HOME生活感想パラドックス13:東野圭吾

パラドックス13:東野圭吾

ある日、地球上に何が起こるかわからない異変が迫ります。
それは13秒間だけ起こる異変で、その間には極力危険なことはしないように、というお達しが警察になされます。
しかし、その13秒間に犯人を追っていた警官の久我冬樹と久我誠哉の兄弟。
気づいたときには、パラレルワールドに飛ばされてしまいます。
そこで出会う13人の男女。
彼らはなぜパラレルワールドに来てしまったのか?
13人以外誰もいない世界で、必死に生き抜き、パラレルワールドの謎を追っていく13人。
パラレルワールドで生活していくことはできるのか、それとも元の世界に戻る術はあるのか?
というSFチックな話です。

サバイバル物ではあるのですが、舞台が誰も人がいない日本、という設定です。
13人以外誰もいないので、交通網はめちゃくちゃ、いたるところで火災が起こり、大地震が頻繁にあり、道路は陥没するなど、悲惨な状況に見舞われます。
その中で、とにかく食糧と安全な場所を確保するため13人が助け合いながらさまよいます。
警察組織の官僚である兄の久我誠哉は、判断力に優れたスーパーマン。
いうこと成すこと的確で、みんなが彼の判断を仰ぎます。
一方で、弟の久我冬樹は一警察官で、人情味のあるキャラクター。論理的で時には冷たいものの考え方をする兄とは一線を画します。
二人の思い、他の11名のバックグラウンドなどを説明しながら物語は展開していきます。

話の大半は、大災害に見舞われている地球上で、それをうまくかわしながら生きていく13人の姿です。
でもその中で、信頼したり、裏切ったりといった人間ドラマが繰り広げられます。
そして、元の世界に戻る方法が存在すると知った時の、兄と弟の出した結論とは。

自分ならその立場になったときに、どうするだろうか、ということをSFでありながら考えてしまいます。
ストーリーはなんだか、アニメや映画にできそうな題材ですし、実際そうしても絵になりそうです。
なぜこれまでメディア化されていないんだろうなと思ってしまいました。
この話も面白くて読み始めたら一気に読んでしまう、読みやすい本でした。

関連記事

死刑にいたる病:櫛木理宇

前に、「死刑にいたる病」という映画が公開されるというCM(現在は既に公開は終わっています)を見たので、原作本を読んでみました。 死刑判決を受けた連続殺人犯が、一件だけ自分の罪ではない、ということで、そ…続きを読む

ひとり旅日和:秋川滝美

主人公の日和(ひより)は、24歳のOLです。性格は内気で人と会話するのが苦手、要領もよくありません。だから会社でも上司に怒られてばかり。 そんなある日、自分を採用してくれた社長から旅を薦められます。 …続きを読む

震える岩 霊験お初捕物控:宮部みゆき

わたしは、いわゆる時代物と呼ばれる、江戸時代など過去の時代背景を題材にした本を割と読みます。 以前は藤沢周平ばかりを読んでおり、その世界観や必殺技などに魅せられていました。では次に誰の時代物を読もう?…続きを読む

さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!:さかなクン

映画「さかなのこ」を見たので、今度は原作を読んでみました。 さかなクンの半生を綴った自伝です。 こちらがほぼ実話だとするならば、映画はかなりフィクションが入っていました。映画の場合には、明らかにフィク…続きを読む

あんじゅう―三島屋変調百物語事続:宮部みゆき

「あんじゅう―三島屋変調百物語事続」は、三島屋変調百物語シリーズの第2巻です。 主人公おちかが、この世ならざるものの仕業と思われる体験をした人たちから、その不可思議な話を聞く、というストーリーです。 …続きを読む

ダイイング・アイ:東野圭吾

交通事故を起こしてから記憶を一部失ってしまった主人公。 やがて自分が事故をしてしまった時のことを調べ始めます。 すると、謎の美女が主人公の前に現れます。 どうやらその美女は自分が事故で殺害してしまった…続きを読む

55歳からのハローライフ:村上龍

サスペンス続きだったので、別の話を、と思い手に取ったのが「55歳からのハローライフ」です。 定年を前に仕事を辞めた人、仕事をなくした人たちの、これからどうしようか、という困惑とそこから前向きになる過程…続きを読む

母性:湊かなえ

「母性」というタイトルの映画が上映されるということを以前に知り、それ以来、原作の母性を読んでみようと思っていました。 話は、自分の母親のことが大好きで、いつまでも子供として母親にかわいがられていたいと…続きを読む

刑事の子:宮部みゆき

父親が刑事である、八木沢順が、近所に住んでいる怪しげな館にいる老人が人殺しであるという噂を耳にします。 ほどなくして本物の死体の一部が発見され、犯人と思しきものから手紙が届いたことから、事件をみすごせ…続きを読む

ブレイブ・ストーリー上中下:宮部みゆき

小学生低学年から中学年にかけての子どもに、本を読んでほしいと願う家庭で起こる問題の一つが、「かいけつゾロリから抜け出せない問題」だそうです。 いかにゾロリが偉大であるかの裏付けでもあるこの問題、本を自…続きを読む