HOME技術ハードウェアHDD/SSDのパーティションを拡張する

HDD/SSDのパーティションを拡張する

PCのHDDをSSDに換装した際、元のHDDよりも容量の大きいSSDにしたため、未使用領域が生まれてしまいました。
そのまま別ドライブとしてパーティションを作成してもよかったのですが、容量の増加の恩恵を感じられるように、Cドライブを拡張することにしました。

ドライブの拡張

Windowsアイコンを右クリック→「ディスクの管理」を起動し、該当のディスクに未使用領域が存在することを確認します。

拡張したいボリューム(この場合はC)を右クリック→「ボリュームの拡張」を指定します。

ボリュームの拡張を選択できない場合

上記の方法で「ボリュームの拡張」が選択できない場合、以下のいずれかが該当するはずです。

  • 拡張したいボリュームの右隣に未割当領域がない
  • 拡張したいボリュームの右隣に回復パーティションがある

あるボリュームを拡張する場合には、その右隣に拡張に使う未割当領域がないといけません。
回復パーティションなどが隣に入り込んでいると、それが邪魔をして拡張できなくなります。

回復パーティションを削除する

私の場合も回復パーティションが隣にあったため、ボリューム拡張が選択できない状態でした。
有料ソフトを使えば、パーティションを移動させることができるようですが、今回はお金をかけず、回復パーティションを削除することで、ボリュームCの隣に未割当領域を用意します。

Windowsの検索で、「cmd」と入力すると検索結果に「コマンドプロンプト」と表示されます。
この上で右クリック→「管理者として実行」をします。

コマンドプロンプトが表示されたら、「diskpart」と入力して実行します。

「list disk」と入力します。

そのPCに内蔵されているディスクが表示されます。
ここで複数のディスクが表示された場合には、回復パーティションがあるディスクを選択します。
今回は1つしかディスクがなかったので次の手順は必要ないのですが、一応実行します。

回復パーティションがあるディスクの番号を以下のように入力します。

「select disk 0」

「list partition」と入力します。

「select partition *」で回復パーティションを選択します。
(この場合は4になります)

「delete partition override」を実行します。
これで回復パーティションが削除されます。

次にWindowsアイコンを右クリック→「ディスクの管理」を選択します。

拡張したいドライブの上で右クリック→「ボリュームの拡張」を実行します。

「ボリュームの拡張ウィザード」が始まります。

「ディスクの選択」で、割り当てる領域を指定します。
今回はすべて割り当ててしまいましたが、実際には100GB程度は未割当にしておき、回復用のシステムイメージを保存するドライブにした方がよいでしょう。

「ボリュームの拡張ウィザード」が完了します。

回復パーティションは削除してもよいのか?

回復パーティションとは、PCを工場出荷時に戻すためのデータが保存されている領域になります。
回復パーティションを削除した後で、再度回復パーティションを作ることもできますが、今回はそこまで面倒なことはせず、Windowsのシステムイメージを初回にとっておくことで、初期状態のバックアップとします。

Windowsのシステムイメージをとる

事前にディスクにシステムイメージを保存するためのドライブを用意しておきます。
Windowsシステムイメージは同じドライブには保存できないので、別途ドライブが必要になります。これは外付けのUSBなどでも構いませんが、どこに入れたか忘れてしまう場合に備え、PC内に別ドライブを作っておくことにします。

システムイメージ用のドライブを割り当てる

Windowsアイコン右クリック→「ディスクの管理」を起動して、Cドライブを右クリック→「ボリュームの縮小」を選択します。

「縮小する領域のサイズ」を100GB程度にして、「縮小」を押します。

「ディスクの管理」から「未割り当て」領域の上で右クリック→「新しいシンプルボリューム」を指定します。

「新しいシンプルボリュームウィザード」が開始します。

ボリュームサイズを指定します。未割り当てにした全領域を割り当てます。

「ドライブ文字またはパスの割り当て」で、「次のドライブ文字を割り当てる」を選択して「次へ」。

「パーティションのフォーマット」では「このボリュームを次の設定でフォーマットする」を選び、ファイルシステムを「NTFS」、「クイックフォーマットする」にチェックを入れて「次へ」。
これでボリュームが新しいドライブとして割り当てられました。

バックアップとしてシステムイメージをとる

Windowsアイコンをクリック→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を起動します。

「システムとセキュリティ」の項目にある「バックアップと復元(Windows7)」をクリックします。

「システムイメージの作成」を選択します。

バックアップの保存先を「バードディスク上」にして、先ほど作ったボリュームを指定し、「次へ」を押します。

「バックアップの開始」をクリックします。

※このときWindows10でローカルドライブを指定すると、
「システムイメージ作成に失敗 」というエラーになり、「別のボリュームにシャドウ コピーの記憶域があります。(0x80780038)」というメッセージが表示されることがあります。
この場合には、バックアップの保存先をUSBドライブやネットワーク上の別のドライブを指定してください。
バックアップ完了後に、ローカルドライブにできたデータを戻します。

関連記事

Aterm WR9500Nでポート開放し外部からUSBストレージにアクセスできるようにする

自宅のルーター「NEC Aterm WR9500N」にはUSBストレージを接続することができます。このストレージを外部からアクセスできるようにして簡易NASを構築することができるようなので、試してみま…続きを読む

CanoScan8200FをWindows7で使う

CanoScan8200Fはフラットヘッドスキャナですが、ドライバがWindows7 32bitまでしか対応していません。 これを64bit版のWin7で使うには、XP modeをインストールして使い…続きを読む

QNAPのストレージ容量を拡張する

QNAP TS-219P+のストレージ容量の拡張方法について記録します。 拡張内容 ・RAID1 ・HDD2TB x 2 を 8TB x 2に拡張する。 拡張方法 OSはQTS4.1の状態で説明します…続きを読む

USB接続トランスコーダー「GV-TRC/USB」で地デジ番組を圧縮して持ち出す

以前の記事「地デジ番組をスマホに持ち出して外出先で番組を見る」で録画した地デジ番組をスマホに入れてみる方法を紹介しました。 しかし、一つ大きな問題がありました。それは、地デジ番組のサイズ調整ができない…続きを読む

富士通LIFEBOOK A577/TWのHDDをSSDに換装する

LIFEBOOK A 577/TWの動作がすごく遅くつかいものにならないレベルだったのですが、HDDをSSDに替えれば速くなるという話を聞き、SSDに入れ替えてみました。 手順としては、以下の通りです…続きを読む

静音Bluetooth5ボタンマウス「BSMBB500S」インプレッション

かねてから静音マウスを探しており、これまでは以前見つけた「静音マウス「サンコーワイヤレスサイレントレーザーマウスSIRENS44」」を使っていましたが、3点不満がありました。 USB無線方式である ボ…続きを読む

スリープ時のバッテリー消費が増えた原因と解決法

わたしは普段Windows 7のノートパソコンを使っています。これまではシャットダウンすると起動に時間がかかるのが面倒なので、一通り作業が終わったらスリープモードにして、翌日また起動させて使う、という…続きを読む

Panasonic Let’s Note CF-SX2をWindows10にアップグレードする

Panasonic Let’s Note CF-SX2は公式にはWindows10に対応していないと発表されています。 しかし、その機種が対応していようがいまいが、Windows10への無…続きを読む

レッツノートCF-SX2BのHDDをSSDに換装する

巷で流行っている、ノートPCのHDDをSSDに換装して高速化する、というものを今回やってみました。 わたしが使っている機種はレッツノートCF-SX2Bで、6年前に購入したものです。 Windows 7…続きを読む

DELL Vostro 3550をWindows10にアップグレードしたら画面が真っ暗になる

ノートパソコン「DELL Vostro 3550」をWindows 10にアップグレードしてみたところ、インストールは成功したかに見えたけれど、起動したら真っ暗な画面が表示され、カーソルすら表示されな…続きを読む