HOME生活感想連続殺人鬼カエル男:中山七里

連続殺人鬼カエル男:中山七里

数年前に動画配信サイトの無料枠で「連続殺人鬼カエル男」というドラマが配信されていました。
そのときに興味がわいたものの、結局見ないでそのままにしてしまいました。
それからしばらくして、その原作が小説として存在することを知り、今度は本を手に取ってみました。

ある閑散としたマンションに、女性の死体がつるされており、そばにカエルの実験をして遊んでいるかのような文章が貼られている事件が発生、その後も同様にカエルをもてあそぶような文章とともに死体がみつかったことから、新聞が「カエル男」と命名し世間を恐怖に陥れる…という内容です。

事件の焦点となるのが刑法39条、「心神喪失者の行為は、罰しない」という条文です。
犯行はまさにその心神喪失者ではないかということで、警察、医者、過去に犯罪を犯した心神喪失者、一般人を巻き込んでストーリーが展開していきます。

途中、虐待を受ける子供のころの犯人の様子が、胸糞悪くなる描写とともに著されます。
虐待を受け続けたせいで人格が破綻してしまい、だから殺人を犯しても平気でいられるようになったのか、というストーリーであれば、では誰が悪かったのか、犯人は悪くないのか?という問いかけで終わるのかと思うところですが、そんなお決まりのパターンの話ではありませんでした。

絶望的なバイオレンスがあり、どんでん返しが何度もあり、そして著者が「最後の一行で驚かせる」と考えて書かれた最終行は、その前のページで言った刑事の一言が伏線になっています。

バイオレンス描写は読んでいるこちらが気持ち悪くなるような生々しいものですが、眠たいときに読んだら眠気が吹っ飛びます。
早い段階で犯人が判明するので、「おや、このあとどういう展開になっていくんだろう?」と思いながら読み進めると満足のいく読後感を味わえます。

この本、「連続殺人鬼カエル男ふたたび」という続編があるそうです。
前作ほどではないにせよ面白いという評判なので、機会があったら読んでみようと思います。

関連記事

おまえさん(上・下):宮部みゆき

宮部みゆきの本は好きで、いろんなシリーズを読んできました。 そこで感じたのは、宮部みゆきの話には、物語パートのほかに、調べた物事を説明するパートがあるように思います。 金融の話であれば、詳しくどうなっ…続きを読む

死刑にいたる病:櫛木理宇

前に、「死刑にいたる病」という映画が公開されるというCM(現在は既に公開は終わっています)を見たので、原作本を読んでみました。 死刑判決を受けた連続殺人犯が、一件だけ自分の罪ではない、ということで、そ…続きを読む

深い河:遠藤周作

しばらくミステリー物ばかり読んでいたので、別のジャンルを読もうということになり、たまたまネットで紹介されていた旅物を読むことにしました。 そのうちの一冊として紹介されていたのが、「深い河」でした。 遠…続きを読む

砂の女:安部公房

昆虫好きの主人公が、昆虫採集のために砂丘にいったところ、砂丘にあいている砂の穴の底に連れていかれ、そこから脱出できなくなってしまう、という不思議な話です。 砂に囲われた盆地、というよりはほぼ穴という感…続きを読む

青の炎:貴志祐介

「青の炎」はミステリー小説ですが、その中でも「倒叙ミステリー」と呼ばれるジャンルのミステリー小説です。 主人公は高校生の櫛森秀一。 彼は高校生活を楽しむ普通の学生でしたが、あるとき急に家に離婚した元父…続きを読む

仮面ライダーBLACK SUN(AMAZON PRIME VIDEOドラマ)

西島秀俊・中村倫也主演のAmazon Prime Video限定ドラマ「仮面ライダーBLACK SUN」が、2022年11月1日から放映されたので見てみました。 元は仮面ライダーBLACKという、平成…続きを読む

殺人鬼フジコの衝動:真梨幸子

サスペンス物を読むのが楽しくなってたどり着いてしまった一冊、それが「殺人鬼フジコの衝動」でした。 この本、だいぶ胸糞悪くなる描写が多いです。 とにかくフジコの生い立ちが酷いし、学校でのいじめも酷いです…続きを読む

野生のロボット:ピーター・ブラウン

野生のロボットは、子供向けの本です。 うちの子に読ませたら読むのではないか?と考えて手に取りました。 うちの子は、なかなか本を積極的に読まず、漫画やゾロリなど読みやすいものばかりを読んでしまいます。も…続きを読む

ワンダー:R・J・パラシオ

初夏に本屋に行くと、若年層のコーナーには、夏休みの読書感想文用に推薦図書が並びます。 ワンダーはその中に、5・6年生用ということで置かれていました。 全く内容は知らなかったのですが、表紙が気になって少…続きを読む

深夜特急:沢木耕太郎

深夜特急は、1986年に発行された旅行エッセイです。 著者の沢木耕太郎は、26歳のときに急に思い立って、アジアを超えてロンドンに向かうという壮大な旅を無計画に行います。 文庫本全6巻にまとめられていま…続きを読む