HOME技術レッツ!スクラッチレッツ!スクラッチ (16) インベーダーゲームをつくろう ― 音を出そう!

レッツ!スクラッチ (16) インベーダーゲームをつくろう ― 音を出そう!

これまでゲームが面白くなるように色々と工夫をしてきましたが、一つまだ手を付けていないことがあります。
それが「音を出す」ことです。

今回は、ゲームスタートのとき、たまをうった時、敵にたまがあたったとき、敵がたまをうったとき、敵のたまがプレイヤーにあたったとき、敵が出現したとき、アイテムが出現したとき、アイテムをゲットしたとき、ゲームオーバーになったとき、それぞれで音がなるようにつくっていきましょう。

いろんなタイミングで音を鳴らそう

ゲームスタートの時に音を鳴らす

ゲームを開始したときに音を鳴らす方法です。
ゲームを開始するタイミングは、「旗マーク」が押されたタイミングです。
どのスプライトでもよいのですが、ここでは「スプライト1」スプライトの、「旗マークが押されたとき」ブロックで設定します。

このブロックの下に、「ニャーの音を鳴らす」ブロックを入れましょう。

そして、「音」タブを開きます。

「音を選ぶ」アイコンをクリックします。

ここで、ゲームスタートの音は、「Win」を選んでみました。
「Win」をクリックします。

「音」タブの中に「Win」がセットされました。

「コード」タブを表示して、「旗マークが押されたとき」ブロック内の「ニャーの音を鳴らす」を「Winの音を鳴らす」に変えます。

これでゲームをスタートしてみると、音楽がなりましたね?

では、じゃんじゃん音を入れていきましょう!

ゲームオーバーの時の音

「ゲームオーバー」スプライトを開きます。
「音」タブを開き、「音を選ぶ」アイコンから、「Lose」を選びました。

「ゲームオーバーを受け取ったとき」ブロックの下に「Loseの音を鳴らす」ブロックを入れましょう。

これでゲームを動かして、ゲームオーバーにしてみましょう。
音は鳴ったでしょうか?
残念ながら、途中で音が切れてしまいましたね。

これは、音がなり終わる前にゲームの処理がすべて止まってしまうためです。

この場合には、「終わるまでLoseの音を鳴らす」ブロックに変えてみましょう。

しかし、ここで問題発生です。
敵のたまに当たって、ゲームオーバーになったのに、爆発が敵の位置で発生してしまいますね?

これは、「ゲームオーバーを受け取ったとき」のすぐ下に「終わるまでLoseの音を鳴らす」を入れてしまったせいです。

爆発処理である、「Sun」スプライトを見ると、「Sun」スプライトのクローンがつくられたときに、「ゲームオーバー」変数が1ならば、「Sun」クローンの位置を「スプライト1」スプライトの座標にしています。

しかし、ゲームオーバーになったときに、先にLoseの音を鳴らしてしまったために、「ゲームオーバー」変数を1にする前に、爆発処理が動いてしまっているのです。
これを直すには、「終わるまでLoseの音を鳴らす」ブロックを、「すべてを止める」の上に移動します。

これで、爆発が自分の位置で発生するようになりました。

ロケットがたまをうった時の音

ロケットがたまをうった時の音は、「Ball」スプライトの「クローンされたとき」ブロックの下に入れます。

まずは「音」タブで、「音を選ぶ」から、「Pew」を選びましょう。

「Pewの音を鳴らす」ブロックを入れましょう。

敵が攻撃してきたときの音

敵の攻撃は、「Rip」にしました。
「Lightning」スプライトを開き、「音」タブから「音を選ぶ」を選択し、「Rip」を選んでおきましょう。
「クローンされたとき」の下に「Ripの音を鳴らす」ブロックを入れます。

爆発したときの音

爆発音は「Oops」にしました。
敵が爆発したとき、自分が爆発したとき、両方ともこの音を鳴らします。

「Sun」スプライトを開き、「音」タブから「Oops」を選んでおきます。

「クローンされたとき」の下に「Oopsの音を鳴らす」を入れます。

敵が出現したときの音

敵の出現のときの音は「Low Boing」にしました。
「Ghost」スプライトを開き、「音」タブから「Low Boing」を選んでおきます。

「クローンされたとき」の下に「Low Boingの音を鳴らす」を入れます。

でも、このままだと敵の爆発音と出現音が同時になるので、わかりづらいですね。
今回はこのままにしておきますので、気になる人は、自分で敵の出現のタイミングを遅らせて、音がはっきりと聞き取れるように改造してみてください。

アイテムが出現したときの音

アイテム出現時の音は「Teleport2」にしました。
「Star」スプライトを開き、「音」タブから「Teleport2」を選びます。

「クローンされたとき」の下に「Teleport2の音を鳴らす」を入れます。

アイテムをゲットしたときの音

アイテムをゲットしたときの音は、「Magic Spell」にしました。
「Star」スプライトの「音」タブで「Magic Spell」を選んでおきます。

「クローンされたとき」ブロック内の「もしスプライト1に触れたなら」の中の「アイテムゲットを送る」の下に「Magic Spellの音を鳴らす」を入れます。

これで一通り音を入れることができました。
他にも音を入れてみたいところがあれば、工夫してみてください!

次回は、ゲームを開始するボタンを画面上に表示させてみます。
残すところあと2回ですよ~!

「レッツ!スクラッチ」コンテンツリスト

関連記事

レッツ!スクラッチ (15) インベーダーゲームをつくろう ― アイテムをとってパワーアップさせよう!

さて、ゲームにとって欠かせないのは、パワーアップです。 アイテムをとってプレイヤーがパワーアップすることで、より敵を倒しやすくする、というものです。 今回は、一定数の敵を倒すと、アイテムが降ってきて、…続きを読む

レッツ!スクラッチ (18) インベーダーゲームをつくろう ― ネット上にアップロードしよう

「インベーダーゲームをつくろう」の最終回です。 今回でこのゲームのプログラミングはおしまいです。 最終回は、このインベーダーゲームをインターネット上にアップロードしてみます。 スクラッチは自分で作った…続きを読む

レッツ!スクラッチ (3) 基本画面の説明

「レッツ!スクラッチ」の3回目は、基本画面の説明です。 基本画面 A — メニュー B — タブ C — ブロックパレット D — スクリプトエリア E…続きを読む

レッツ!スクラッチ (2) スクラッチのインストール

では、さっそくビジュアルプログラミング言語、スクラッチをつかっていきましょう! みなさん、Windowsパソコンは持っていますか? Androidスマホやタブレットでもできないことはありませんが、パソ…続きを読む

レッツ!スクラッチ (10) インベーダーゲームをつくろう ― 敵を倒せるようにしよう!

今回でほぼ、ゲームとして遊べるプログラムが完成します。 今回は、ロケットがうった、たまが敵に当たったら敵を消す、という処理をつくります。 たまが敵に当たった時の処理 たまが敵に当たったかどうかの判定は…続きを読む

レッツ!スクラッチ (4) インベーダーゲームをつくろう ― ゲームを設計しよう

おまたせしました! 「レッツ!スクラッチ」第4回目は、いよいよゲームをつくっていきます。 その中でも、今回はインベーダーゲームをつくります。 ゲームを設計しよう! まずはどんなゲームにするのか、企画を…続きを読む

レッツ!スクラッチ (13) インベーダーゲームをつくろう ― 爆発させよう!

このインベーダーゲームでは、たまをうって敵に当たったときに点数が入ったり、敵が自分の陣地まで来たときにゲームオーバーになったりする処理を入れてきましたが、いずれももう一味ほしいと思いませんか? そう、…続きを読む

レッツ!スクラッチ (12) インベーダーゲームをつくろう ― ゲームの難易度をあげよう!

点数もつくようになったので、これでほぼゲームとして完成しました。 しかし、このままでは物足りないですよね? まずはゲームが単調すぎて、かんたんです。 慣れてしまえばあっという間につまらなくなってしまう…続きを読む

レッツ!スクラッチ (11) インベーダーゲームをつくろう ― 点数をつけよう!

さあ、これまででロケットからたまを発射して、敵を倒す、という仕組みができました。敵が自分の陣地まで入ってきたらゲームオーバー、という処理も入れています。 さらにゲームらしくするためには、スコアをつけま…続きを読む

レッツ!スクラッチ (8) インベーダーゲームをつくろう ― 敵を表示して動かす

インベーダーゲーム、ついに敵の登場です。 まずは、敵の画像を選ぶところからです。 右下のスプライトペインから、「スプライトを選ぶ」アイコンにマウスカーソルを持っていき、虫めがねアイコンをクリックします…続きを読む