKのドラマ化もされたということなのできっと面白いのだろうと思い読んでみました。 パレートとは、「パレートの法則」を考えたイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートの名前です。 …続きを読む