HOME技術AndroidAndroidアプリを実機で確認する

Androidアプリを実機で確認する

AndroidアプリをAndroid Studioで開発した際に、実際のスマホの画面で動作確認する方法です。

スマホの設定

以下はArrows FX F-02Hの設定方法です(開発者向けオプションを表示する方法は端末やOSのバージョンによって異なることがあります)。

スマホを起動して、「設定」→「端末管理」→「開発者向けオプション」から、画面の一番上のトグルスイッチを「ON」にします。

「開発用の設定を許可しますか?」と聞かれるので、「OK」をタップします。

「デバッグ」項目の下の「USBデバッグ」にチェックを入れます。

「USBデバッグを許可しますか?」と聞かれたら「OK」をタップします。

PCの設定

Android Studioを起動して、「Tools」→「Android」→「SDK Manager」を起動します。

「Appearance & Behavior」→「System Settings」→「Android SDK」→「SDK Tools」タブを開き、「Google USB Driver」にチェックを入れて、「Apply」を押してインストールします。
このドライバーは実機とPCをつなぐためのドライバーで、スマホのメーカーによっては独自にドライバを配布しているところもあるので、ネットで調べましょう。

ドライバーのインストールが終わったら、PCとスマホをUSBケーブルでつなぎます。

Android Studioでアプリを起動させる

Android Studioを起動して、確認したいアプリのプロジェクトが開いていることを確認し、右三角アイコンをクリックします(もしくは、「Run」→「Run」または、Shift + F10)。

「Select Deployment Target」が表示されます。
「Connected Devices」にスマホの機種名が表示されているので、クリックして「OK」をクリックします。
これで実機にアプリがインストールされます。

関連記事

Androidアプリ:When using intent filters, please specify ‘android:exported’ as well

Android Studioで「When using intent filters, please specify ‘android:exported’ as well」という…続きを読む

Androidアプリ:入力された数値を足して表示する

2つのテキストボックスに入力した数値を受け取り、それぞれを足した結果を表示するアプリをつくります。 ここではレイアウト定義ファイルを「activity_main.xml」、 プログラムファイルを「Ma…続きを読む

Androidアプリ:ボタンやEditTextに余白(パディング)を設定する

Android StudioでボタンやEditTextに余白(パディング)を設定します。 余白の設定はレイアウトファイル(activity_main.xml)を編集します。 activity_main…続きを読む

Androidアプリ:レイアウトの途中にスクロールを入れる

Androidアプリで以下のようなレイアウトを組む方法です。 weightSumを使う 上、中央、下のパーツに分けて、上下のパーツは固定、中央のパーツはスクロール可能にします。 最初にLinearLa…続きを読む

Androidアプリ:タイトルバーを消す

Android Studioで、タイトルバーを消す方法です。 通常は、以下のように画面上部にタイトルバーが表示されています。 AndroidManifest.xmlを編集する android:them…続きを読む

Androidアプリ:ボタンをタップして別画面に遷移する

ボタンをタップしたら別画面に遷移させる方法です。 以下の例では、メイン画面の「ボタン」をクリックすると、サブ画面に移動し、サブ画面の「終了」ボタンを押すとメイン画面に戻ってきます。 メイン画面 act…続きを読む

Androidアプリ:アダプティブアイコンに対応する

AndroidではOS 8.0からAdaptiveアイコン(アダプティブアイコン)というアイコンを用意する必要がでてきました。 これまでの通常のアイコン、ラウンドアイコンに加えて、アダプティブアイコン…続きを読む

Androidアプリ:ライブラリの更新とエラーの修正

Androidアプリを開発していて、Build.gradle(app)の、dependenciesの項目内でハイライト表示されたり、赤い下線が引かれたりすることがあります。 ハイライトはライブラリを更…続きを読む

Androidアプリ:クリックイベントとロングクリックイベントを取得する

Androidアプリで、クリックイベントとロングクリックイベントの2つを取得して処理する方法です。 OnClickListenerとOnLongClickListenerを併記 public clas…続きを読む

Androidアプリ:AndroidXに対応する

2018年に、AndroidのSupportLibraryは、AndroidXに移行することが発表されました。 AndroidXとは Support Libraryとは簡単に言うと、Androidアプ…続きを読む