HOME生活感想さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!:さかなクン

さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!:さかなクン

映画「さかなのこ」を見たので、今度は原作を読んでみました。
さかなクンの半生を綴った自伝です。
こちらがほぼ実話だとするならば、映画はかなりフィクションが入っていました。映画の場合には、明らかにフィクションとわかる部分もありますが、それ以外のところでもフィクションが多く含まれていることがわかります。中には、この部分必要だったのか?と思うところもあります。

タコを捕まえたときに叩き潰したのは友達のお爺さんだし、映画で出てきたモモという女の子の存在はありません。ヤンキーとのくだりもちょっと出てきただけです。

この一魚一会では、さかなクンがどうやって今に至ったのかがわかるようになっていますが、今、これだけ成功しているのに、それを自慢するような記述は一切でてきません。
むしろ、いろいろと失敗をしながら、どうにかこうにかやってきた、そこに偶然がいろいろと重なって知名度が上がって人とのつながりができていった、ということがわかります。
カブトガニの繁殖にしても、最初は失敗して死んでしまいます。次にカブトガニを飼育するときに、偶然うまくいき卵を孵化させることができますが、結局それは大きくならなかったということも書かれています。

そういう内容なので、さかなクンの人柄がよく出ている本だと思います。

そして、好きというだけで全く努力していないかというとそうでもなく、TVチャンピオンで優勝するために、家族や地元の魚屋さんの協力を得て、目隠しで珍しい魚を食べるという特訓をしていたこともわかります。
そして、今ではイラストレーター兼海洋学者という地位を得、副題通り、毎日夢中に魚とかかわりあっているということが伝わってきます。
驚いたのが、子供が夢中になっているのであれば、否定するのではなく興味を持って接してあげてと呼びかける最後の部分です。
わたしは、魚とかそういうモノであれば興味を示したらサポートすることは親としていいだろうけど、いくら何でもTVゲームはないだろう、と思っていたのですが、さらりと「ゲーム」でも同じだということが書かれていました。
さかなクンにしてみれば、興味を持つこと自体が素晴らしいことなので、その芽を摘まずに、親子が同じことに興味を持つことが子供にとってはうれしいことなんだと言いたいのだと思います。
子供目線で書かれた、親に対する指南本なのかもしれません。

分量は割とあるのですが、字も大きいし、子供が読めるようにフリガナも振ってあり、大人ならば1日で読めてしまいます。

関連記事

まっしょうめん!:あさだりん

わたしの息子が剣道をやってみたいということで道場に通い始めました。 といってもいつまで続くかわからないので、まずは竹刀だけ買って習わせています。 竹刀は消耗品のため、特に小学生用などは2000円程度で…続きを読む

パレートの誤算:柚月裕子

「パレートの誤算」は、NHKのドラマ化もされたということなのできっと面白いのだろうと思い読んでみました。 パレートとは、「パレートの法則」を考えたイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートの名前です。 …続きを読む

青の炎:貴志祐介

「青の炎」はミステリー小説ですが、その中でも「倒叙ミステリー」と呼ばれるジャンルのミステリー小説です。 主人公は高校生の櫛森秀一。 彼は高校生活を楽しむ普通の学生でしたが、あるとき急に家に離婚した元父…続きを読む

震える岩 霊験お初捕物控:宮部みゆき

わたしは、いわゆる時代物と呼ばれる、江戸時代など過去の時代背景を題材にした本を割と読みます。 以前は藤沢周平ばかりを読んでおり、その世界観や必殺技などに魅せられていました。では次に誰の時代物を読もう?…続きを読む

砂の女:安部公房

昆虫好きの主人公が、昆虫採集のために砂丘にいったところ、砂丘にあいている砂の穴の底に連れていかれ、そこから脱出できなくなってしまう、という不思議な話です。 砂に囲われた盆地、というよりはほぼ穴という感…続きを読む

野生のロボット:ピーター・ブラウン

野生のロボットは、子供向けの本です。 うちの子に読ませたら読むのではないか?と考えて手に取りました。 うちの子は、なかなか本を積極的に読まず、漫画やゾロリなど読みやすいものばかりを読んでしまいます。も…続きを読む

さかなのこ(映画)

さかなクンの自伝「さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生! 」を元に映画化したものが「さかなのこ」です。 最初、映画館の広告でこれをみたときに、おもしろそうだなと思いました。 短期間に再び映画館に行…続きを読む

殺人鬼フジコの衝動:真梨幸子

サスペンス物を読むのが楽しくなってたどり着いてしまった一冊、それが「殺人鬼フジコの衝動」でした。 この本、だいぶ胸糞悪くなる描写が多いです。 とにかくフジコの生い立ちが酷いし、学校でのいじめも酷いです…続きを読む

ブレイブ・ストーリー上中下:宮部みゆき

小学生低学年から中学年にかけての子どもに、本を読んでほしいと願う家庭で起こる問題の一つが、「かいけつゾロリから抜け出せない問題」だそうです。 いかにゾロリが偉大であるかの裏付けでもあるこの問題、本を自…続きを読む

母性:湊かなえ

「母性」というタイトルの映画が上映されるということを以前に知り、それ以来、原作の母性を読んでみようと思っていました。 話は、自分の母親のことが大好きで、いつまでも子供として母親にかわいがられていたいと…続きを読む