HOME生活感想深夜特急:沢木耕太郎

深夜特急:沢木耕太郎

深夜特急は、1986年に発行された旅行エッセイです。
著者の沢木耕太郎は、26歳のときに急に思い立って、アジアを超えてロンドンに向かうという壮大な旅を無計画に行います。
文庫本全6巻にまとめられていますが、1巻を読んでみました。
1巻は香港での滞在を中心にまとめられています。
沢木耕太郎は、いきあたりばったりで旅行することを考えており、あえて最初からガイドブックを見て行き先や宿を調べることなく、とりあえず空港に行ってみて、困っている人を助けたらそのフィアンセの車に乗せてもらい、安宿を紹介してもらう、という具合です。
その宿がいわゆる連れ込み宿で、暗いし狭いし汚いのですぐに別の宿に移ろうと思っているのですが、そのうちになじんでしまい、ここを拠点に香港を遊び歩きます。
やがて香港の裏の顔ともいうべきディープな場所に魅せられて、そこでの毎日を味わうようになります。
やがてマカオにもいき、そこでカジノに入り浸ります。
最初は賭博をして身を亡ぼすのはばかばかしいと思っていたのですが、やがて身を亡ぼすほどの気概で賭博と向き合うことも旅行の醍醐味だと考えを変えてのめり込みます。
ここで失敗したら旅は終了してしまうのですが、そこをどう切り抜けたのか、など臨場感たっぷりに書かれており、本当に旅を一緒に経験したような気分にさせてくれます。
1冊は250ページ程度にまとめられており、文体も読みやすいので、すぐに読み終わってしまいます。
確かにこれは名作だなと思いました。

関連記事

野生のロボット:ピーター・ブラウン

野生のロボットは、子供向けの本です。 うちの子に読ませたら読むのではないか?と考えて手に取りました。 うちの子は、なかなか本を積極的に読まず、漫画やゾロリなど読みやすいものばかりを読んでしまいます。も…続きを読む

殺人鬼フジコの衝動:真梨幸子

サスペンス物を読むのが楽しくなってたどり着いてしまった一冊、それが「殺人鬼フジコの衝動」でした。 この本、だいぶ胸糞悪くなる描写が多いです。 とにかくフジコの生い立ちが酷いし、学校でのいじめも酷いです…続きを読む

連続殺人鬼カエル男:中山七里

数年前に動画配信サイトの無料枠で「連続殺人鬼カエル男」というドラマが配信されていました。 そのときに興味がわいたものの、結局見ないでそのままにしてしまいました。 それからしばらくして、その原作が小説と…続きを読む

死刑にいたる病:櫛木理宇

前に、「死刑にいたる病」という映画が公開されるというCM(現在は既に公開は終わっています)を見たので、原作本を読んでみました。 死刑判決を受けた連続殺人犯が、一件だけ自分の罪ではない、ということで、そ…続きを読む

ひとり旅日和:秋川滝美

主人公の日和(ひより)は、24歳のOLです。性格は内気で人と会話するのが苦手、要領もよくありません。だから会社でも上司に怒られてばかり。 そんなある日、自分を採用してくれた社長から旅を薦められます。 …続きを読む

ゴーストブック おばけずかん(映画)

映画館で本編を見る前にやっている予告編を見ているときに、このゴーストブックが流れ、実写であることで面白そうだなと思い、子供に薦めて見に行ってみました。 出演に新垣結衣が出ているところも売りなのでしょう…続きを読む

さかなのこ(映画)

さかなクンの自伝「さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生! 」を元に映画化したものが「さかなのこ」です。 最初、映画館の広告でこれをみたときに、おもしろそうだなと思いました。 短期間に再び映画館に行…続きを読む

むらさきのスカートの女:今村夏子

「何も起こらないのに面白いとTikTokで話題沸騰!」という帯に惹かれ、あらすじをチェックすると、主人公がいつも近所でみかける「むらさきのスカートの女」と友達になりたいが故に、自分の職場に就職するよう…続きを読む

すべてがFになる:森博嗣

「すべてがFになる」は、過去に両親殺害を疑われる天才科学者の殺害がどうして起こったのか、を解決していく話です。 テンポよく話が進むため非常に読みやすいと感じました。 違和感があったのは、登場人物のほと…続きを読む

まっしょうめん!:あさだりん

わたしの息子が剣道をやってみたいということで道場に通い始めました。 といってもいつまで続くかわからないので、まずは竹刀だけ買って習わせています。 竹刀は消耗品のため、特に小学生用などは2000円程度で…続きを読む