HOME技術WordPressWordPressのテーマを自作する(WordPressに認識させる)

WordPressのテーマを自作する(WordPressに認識させる)

WordPressには予め提供されているテーマがあります。このテーマを利用して子テーマをつくることで簡単にテーマをつくることができますが、今回は1から自分でつくる方法について記します。

自作テーマの保存場所

WordPressをインストールしたルートディレクトリ\wordpress\wp-content\themes\[任意のフォルダ名]
以下に、

index.php
style.css

の2つのファイルを保存します。
実際には必要なphpファイルは複数ありますが、この2つのファイルさえあれば、とりあえずテーマとしてWordPressに認識されます。

style.cssの先頭に、以下のコメントアウトを記載します。

/*
Theme Name : 任意のテーマ名
Author : 任意の作者名
*/

この下には通常のcssを書きます。
なお、テーマとして認識させるために最低限必要なものは、Theme NameとAuthorですが、その他にも入力する項目があります。このテーマを自分だけで使うつもりならば不要ですが、一般に配布しようと思っている場合には入力すべきです。

Theme Name : テーマの名称
Theme URI : [http://xxx.xxx/テーマフォルダ/
Description : テーマの詳細
Author : 作者名
Author URI : 作者のURL
Template : テンプレートとして使っているテーマ名
Version : バージョン表記
License : ライセンス
License URI : ライセンスのURL
Tags : タグ
Text Domain : ドメイン名

index.phpの内容

今回は、テーマとして認識させることが目的なので、index.phpの内容は通常のHTML文にしておきましょう。
まずは、index.phpの内容は、index.htmlの内容と同じにして構いません。
index.htmlで、ウェブサイトのデザインをして、.htmlを.phpにリネームしてください。

これで、WordPressの管理画面から、「外観」→「テーマ」と辿ると、style.cssのTheme Nameで記した名前が表示されています。「有効化」をクリックすることで、テーマとして使用されます。

ただし、この時点では、ただのHTML文が表示されるだけで、記事の情報などは表示されません。
次回はindex.phpの内容を記事によって変わるように修正します。

関連記事

WordPressのスラッグとは

WordPressにおけるスラッグとは、カテゴリや投稿記事に数字ではなく、指定した文字列を使うことができるようにするものです。 スラッグには全角を使うこともできますが、全角にした場合には、実際のURL…続きを読む

WordPressをプラグインを使わずバックアップする

WordPressの投稿した記事やアップロードしたファイル、テーマファイルなどをバックアップする方法です。今回はバックアップ用のプラグインを使わず手動で行います。 バックアップする 記事のバックアップ…続きを読む

WordPressのタクソノミーとは

WordPressにおけるタクソノミーとは、分類のことです。標準で用意されているタクソノミーには「カテゴリ」「タグ」があります。 カテゴリとタグ カテゴリとは、投稿記事が属するテーマを設定するもので、…続きを読む

WordPressでテーマを自作するときに必要なphpファイル

最低限必要なファイル WordPressでウェブサイトを表示するために最低限必要なファイルは、index.phpとstyle.cssです。この2つのファイルがあればWordPressを動作させることが…続きを読む

WordPressで入れておきたいプラグイン9選

WordPressでサイトを作るときにさらに使いやすくするプラグインの紹介です。WordPressはそのまま使っていると記事投稿画面が少し使いづらかったり、制限があったりしますが、そういった不便を解消…続きを読む

WordPressで突然漢字変換ができなくなる

WordPress 4.4.2を使っていて、記事を書いているときに、急にひらがなしか入力できなくなり、漢字変換してくれなくなりました。 wp-multibyte-patchが影響している可能性があり、…続きを読む

WordPressを更新する

WordPressのダッシュボード画面で、WordPressの更新通知が表示されることがあります。今回はWordPressの更新方法の紹介です。 1.更新前にバックアップをとる WordPressを更…続きを読む

WordPressのTinyMCEを利用している際にstyleタグなどが消されてしまう

WordPressでより便利に記事を書くためのエディタとして、TinyMCEプラグインがあります。このプラグインは、ビジュアルとテキストで表示を入れ替えて確認したり、コードを直接書き込んだりすることが…続きを読む

WordPressの投稿タイプとは

WordPressでは、記事を投稿する際に、「投稿」タイプ、「固定」タイプ、「カスタム」タイプの3つのうちから選択します。 このタイプのことを「投稿タイプ」と呼んでいます。 投稿タイプは乱暴に言うと、…続きを読む

WordPressでウィジェットを自作のテーマで表示する

WordPressで自作のテーマを作った場合、外部のウィジェットを反映させることができなくなります。外部のウィジェットを反映させることができるようにするには、functions.phpに以下の一文を追…続きを読む