HOME技術AndroidAndroidアプリ:入力された数値を足して表示する

Androidアプリ:入力された数値を足して表示する

2つのテキストボックスに入力した数値を受け取り、それぞれを足した結果を表示するアプリをつくります。

ここではレイアウト定義ファイルを「activity_main.xml」、
プログラムファイルを「MainActivity.java」とします。

部品の配置

「activity_main.xml」を「Design」タブで開き、「Pallet」欄の「Text」から「Number」を2回、デザインビューにドラッグします。
それぞれのIDを「editText1」「editText2」にします。

「Widgets」から「TextView」を1回、ドラッグします。
「ID」を「textView」にします。

「Widgets」から「Button」を1回、ドラッグします。
「onClick」を「calcNum」にします。

このままだとすべて左寄せで表示されてしまうので、それぞれの部品を右クリックして「Center Horizontally」及び「Center Vertically」を指定します。

中央ぞろえになるので、他の部品と重ならないような位置に移動して調整します。

ソースコード

「MainActivity.java」を開き、

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.activity_main);
}

以下に、

public void calcNum(View view){
EditText editText1=(EditText)findViewById(R.id.editText1);
EditText editText2=(EditText)findViewById(R.id.editText2);
String str1 = editText1.getText().toString();
String str2 = editText2.getText().toString();
int num1 = Integer.parseInt(str1);
int num2 = Integer.parseInt(str2);
int result = num1 + num2;
TextView textView1 = (TextView)findViewById(R.id.textView);
String str3 = String.valueOf(result);
textView1.setText(str3);
}

と入力します。
EditText型を宣言したeditText1とeditText2は、入力フォームである、「editText1」および「edtiText2」への参照を受け取ります。

String型のstr1とstr2で、editText1とeditText2のテキストを受け取ります。

int型のnum1とnum2に、str1とstr2のテキストを数値に変換して格納します。

int型のresultにnum1とnum2を計算した値を格納します。

TextView型のtextView1は、画面上のtextViewへの参照を受け取ります。
String型のstr3にresultの値を文字列として格納します。

textViewにstr3の値を表示します。

結果

editText1に「55」、editText2に「2」を入れて、「BUTTON」をタップすると、「57」が中央に表示されました。

関連記事

Androidアプリ:画面遷移時に値を渡す

Androidで画面遷移時に値を渡す方法です。 数値を渡す場合 MainActivity.java public class MainActivity extends Activity { @Over…続きを読む

Androidアプリ:特定のViewに最初のフォーカスをあてる

Android Studioにおいて、起動時に特定のViewにフォーカスをあてる方法です。 activity_main.xmlで設定 レイアウト定義ファイル(activity_main.xml)におい…続きを読む

Androidアプリ:ERROR: This project uses AndroidX dependencies, but the ‘android.useAndroidX’ property is not enabled.

Android Studioでビルドしようとしたら、「ERROR: This project uses AndroidX dependencies, but the ‘android.us…続きを読む

Androidアプリ:画面をタップしたら文字を入れ替える

画面をタップしたら文字を入れ替えるアプリをつくります。 今回はタッチイベントを取得する方法を調べました。 ここではレイアウト定義ファイルを「activity_main.xml」、 プログラムファイルを…続きを読む

Androidアプリ:エラー「ScrollView can host only one direct child」

Android StudioでScrollViewを設定して動作確認しようとすると、「ScrollView can host only one direct child」というエラーが出て動作確認でき…続きを読む

Androidアプリ:アイコンの下に表示されるテキストの設定

Androidアプリをインストールした後に、スマホ画面に生成されるアイコンの下に表示されるテキストの設定方法です。 AndroidManifest.xml AndroidManifest.xmlを開き…続きを読む

Androidアプリ:ストアの掲載情報

Androidアプリのプログラムが完成したらすぐにGoogle Playにアップロードできるわけではありません。 プログラム以外に必要なデータを以下にリストアップしました。 ストアの掲載情報として必要…続きを読む

Androidアプリ:アダプティブアイコンに対応する

AndroidではOS 8.0からAdaptiveアイコン(アダプティブアイコン)というアイコンを用意する必要がでてきました。 これまでの通常のアイコン、ラウンドアイコンに加えて、アダプティブアイコン…続きを読む

Androidアプリ:背景に画像を指定する

Android Studioを使って、背景に画像を設定する方法です。 背景画像を格納する 今回は以下の画像を使います。 画像サイズなどは適当につくります。 Androidは様々な解像度がありますが、画…続きを読む

Androidアプリ:Android StudioでデバッグしようとするとPlease select Android SDKと表示される

Android Studioを使っていて、動作確認するために実行(run)をすると、ADVが起動せず、「Error: Please select Android SDK」と表示されてしまった場合の復旧…続きを読む