HOME生活感想母性:湊かなえ

母性:湊かなえ

「母性」というタイトルの映画が上映されるということを以前に知り、それ以来、原作の母性を読んでみようと思っていました。

話は、自分の母親のことが大好きで、いつまでも子供として母親にかわいがられていたいと思っている母と、その母に愛情を注いでもらいたいのにもらえず、どうすればよいか葛藤している娘という2人の回想を中心に進んでいきます。

ところが、それは母ないしは娘の目から見て感じたことを主体的に語っているため、勘違いや思い込みがちりばめられています。
母の回想と娘の回想がそれぞれ少しずつ食い違っていることから読者は気づかされていく、というつくりになっています。
このようなタイプの話は、感情移入して読もうとしてしまう私のような人にとっては、だまされやすく、途中までは実際に起こった真実として語っているものと考えていました。しかし、途中からこれはどちらか(または二人とも)が自分の都合の良いように解釈しているのだな、ということがわかってきます。
母親はこう思っていたけれど、娘はこう思っていた。
この時母親はこういう理由で行動したけれど、娘は別の理由で行動していた。
など、主に、母親は娘のことを忌み嫌っており、娘はけなげにも母親に気に入られたいと思っているのですが、すれ違ってばかりでうまくいきません。そして娘は追い詰められていきます。

途中までは思い込みの強い母親の一方的な言い分を聞かされているだけのような気がして、面白く感じませんでしたが、後半にかけて、一方の主張の後にもう一方の主張で訂正していく感じで読んでいくと面白くなり、一気に読み進めてしまいました。

関連記事

おまえさん(上・下):宮部みゆき

宮部みゆきの本は好きで、いろんなシリーズを読んできました。 そこで感じたのは、宮部みゆきの話には、物語パートのほかに、調べた物事を説明するパートがあるように思います。 金融の話であれば、詳しくどうなっ…続きを読む

連続殺人鬼カエル男:中山七里

数年前に動画配信サイトの無料枠で「連続殺人鬼カエル男」というドラマが配信されていました。 そのときに興味がわいたものの、結局見ないでそのままにしてしまいました。 それからしばらくして、その原作が小説と…続きを読む

DC がんばれ!スーパーペット(映画)

「DC がんばれ!スーパーペット」は、ワーナーブラザーズのCGアニメ映画です。 この映画も、他の映画を見ているときに流れた広告を見て、子供が「今度はこれを見たい」といったのがきっかけで、ある暇な休日の…続きを読む

すべてがFになる:森博嗣

「すべてがFになる」は、過去に両親殺害を疑われる天才科学者の殺害がどうして起こったのか、を解決していく話です。 テンポよく話が進むため非常に読みやすいと感じました。 違和感があったのは、登場人物のほと…続きを読む

殺人鬼フジコの衝動:真梨幸子

サスペンス物を読むのが楽しくなってたどり着いてしまった一冊、それが「殺人鬼フジコの衝動」でした。 この本、だいぶ胸糞悪くなる描写が多いです。 とにかくフジコの生い立ちが酷いし、学校でのいじめも酷いです…続きを読む

砂の女:安部公房

昆虫好きの主人公が、昆虫採集のために砂丘にいったところ、砂丘にあいている砂の穴の底に連れていかれ、そこから脱出できなくなってしまう、という不思議な話です。 砂に囲われた盆地、というよりはほぼ穴という感…続きを読む

むらさきのスカートの女:今村夏子

「何も起こらないのに面白いとTikTokで話題沸騰!」という帯に惹かれ、あらすじをチェックすると、主人公がいつも近所でみかける「むらさきのスカートの女」と友達になりたいが故に、自分の職場に就職するよう…続きを読む

さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!:さかなクン

映画「さかなのこ」を見たので、今度は原作を読んでみました。 さかなクンの半生を綴った自伝です。 こちらがほぼ実話だとするならば、映画はかなりフィクションが入っていました。映画の場合には、明らかにフィク…続きを読む

深夜特急:沢木耕太郎

深夜特急は、1986年に発行された旅行エッセイです。 著者の沢木耕太郎は、26歳のときに急に思い立って、アジアを超えてロンドンに向かうという壮大な旅を無計画に行います。 文庫本全6巻にまとめられていま…続きを読む

ひとり旅日和:秋川滝美

主人公の日和(ひより)は、24歳のOLです。性格は内気で人と会話するのが苦手、要領もよくありません。だから会社でも上司に怒られてばかり。 そんなある日、自分を採用してくれた社長から旅を薦められます。 …続きを読む