HOME技術WordPressWordPressにプラグインを追加する

WordPressにプラグインを追加する

プラグイン配布サイトなどから、プラグインをダウンロードします。
今回は、TinyMCE Advancedという記事投稿画面のツールバーを拡張するプラグインで説明します。

まず、WORDPRESS.ORGから、TinyMCE Advancedのページにアクセスします。
2016年3月時点では、「バージョン4.2.8をダウンロード」というボタンになっています。このボタンをクリックして、zipファイルをダウンロードします。

56-01

ダウンロードしたら、解凍します。

56-02

解凍してできたフォルダ「tinymce-advanced」を、
[WordPressのインストールフォルダ]/wp-content/plugins/
以下に保存します。

56-03

56-04

WordPressの管理画面を開き、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」をクリックすると、インストールしたプラグインの一覧が表示されます。
プラグインはインストールしただけでは適用されません。使いたいプラグインの「有効化」をクリックします。

56-05

56-06

これでプラグインが適用されました。
プラグインをやめたいときは「停止」をクリックします。プラグインを有効化したら表示がおかしくなった、というような場合は停止しましょう。

関連記事

WordPressで親カテゴリを含めた記事のタイトルを表示する

WordPressで、「親カテゴリ」→「子カテゴリ」→「孫カテゴリ」…→「記事タイトル」を表示するコードです。 <?php $cats=get_the_category(); $ca…続きを読む

WordPressでウィジェットを自作のテーマで表示する

WordPressで自作のテーマを作った場合、外部のウィジェットを反映させることができなくなります。外部のウィジェットを反映させることができるようにするには、functions.phpに以下の一文を追…続きを読む

WordPressのスラッグとは

WordPressにおけるスラッグとは、カテゴリや投稿記事に数字ではなく、指定した文字列を使うことができるようにするものです。 スラッグには全角を使うこともできますが、全角にした場合には、実際のURL…続きを読む

WordPressを更新する

WordPressのダッシュボード画面で、WordPressの更新通知が表示されることがあります。今回はWordPressの更新方法の紹介です。 1.更新前にバックアップをとる WordPressを更…続きを読む

WordPressの投稿タイプとは

WordPressでは、記事を投稿する際に、「投稿」タイプ、「固定」タイプ、「カスタム」タイプの3つのうちから選択します。 このタイプのことを「投稿タイプ」と呼んでいます。 投稿タイプは乱暴に言うと、…続きを読む

WordPressをローカル環境にインストールする

「外部に公開するつもりはないけれど、WordPressで自分用にコンピュータ内にブログをつくりたい」「WordPressで外部に公開する前にローカルで試したい」というような欲求のために、WordPre…続きを読む

WordPressのTinyMCEを利用している際にstyleタグなどが消されてしまう

WordPressでより便利に記事を書くためのエディタとして、TinyMCEプラグインがあります。このプラグインは、ビジュアルとテキストで表示を入れ替えて確認したり、コードを直接書き込んだりすることが…続きを読む

WordPressで突然漢字変換ができなくなる

WordPress 4.4.2を使っていて、記事を書いているときに、急にひらがなしか入力できなくなり、漢字変換してくれなくなりました。 wp-multibyte-patchが影響している可能性があり、…続きを読む

WordPressのテーマを自作する(WordPressに認識させる)

WordPressには予め提供されているテーマがあります。このテーマを利用して子テーマをつくることで簡単にテーマをつくることができますが、今回は1から自分でつくる方法について記します。 自作テーマの保…続きを読む

WordPressをプラグインを使わずバックアップする

WordPressの投稿した記事やアップロードしたファイル、テーマファイルなどをバックアップする方法です。今回はバックアップ用のプラグインを使わず手動で行います。 バックアップする 記事のバックアップ…続きを読む