HOME技術AndroidGoogle広告でポリシー違反「句読点と記号」に対応する

Google広告でポリシー違反「句読点と記号」に対応する

モバイルアプリのGoogle広告のキャンペーンを設定しましたが、「ポリシー違反1件」と表示されました。

ポリシー違反「句読点と記号」

ポリシー違反の詳細を見ると、「句読点と記号」というヒントが表示されています。
適切な句読点や記号を使わないと、ポリシー違反が表示されてしまいます。

この表示は広告文だけでなく、アプリ名(Google Play Consoleで設定するアプリの表示名)や、アプリの詳細説明文の中で不適切と判断された場合にもされます。

わたしの場合は、「・」を使っていたことが原因のようでした。
他に使っている記号は「」()といったカッコ系ですが、これが規制されるとは考えにくかったため、「・」の部分をすべて別の文字に置き換えました。

例えば、「***・***」のように、「~と~」という使い方の場合には、「・」の代わりに「及び」としました。

リストの項目として「・***」と使っている場合には、「1.***」のようにしました。

修正結果

修正した結果、1日後にはポリシー違反は表示されなくなりました。

これとは別に、事前にGoogleのサポートに、「どこが違反なのかわからないのでこれでよいのか教えてほしい」ということについて、詳細にメールを送っていました。
返事は来ませんでしたが、これによる効果があったのかもしれず、どちらが功を奏したのかはわかりません。
しかし、Googleサポートに問い合わせを入れつつ、極力記号をなくすようにする、という方法がよかったのだと思っています。

関連記事

Androidアプリ:ボタンのテキストを変える

Androidでボタンのテキストをプログラム上で変える方法です。 MainActivity.java   Button button = findViewById(R.id.button);…続きを読む

Androidアプリ:内部テスト版をリリースする

Androidアプリで完成したものをすぐに公開する前に、内部テスト版としてリリースして動作確認をする方法です。 内部テスト版リリース方法 Google Play Consoleにログインして、「すべて…続きを読む

Androidアプリ:テキストをリスト表示する

Androidアプリで、ListViewを使い、配列に格納したテキストをリスト表示します。 MainActivity.java import android.app.Activity; import …続きを読む

Androidアプリ:アプリを更新する場合の設定

一度リリースしたAndroidアプリを更新してアップロードする場合には、必ずバージョンを更新しなければなりません。 今回はバージョンの更新方法について調べました。 build.gradleの修正 bu…続きを読む

Androidアプリ:ストアの掲載情報

Androidアプリのプログラムが完成したらすぐにGoogle Playにアップロードできるわけではありません。 プログラム以外に必要なデータを以下にリストアップしました。 ストアの掲載情報として必要…続きを読む

Androidアプリ:ボタンをタップして別画面に遷移する

ボタンをタップしたら別画面に遷移させる方法です。 以下の例では、メイン画面の「ボタン」をクリックすると、サブ画面に移動し、サブ画面の「終了」ボタンを押すとメイン画面に戻ってきます。 メイン画面 act…続きを読む

Androidアプリ:Android StudioでデバッグしようとするとPlease select Android SDKと表示される

Android Studioを使っていて、動作確認するために実行(run)をすると、ADVが起動せず、「Error: Please select Android SDK」と表示されてしまった場合の復旧…続きを読む

Androidアプリ:ボタンやEditTextに余白(パディング)を設定する

Android StudioでボタンやEditTextに余白(パディング)を設定します。 余白の設定はレイアウトファイル(activity_main.xml)を編集します。 activity_main…続きを読む

Androidアプリ:ボタンを押すとメッセージが入れ替わる

Android StudioでAndroidアプリを試作します。 今回は「ボタンを1回押すとテキストの内容が変わり、もう1回押すと元に戻る」というだけのアプリをつくります。 プロジェクトの生成 And…続きを読む

Androidアプリ:ライブラリの更新とエラーの修正

Androidアプリを開発していて、Build.gradle(app)の、dependenciesの項目内でハイライト表示されたり、赤い下線が引かれたりすることがあります。 ハイライトはライブラリを更…続きを読む