HOME生活感想仮面ライダーBLACK SUN(AMAZON PRIME VIDEOドラマ)

仮面ライダーBLACK SUN(AMAZON PRIME VIDEOドラマ)

西島秀俊・中村倫也主演のAmazon Prime Video限定ドラマ「仮面ライダーBLACK SUN」が、2022年11月1日から放映されたので見てみました。

元は仮面ライダーBLACKという、平成ライダーが量産されるようになる前の、最後の仮面ライダーです。
BLACK SUNとSHADOW MOONという2人のライダーが現れるというコンセプトは同じですが、ストーリーはだいぶ異なります。
また、血しぶきが飛ぶなど残酷なシーンがあるため、年齢制限もされています。確かに子供にはあまり見せられないシーンもあります。

世の中は、人間と怪人の2種類が共存する世界になっていて、怪人を差別する人たちも存在します。
そんな中、差別はよくないと声を上げる人間の少女、和泉葵。
彼女が、西島秀俊演じる南光太郎(仮面ライダーBLACK SUN)と知り合い、やがて共闘するようになる、というストーリーです。

全編ストーリーは重苦しく、BLACK SUNも禍々しくデザインされており、およそヒーローという感じではありません。
しかし、この重苦しさこそが、本来の仮面ライダーかもしれません。平成ライダーは子供受けするようにより明るくコミカルに作られていて、それはそれで楽しいのですが、やはり仮面ライダーといえば残酷な宿命を背負った孤独なヒーロー、それに尽きます。
そしてその孤独感、重苦しい雰囲気を常にまとった緊張感を、西島秀俊と中村倫也は見事に演じていると思います。熟練の演技派が演技することでより真実味が出るということでしょうか。
また、周りを固める俳優陣もよいのです。
例えば、総理大臣のルー大柴。めちゃくちゃ悪い奴です。話し方もうさん臭くてよいです。国会答弁のときには「~で、あります」という嘘くさい話し方をしますが、なんだかそれっぽいです。
例えば、今野浩喜。反怪人団体のリーダーを務めています。ことあるごとにデモを行い怪人を見つけては糾弾します。その嫌らしい口ぶりといったら…。元相方が不祥事を起こしてから俳優業に邁進していますが、とてもよい演技をすると思います。憎たらしいです。

そして、なんといっても最終話のオープニングです。
倉庫の扉をガラガラと開けるBLACK SUN。カツーン、カツーンと中に入ってくるとその先にバイク(グラスホッパー)が置いてあります。それにまたがりエンジンをふかすと、流れてくるオープニングテーマ。
そう、これは原作仮面ライダーBLACKのオープニングです。それを今のBLACK SUNで再現するという演出にはオオーッと興奮しました。しかし倉田てつおが歌っていた曲をそのまま使っていたのが、残念でした。そこも新しく取り直して、うまい歌手に歌わせてほしかったなと思います。西島秀俊でもいいんだけれど、個人的には、仮面ライダーアマゾンズの主題歌を担当した、小林次郎に歌ってほしかったです。
そういえば、人間の世界にたくさん怪人がいる、という設定はアマゾンズにも少し似ている気がしました(アマゾンズでは最初から駆除する対象として怪人が描かれていますが)。

なんだったらもっと大人っぽくして、変身ポーズもいらなかったんじゃないかなど色々思ってしまいますが、それでもすごく楽しめた大人のドラマでした。

関連記事

深夜特急:沢木耕太郎

深夜特急は、1986年に発行された旅行エッセイです。 著者の沢木耕太郎は、26歳のときに急に思い立って、アジアを超えてロンドンに向かうという壮大な旅を無計画に行います。 文庫本全6巻にまとめられていま…続きを読む

半落ち:横山秀夫

横山秀夫という作家の本はこれで2冊目です。 ここまで読んだ感想としては、この人の本はとても読みやすいということです。 一番最初にナゾとされている問題提起があり、そのオチに向かって突き進んでいくスタイル…続きを読む

死刑にいたる病:櫛木理宇

前に、「死刑にいたる病」という映画が公開されるというCM(現在は既に公開は終わっています)を見たので、原作本を読んでみました。 死刑判決を受けた連続殺人犯が、一件だけ自分の罪ではない、ということで、そ…続きを読む

パレートの誤算:柚月裕子

「パレートの誤算」は、NHKのドラマ化もされたということなのできっと面白いのだろうと思い読んでみました。 パレートとは、「パレートの法則」を考えたイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートの名前です。 …続きを読む

連続殺人鬼カエル男:中山七里

数年前に動画配信サイトの無料枠で「連続殺人鬼カエル男」というドラマが配信されていました。 そのときに興味がわいたものの、結局見ないでそのままにしてしまいました。 それからしばらくして、その原作が小説と…続きを読む

すべてがFになる:森博嗣

「すべてがFになる」は、過去に両親殺害を疑われる天才科学者の殺害がどうして起こったのか、を解決していく話です。 テンポよく話が進むため非常に読みやすいと感じました。 違和感があったのは、登場人物のほと…続きを読む

パラドックス13:東野圭吾

ある日、地球上に何が起こるかわからない異変が迫ります。 それは13秒間だけ起こる異変で、その間には極力危険なことはしないように、というお達しが警察になされます。 しかし、その13秒間に犯人を追っていた…続きを読む

深い河:遠藤周作

しばらくミステリー物ばかり読んでいたので、別のジャンルを読もうということになり、たまたまネットで紹介されていた旅物を読むことにしました。 そのうちの一冊として紹介されていたのが、「深い河」でした。 遠…続きを読む

64(ロクヨン):横山秀夫

「64(ロクヨン)」は、三上という県警広報官が刑事部や新聞記者たちとの板挟みにあいながら、昭和64年に起こった誘拐殺人事件に絡めた警察内で起こっている動きを追っていく、という物語で、実話がモチーフにな…続きを読む

55歳からのハローライフ:村上龍

サスペンス続きだったので、別の話を、と思い手に取ったのが「55歳からのハローライフ」です。 定年を前に仕事を辞めた人、仕事をなくした人たちの、これからどうしようか、という困惑とそこから前向きになる過程…続きを読む