HOME技術JAVAJAVAでクラスを生成する

JAVAでクラスを生成する

JAVAでは、一つのソースファイル(.javaファイル)ごとに最低でも1つのpublicクラスが必要になります。
publicクラスは、1つのソースファイルに1つしか設定できません。
publicでないクラスは1つのソースファイル内に複数設定することはできます。

クラスの修飾子

publicクラスは1つのソースファイル内に必ず1つ存在しなければならないクラスで、そのソースファイル名と同じ名前を付けることになっています。

このクラス名の前についている「public」のことを修飾子といいます。
クラス名の前にどのような修飾子がついているかによって、そのクラスの動作範囲が決められます。

public ソースファイルごとに1つだけ、かつソースファイル名と同じ名称でなければならない。他のクラスから使うことができる。
なし 同じパッケージのクラスから使うことができる。
private  インナークラスで設定できる。アウタークラスでのみ使うことができる。
protected  インナークラスで設定できる。アウタークラスまたはアウタークラスを継承したクラスで使うことができる。

このほかにも以下のような修飾子があります。

abstract インスタンス化できないクラスにする
 final 継承できないクラスにする

クラスを別ファイルで管理する

1つのソースファイルにメソッドをたくさん用意して、プログラムを完成させることはもちろん可能です。
しかし、たくさんのメソッドが1つのファイル内に存在すると、複雑な処理のプログラムを作れば作るほど、管理がややこしくなりソースが読みにくくなっていきます。
JAVAでは、別ファイルで生成したクラスも利用することができるため、同じ目的のグループ別にクラス(ファイル)をわけて、その中にメソッドを記述する、といった管理方法を使うことができます。

例えば、以下のようなファイルがあるとします。

main.java

public class main{
public static void main(String[] args) {
String i = “今日は”;
System.out.println ( Bunsho(i) );
}
public static String Bunsho ( String i ){
return ( i + “1月1日です” );
}
}

このBunsho()メソッドを別ファイルで管理したい場合には、以下のように書きます。

main.java

public class main{
public static void main(String[] args) {
String i = “今日は”;
System.out.println ( bunsho.Bunsho(i) );
}
}

bunsho.java

public class bunsho{
public static String Bunsho ( String i ){
return ( i + “1月1日です” );
}
}

main.javaのmain()メソッドでBunsho()メソッドを呼び出す際に、Bunsho()メソッドが書かれているソースファイル名「bunsho」を前につけ、bunsho.java内のBunsho()メソッドであることを明示しなければなりません。

関連記事

Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する

統合開発環境(IDE)であるEclipseを使ってJAVAプログラミングを練習していきます。第一弾は、基本中の基本である、「Hello World」を表示する、というものです。 Eclipseの使い方…続きを読む

JAVAのメソッド:println()

→関連ページ(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する) →関連ページ(JAVAのメソッドとは) ここからは「Hello World」を表示させたメ…続きを読む

JAVAのループ処理:while文

ある条件を満たしている間は、決められた処理を繰り返す、という命令文が、ループ処理です。 JAVAのループ処理には以下の2つがあります。 while文 do~while文 for文 今回はwhile文に…続きを読む

JAVAで定数を定義する

JAVAでは変数を宣言した場合、変数の内容は代入する値によって変わっていきます。 しかし、プログラム上、内容を変更したくない変数がある場合には、変数宣言の前に「final」と記述します。 final …続きを読む

JAVAの条件分岐:if文

条件分岐とは、ある条件を提示して、その条件に合致していたらA、合致していなければBを実行する、という構文で、プログラミングには欠かせないものです。 条件分岐には以下の種類があります。 if文 swit…続きを読む

JAVAの予約語

プログラム言語で予め使われている名前、たとえば変数の型を示す名前などは、変数名やクラス名として宣言することができません。これらの名前を予約語といいます。 予約語一覧 abstract(修飾子) ass…続きを読む

JAVAのエスケープシーケンス

例えば、以下のように、ダブルクォーテーションを出力したい場合には、どのように書けばいいでしょうか。 System.out.println(“””); 上のように書い…続きを読む

Eclipseで分離したウィンドウを元に戻す

Eclipseを使って、ウィンドウを分離する場合には、分離したいウィンドウのバーをクリックして、アプリケーション外に移動します。 分離したウィンドウを結合する 分離したウィンドウを元に戻すには、「ウィ…続きを読む

JAVAで変数を使う:変数宣言と変数の型

変数とは、プログラム内で利用される「値」を入れるための「器」です。 変数は一定の規則に従えば、任意の名前を付けることができます。 変数はどのように使うのかというと、例えば、Hensuという名前を変数を…続きを読む

JAVAの条件分岐:switch文

if文と並ぶ条件分岐の構文として、もう一つ、switch文があります。 if文が条件が真偽で処理を変える2択(elseifを付ければ複数の選択肢を持たすことができるが)であるのに対し、switch文は…続きを読む