HOME生活感想DC がんばれ!スーパーペット(映画)

DC がんばれ!スーパーペット(映画)

「DC がんばれ!スーパーペット」は、ワーナーブラザーズのCGアニメ映画です。
この映画も、他の映画を見ているときに流れた広告を見て、子供が「今度はこれを見たい」といったのがきっかけで、ある暇な休日の朝に見に行きました。

ストーリーは、母星クリプト星が破滅する直前に脱出した赤ん坊のスーパーマンには、その時に一緒についていった犬がいた、というところから始まります。
スーパーマンの飼い犬はクリプトと名付けられ、地球で成長したスーパーマンの相棒として日々人助けにかけまわります。
そんなとき、スーパーマンに恋人ができます。
恋人との時間を作りたいスーパーマンはクリプトにも友人をつくってあげれば、自分にくっついてまわることも減るだろうとペットショップに行きます。
そんなとき、レックスというスーパーマンの宿敵がスーパーパワーを手に入れられるという隕石を宇宙から引き寄せ、それを地上に落下させるという事件が起きます。
それを阻止しようとするスーパーマンとクリプト。何とか未然に防ぎますが、その影響はペットショップにも及んでおり、ペットショップの動物たちがスーパーパワーを手に入れてしまいます。

話自体はわかりやすく、広告でみたときには「つまらなそうだな」と思っていました。
しかし、実際に見てみると、ストーリーはわかりやすく、それでいて適度に伏線も貼ってあり、感動的なシーンも盛り込まれています。それらがとてもよくまとめられているうえ、きれいなCGでド迫力に描かれているので、ひょっとしたらこれはすごい映画なのではないか?と思ってしまいました。
キャラクターデザインはテンプレート化しているのでマンネリ感は否めませんが、その分安定感があるとも言えます。また、全体的な流れがよいので、実は文句の言いようがあまりないように思います。
なぜこのテーマを選んだのか、というところはありますが、総じて面白かったです。

関連記事

野生のロボット:ピーター・ブラウン

野生のロボットは、子供向けの本です。 うちの子に読ませたら読むのではないか?と考えて手に取りました。 うちの子は、なかなか本を積極的に読まず、漫画やゾロリなど読みやすいものばかりを読んでしまいます。も…続きを読む

青の炎:貴志祐介

「青の炎」はミステリー小説ですが、その中でも「倒叙ミステリー」と呼ばれるジャンルのミステリー小説です。 主人公は高校生の櫛森秀一。 彼は高校生活を楽しむ普通の学生でしたが、あるとき急に家に離婚した元父…続きを読む

連続殺人鬼カエル男:中山七里

数年前に動画配信サイトの無料枠で「連続殺人鬼カエル男」というドラマが配信されていました。 そのときに興味がわいたものの、結局見ないでそのままにしてしまいました。 それからしばらくして、その原作が小説と…続きを読む

まっしょうめん!:あさだりん

わたしの息子が剣道をやってみたいということで道場に通い始めました。 といってもいつまで続くかわからないので、まずは竹刀だけ買って習わせています。 竹刀は消耗品のため、特に小学生用などは2000円程度で…続きを読む

おまえさん(上・下):宮部みゆき

宮部みゆきの本は好きで、いろんなシリーズを読んできました。 そこで感じたのは、宮部みゆきの話には、物語パートのほかに、調べた物事を説明するパートがあるように思います。 金融の話であれば、詳しくどうなっ…続きを読む

むらさきのスカートの女:今村夏子

「何も起こらないのに面白いとTikTokで話題沸騰!」という帯に惹かれ、あらすじをチェックすると、主人公がいつも近所でみかける「むらさきのスカートの女」と友達になりたいが故に、自分の職場に就職するよう…続きを読む

ゴーストブック おばけずかん(映画)

映画館で本編を見る前にやっている予告編を見ているときに、このゴーストブックが流れ、実写であることで面白そうだなと思い、子供に薦めて見に行ってみました。 出演に新垣結衣が出ているところも売りなのでしょう…続きを読む

死刑にいたる病:櫛木理宇

前に、「死刑にいたる病」という映画が公開されるというCM(現在は既に公開は終わっています)を見たので、原作本を読んでみました。 死刑判決を受けた連続殺人犯が、一件だけ自分の罪ではない、ということで、そ…続きを読む

深夜特急:沢木耕太郎

深夜特急は、1986年に発行された旅行エッセイです。 著者の沢木耕太郎は、26歳のときに急に思い立って、アジアを超えてロンドンに向かうという壮大な旅を無計画に行います。 文庫本全6巻にまとめられていま…続きを読む

すべてがFになる:森博嗣

「すべてがFになる」は、過去に両親殺害を疑われる天才科学者の殺害がどうして起こったのか、を解決していく話です。 テンポよく話が進むため非常に読みやすいと感じました。 違和感があったのは、登場人物のほと…続きを読む