HOME技術ExcelExcel VBA:メールを送信する

Excel VBA:メールを送信する

Excel VBAからメールを送信するボタンをつくります。
パスワードロックをかけたブックを利用していて、パスワードがわからなくなったらメールを送信してパスワードを教える機能を付けようと思い、調べました。
調べた後に、パスワードロックをしても突破する方法がいくつもあることを知り、パスワードロックをかけること自体無意味なことかと考えています…

CDO(Microsoft Collaboration Data Objects)を使用可能にする

「開発」メニューよりデザインモードにして、「挿入」→「ActivXコントロール」→「コマンドボタン(ActiveXコントロール)」を設置します。
右クリックしてプロパティを開いて、オブジェクト名を「sendMail」、Captionを「メール送信」にします。

デザインモードのまま、配置したボタンをダブルクリックしてVBAのコード入力画面を開きます。

「ツール」→「参照設定」を指定します。

「参照可能なライブラリファイル」の一覧から「Microsoft CDO for Windows 2000 Library」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

コード

Dim sendMailObject As New CDO.Message
With sendMailObject
With .Configuration.Fields
.Item(cdoSMTPServer) = “xxx.xxx.xxx” ‘ SMTPサーバ
.Item(cdoSendUsingMethod) = “cdoSendUsingPort”
.Item(cdoSMTPServerPort) = 587 ‘ 送信ポート名
.Item(cdoSMTPConnectionTimeout) = 60 ‘ タイムアウト時間
.Item(cdoSMTPAuthenticate) = cdoBasic ‘ SMTP認証の種類
.Item(cdoSMTPUseSSL) = False ‘ SSL
.Item(cdoSendUserName) = “xxxxxxx” ‘ 送信ユーザアカウント名
.Item(cdoSendPassword) = “xxxxxx” ‘ 送信パスワード
.Item(cdoLanguageCode) = CdoCharset.cdoShift_JIS ‘ 文字コード
.Update
End With
With .Fields
.Item(“urn:schemas:mailheader:X-Priority”)= 1
.Item(“urn:schemas:mailheader:X-MsMail-Priority”)= “High”
.Update
End With
.MDNRequested = False ‘ 開封確認
.MimeFormatted = True ‘ MIMEを使った書式設定
.From = “xxx@xxx.xxx” ‘ 送信元メールアドレス
.To = “xxx@xxx.xxx” ‘ 宛先メールアドレス
.Subject = “xxxxxx” ‘ メール件名
.TextBody = “xxxxx” ‘ メール本文
.Send
End With
Set sendMailObject = Nothing
End Sub

メール送信をする際には、送信用のユーザアカウント、パスワード、SMTPサーバ名が必要です。
cdoSMTPUseSSLはSSLを使った送信をするか否かを指定するものです。
SSLを使う場合にはTrueを指定しますが、エラーが出る場合もあります。
送信元メールアドレスは、架空のメールアドレスでもいいので、xxx@xxx.xxxという形式の指定をします。指定がおかしいとエラーが出ます。

関連記事

Excel VBAで「はい」「いいえ」の条件分岐をする

Excel VBAでメッセージ(質問)を表示して、ユーザに「はい」「いいえ」の選択をさせて、その結果で処理を分岐させる方法です。 if文による条件分岐 条件分岐には以下のようなif文を使います。 If…続きを読む

Excelでワークシートを追加しようとすると「名前が変更されたか、移動や削除が行われた可能性があります」というエラーが表示される

Excelでワークシートを追加しようとしたら、「****\ワークシート.xlsxが見つかりません。名前が変更されたか、移動や削除が行われた可能性があります。」と表示されて、ワークシートを追加することが…続きを読む

Excel VBAでシートを並び替える

ExcelVBAでシート内のデータを並び替える方法です。 VBAのコード Endrow  = Worksheets(SheetName).Range(“A1”).End(xlD…続きを読む

Excel VBA:フィルタを操作して絞り込む

Excel VBAでフィルタ操作をして、行を絞り込みむ方法です。 コード Sub autoFilter(Retsu, Atai) Worksheets(“シート名”).Rang…続きを読む

Excel VBA:フォルダを開く

Excelでボタンをクリックしたらフォルダを開くようにするVBAです。 Shell EXPLORERPATH & OPENFOLDER , vbNormalFocus EXPLORERPATH…続きを読む

Excel VBAでログイン管理をする

Excelを開いたときに「閲覧のみ」ユーザか「管理者」ユーザかを選び、「閲覧のみ」ユーザの場合にはExcelを閉じるときに保存できないようにして、「管理者」ユーザの場合には、Excelを閉じるときに変…続きを読む

Excel:起動時に「MICROSOFT365を試す」と表示される

MicrosoftExcel2016を使っていて、あるときから起動時に「MICROSOFT365を試す 1TBのクラウドストレージで、ファイルを安全に保護し、ファイルにいつでもアクセスできるようになり…続きを読む

Excel VBAでコマンドプロンプトを起動しコマンドを実行する

Excel VBAでコマンドプロンプトを起動し、かつコマンドを実行する方法です。 コマンドプロンプトの実行 コマンドプロンプトを実行するには以下のように書きます。 CreateObject (&#82…続きを読む

Excel VBAでフィルタの絞り込みを解除する

ExcelVBAを使って、フィルタで絞り込んだ内容を解除する方法です。 VBAコード If Worksheets(“シート名”).FilterMode Then Workshe…続きを読む

Excelで指定行おきに色をつける

Excelの行に、1行おきに色を付けたい、2行おきに色を付けたい、というときの方法です。 まず、色を付ける範囲を指定します。 次に、メニューから「ホーム」→「条件付き書式」→「新しいルール」をクリック…続きを読む