HOME生活感想深い河:遠藤周作

深い河:遠藤周作

しばらくミステリー物ばかり読んでいたので、別のジャンルを読もうということになり、たまたまネットで紹介されていた旅物を読むことにしました。

そのうちの一冊として紹介されていたのが、「深い河」でした。
遠藤周作の本自体、読んだことがなかったので、初めての遠藤周作ということになりましたが、この本を書いたのは著者が病床に臥せっているときだったそうです。刊行した1993年の3年後に亡くなったのでかなり後期の作品ということになります。

旅物というと、ぶらりと出かけた旅行先で発見があったり、自分を見つめなおしたりして、また日常に戻っていく…というような現代的な前向きなイメージを持っていたのですが、この小説は異なりました。

登場人物は複数人いて、ある者は配偶者を病気で亡くし、ある者は戦争を経験している、というように、それぞれが過去に何等かの心にしこりの残る経験をしており、そのしこりの正体を知りたいのか、取り去りたいのか、自分を納得させるためにインドへの観光ツアーに参加してかの地の「聖なる河」であるガンジス川に至る…というストーリーです。

唯物神であるキリスト教という宗教の考え方における著者の思いが垣間見られるように思います。
また、ガンジス川が神聖であるという考え方と、衛生観念的な不浄という考え方の対比が、日常として受け入れている人と、観光名所として接する旅行者の目線で明らかに異なるということが、小説ではありますが、実際にそうなんだろうと理解させてくれます。

終わり方が私にしてみればかなり唐突に見えたので、まさか絶筆なのかと思いましたが、違うようです。
著者の宗教観には共感できるものがあると思いました。

関連記事

青の炎:貴志祐介

「青の炎」はミステリー小説ですが、その中でも「倒叙ミステリー」と呼ばれるジャンルのミステリー小説です。 主人公は高校生の櫛森秀一。 彼は高校生活を楽しむ普通の学生でしたが、あるとき急に家に離婚した元父…続きを読む

死刑にいたる病:櫛木理宇

前に、「死刑にいたる病」という映画が公開されるというCM(現在は既に公開は終わっています)を見たので、原作本を読んでみました。 死刑判決を受けた連続殺人犯が、一件だけ自分の罪ではない、ということで、そ…続きを読む

野生のロボット:ピーター・ブラウン

野生のロボットは、子供向けの本です。 うちの子に読ませたら読むのではないか?と考えて手に取りました。 うちの子は、なかなか本を積極的に読まず、漫画やゾロリなど読みやすいものばかりを読んでしまいます。も…続きを読む

さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!:さかなクン

映画「さかなのこ」を見たので、今度は原作を読んでみました。 さかなクンの半生を綴った自伝です。 こちらがほぼ実話だとするならば、映画はかなりフィクションが入っていました。映画の場合には、明らかにフィク…続きを読む

深夜特急:沢木耕太郎

深夜特急は、1986年に発行された旅行エッセイです。 著者の沢木耕太郎は、26歳のときに急に思い立って、アジアを超えてロンドンに向かうという壮大な旅を無計画に行います。 文庫本全6巻にまとめられていま…続きを読む

DC がんばれ!スーパーペット(映画)

「DC がんばれ!スーパーペット」は、ワーナーブラザーズのCGアニメ映画です。 この映画も、他の映画を見ているときに流れた広告を見て、子供が「今度はこれを見たい」といったのがきっかけで、ある暇な休日の…続きを読む

震える岩 霊験お初捕物控:宮部みゆき

わたしは、いわゆる時代物と呼ばれる、江戸時代など過去の時代背景を題材にした本を割と読みます。 以前は藤沢周平ばかりを読んでおり、その世界観や必殺技などに魅せられていました。では次に誰の時代物を読もう?…続きを読む

連続殺人鬼カエル男:中山七里

数年前に動画配信サイトの無料枠で「連続殺人鬼カエル男」というドラマが配信されていました。 そのときに興味がわいたものの、結局見ないでそのままにしてしまいました。 それからしばらくして、その原作が小説と…続きを読む

ワンダー:R・J・パラシオ

初夏に本屋に行くと、若年層のコーナーには、夏休みの読書感想文用に推薦図書が並びます。 ワンダーはその中に、5・6年生用ということで置かれていました。 全く内容は知らなかったのですが、表紙が気になって少…続きを読む

64(ロクヨン):横山秀夫

「64(ロクヨン)」は、三上という県警広報官が刑事部や新聞記者たちとの板挟みにあいながら、昭和64年に起こった誘拐殺人事件に絡めた警察内で起こっている動きを追っていく、という物語で、実話がモチーフにな…続きを読む