HOME生活感想桜ほうさら:宮部みゆき

桜ほうさら:宮部みゆき

「桜ほうさら」は上下巻からなる宮部みゆきの時代小説です。
剣の腕は大したことはないけれど、文筆には覚えのある心優しい侍が主人公、古橋笙之介です。
自分の父親が陰謀に巻き込まれたことを知らされ、架空の田舎藩(搗根藩=どうがねはん)から陰謀を食い止め立証するためにある人物を探しに江戸に出てくる、というストーリーです。
いくつかの話にわかれており、それぞれが一つの別の話として独立している形式をとっています。
それぞれの話がのちの話につながってくるわけではなく、あえて独立させているところに短編集のような趣を感じさせます。
最終話「桜ほうさら」では急転直下で話が進んでいき、ようやく解決したと思った矢先…という話です。

主人公を取り巻く周辺の人物たちが生き生きと描かれているのは、宮部みゆきの時代小説ならでは。ほかにも、ぼんくらシリーズをはじめ、宮部みゆきの時代小説を読んでいると、まるで江戸の下町の長屋に自分が住んでいて、彼らの日常を横で見ているような錯覚に陥るような感覚があります。
それは、彼らがご都合主義なスーパーマンではなく、一人一人が人間的な弱さを抱えつつ生きている姿がそう思わせるのかもしれません。
冒頭で桜の精と見間違えたヒロイン・和香との出会いは、話が進むにつれて打ち解けていき、最後にはくっつくのかなと思わせておいて、寅さんのような展開に歯がゆく思うなど、事件解決以外にもサイドストーリーが差し込まれていて飽きさせません。
なにやらほっこりするような人間模様も宮部みゆきの時代小説の醍醐味です。

相変わらずの宮部節、別の作家の小説を読んだ後に戻ってくるのはやはり宮部みゆき、安定の読みやすさと読後感はならではです。

関連記事

まっしょうめん!:あさだりん

わたしの息子が剣道をやってみたいということで道場に通い始めました。 といってもいつまで続くかわからないので、まずは竹刀だけ買って習わせています。 竹刀は消耗品のため、特に小学生用などは2000円程度で…続きを読む

仮面ライダーBLACK SUN(AMAZON PRIME VIDEOドラマ)

西島秀俊・中村倫也主演のAmazon Prime Video限定ドラマ「仮面ライダーBLACK SUN」が、2022年11月1日から放映されたので見てみました。 元は仮面ライダーBLACKという、平成…続きを読む

殺人鬼フジコの衝動:真梨幸子

サスペンス物を読むのが楽しくなってたどり着いてしまった一冊、それが「殺人鬼フジコの衝動」でした。 この本、だいぶ胸糞悪くなる描写が多いです。 とにかくフジコの生い立ちが酷いし、学校でのいじめも酷いです…続きを読む

ダイイング・アイ:東野圭吾

交通事故を起こしてから記憶を一部失ってしまった主人公。 やがて自分が事故をしてしまった時のことを調べ始めます。 すると、謎の美女が主人公の前に現れます。 どうやらその美女は自分が事故で殺害してしまった…続きを読む

深夜特急:沢木耕太郎

深夜特急は、1986年に発行された旅行エッセイです。 著者の沢木耕太郎は、26歳のときに急に思い立って、アジアを超えてロンドンに向かうという壮大な旅を無計画に行います。 文庫本全6巻にまとめられていま…続きを読む

むらさきのスカートの女:今村夏子

「何も起こらないのに面白いとTikTokで話題沸騰!」という帯に惹かれ、あらすじをチェックすると、主人公がいつも近所でみかける「むらさきのスカートの女」と友達になりたいが故に、自分の職場に就職するよう…続きを読む

刑事の子:宮部みゆき

父親が刑事である、八木沢順が、近所に住んでいる怪しげな館にいる老人が人殺しであるという噂を耳にします。 ほどなくして本物の死体の一部が発見され、犯人と思しきものから手紙が届いたことから、事件をみすごせ…続きを読む

連続殺人鬼カエル男:中山七里

数年前に動画配信サイトの無料枠で「連続殺人鬼カエル男」というドラマが配信されていました。 そのときに興味がわいたものの、結局見ないでそのままにしてしまいました。 それからしばらくして、その原作が小説と…続きを読む

13階段:高野和明

「13階段」は映画にもなった有名な小説です。サスペンス物ということで読んでみました。 主人公は過去に不慮の事故で相手を死に至らしめてしまった、三上という青年です。彼は刑務官の南郷に誘われて、死刑囚の冤…続きを読む

ブレイブ・ストーリー上中下:宮部みゆき

小学生低学年から中学年にかけての子どもに、本を読んでほしいと願う家庭で起こる問題の一つが、「かいけつゾロリから抜け出せない問題」だそうです。 いかにゾロリが偉大であるかの裏付けでもあるこの問題、本を自…続きを読む