HOME生活感想ワンダー:R・J・パラシオ

ワンダー:R・J・パラシオ

初夏に本屋に行くと、若年層のコーナーには、夏休みの読書感想文用に推薦図書が並びます。
ワンダーはその中に、5・6年生用ということで置かれていました。
全く内容は知らなかったのですが、表紙が気になって少し読んでさらに気になったので購入しました。

この話は実話かと思ってしまいますが、創作です。
主人公はオーガスト・プルマンという小学5年生。
でも学校に行くのは5年生になってからが初めて。
生まれつき顔に問題を抱えており何度も手術を繰り返し、顔の造形が崩れてしまっている少年オギーを中心に、彼を取り巻く子供たちの視点でストーリーが進んでいきます。

オーガスト・プルマンは自分の顔に非常にコンプレックスを持っていて、人がチラっと自分の顔を見たときに、どういう気持ちで見ているのか悟ってしまいます。
そんなオギーが学校に入って、うまくやっていけるのでしょうか…?というストーリー。

周りにこんな子がいたらどうするか?という問いかけになる一冊でしょう。
残念ながら、はじめはどうしても好奇心や恐怖心の目を向けてしまうと思います。
10代のような多感な時期ではその反応は当然のものかもしれません。無理やりダメと押さえつけるのではなく、そこからどうするのかという行動が問われるのだと思います。
オギーは、中身は普通の少年、それどころか家族もみんなナイスガイばかり。
そんなオギーが学校に入ったことによって起こる、友達の裏切り、姉の葛藤、いじめっことの対決など、あるかもしれないという話が展開され、そして最後はサマーキャンプで事件発生!
どうなってしまうのでしょうか?

この話は映画化もされており、オギーが学校から帰ってくるときに友達になったジャックウィルと話しながら校門から出てくる姿を見た、母親役のジュリア・ロバーツの、驚きとともにうれしさが湧き上がってくる、「えっ!何!?友達…?まじで!?」みたいな感じの演技が素敵で、見ているこちらもうれしくなってしまう場面でした。
ワンダーにも続編があり、主役がオギーではないようですが、気になったので読むつもりです。

関連記事

さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!:さかなクン

映画「さかなのこ」を見たので、今度は原作を読んでみました。 さかなクンの半生を綴った自伝です。 こちらがほぼ実話だとするならば、映画はかなりフィクションが入っていました。映画の場合には、明らかにフィク…続きを読む

まっしょうめん!:あさだりん

わたしの息子が剣道をやってみたいということで道場に通い始めました。 といってもいつまで続くかわからないので、まずは竹刀だけ買って習わせています。 竹刀は消耗品のため、特に小学生用などは2000円程度で…続きを読む

ひとり旅日和:秋川滝美

主人公の日和(ひより)は、24歳のOLです。性格は内気で人と会話するのが苦手、要領もよくありません。だから会社でも上司に怒られてばかり。 そんなある日、自分を採用してくれた社長から旅を薦められます。 …続きを読む

おまえさん(上・下):宮部みゆき

宮部みゆきの本は好きで、いろんなシリーズを読んできました。 そこで感じたのは、宮部みゆきの話には、物語パートのほかに、調べた物事を説明するパートがあるように思います。 金融の話であれば、詳しくどうなっ…続きを読む

震える岩 霊験お初捕物控:宮部みゆき

わたしは、いわゆる時代物と呼ばれる、江戸時代など過去の時代背景を題材にした本を割と読みます。 以前は藤沢周平ばかりを読んでおり、その世界観や必殺技などに魅せられていました。では次に誰の時代物を読もう?…続きを読む

さかなのこ(映画)

さかなクンの自伝「さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生! 」を元に映画化したものが「さかなのこ」です。 最初、映画館の広告でこれをみたときに、おもしろそうだなと思いました。 短期間に再び映画館に行…続きを読む

DC がんばれ!スーパーペット(映画)

「DC がんばれ!スーパーペット」は、ワーナーブラザーズのCGアニメ映画です。 この映画も、他の映画を見ているときに流れた広告を見て、子供が「今度はこれを見たい」といったのがきっかけで、ある暇な休日の…続きを読む

死刑にいたる病:櫛木理宇

前に、「死刑にいたる病」という映画が公開されるというCM(現在は既に公開は終わっています)を見たので、原作本を読んでみました。 死刑判決を受けた連続殺人犯が、一件だけ自分の罪ではない、ということで、そ…続きを読む

64(ロクヨン):横山秀夫

「64(ロクヨン)」は、三上という県警広報官が刑事部や新聞記者たちとの板挟みにあいながら、昭和64年に起こった誘拐殺人事件に絡めた警察内で起こっている動きを追っていく、という物語で、実話がモチーフにな…続きを読む

野生のロボット:ピーター・ブラウン

野生のロボットは、子供向けの本です。 うちの子に読ませたら読むのではないか?と考えて手に取りました。 うちの子は、なかなか本を積極的に読まず、漫画やゾロリなど読みやすいものばかりを読んでしまいます。も…続きを読む