HOME技術ウェブAndroidとiPhoneでスマホ用のウェブサイトの文字サイズが異なる

AndroidとiPhoneでスマホ用のウェブサイトの文字サイズが異なる

ウェブサイトをスマホ対応しようとCSSをつくり、いざ確認してみるとAndroidとiPhoneで文字サイズがかなり違う、ということが起こりました。
iPhoneの方がAndroidよりも小さく、iPhoneでみやすいように文字サイズを大きくするとAndroidで大きくなりすぎてしまいます。

フォントを変える

これは、AndroidとiPhoneでデフォルトで表示するフォントが異なることが原因でした。
CSSでfont-familyを指定することで解決できます。

body{
font-family:”ヒラギノ角ゴ Pro W3″, “Hiragino Kaku Gothic Pro”, “メイリオ”, Meiryo, Osaka, “MS Pゴシック”, “MS PGothic”, sans-serif;
}

なお、スマホで見やすいフォントサイズは16~32pxと言われています。

関連記事

iPadにiTunes経由でアプリをインストールする

iPadにWindowsのiTunesを介してアプリをインストールする手順です。 まずiPadをコンピュータとつなぎます。 次にipaファイルを入手してください。自前で開発している場合には、ローカルに…続きを読む

iPhoneのSafariでキャッシュをクリアする

iPhoneでウェブサイトのCSSを修正して確認しても、反映されないことがあります。 これはブラウザのキャッシュが削除されていないことが原因です。 今回はiPhoneのSafariでキャッシュを削除す…続きを読む

CSSで画像の縦横比を保ったまま大きさを変えて表示する

縦横比を保ったまま画像のサイズを変えて表示する方法です。 例えば、ウェブサイトをPCで閲覧するためのサイズとスマホで閲覧するサイズの2種類をCSSで切り替えてつくる場合、画像のサイズもPCとスマホによ…続きを読む

JavaScriptでmailtoを偽装してメールアドレスを表示する

ウェブサイトにメールアドレスを記載するときに、「xxx@aaa.com」のように直接表記すると、メールアドレスを収集され、スパムメールを送り付けられてしまう可能性が増えてきてしまうため、JavaScr…続きを読む

GoogleMapのURLを短縮URLで取得する

GoogleMapにリンクを貼るときに、URLが長くなってしまうのを防ぐ、短縮URLの取得の方法です。 まず、GoogleMapを開きます。 左上の検索窓に住所を入力して、その住所を検索します(ここで…続きを読む

CSSで二段組のリストをつくる

ulタグを使ったリストをCSSで二段組にして表示する方法です。 HTMLのコード <h2>リスト表示</h2> <ul class=”menu”&…続きを読む

iPadで信頼されていないエンタープライズデベロッパのアプリを使えるようにする

iPadにiTunes経由などでipaファイルをインストールした際に、「信頼されていないエンタープライズデベロッパ」と表示されアプリを起動できない場合の対処方法です。 iPadに信頼させる iOS13…続きを読む

CSS3で複数条件のセレクターを指定する

CSS3を使ってテーブルの両端の列の右側はボーダーを表示せず、それ以外のセルの右側にはボーダーを表示したい、という場合には、複数の条件を適用したセレクターを設定する方法です。 「~かつ、~」というセレ…続きを読む

ウェブフォントを埋め込み任意のフォントを表示させる

ウェブサイトの表示をさせる際に、自分で指定したフォントで相手にも表示させる方法です。 通常、ウェブサイトのフォントは、閲覧する人のコンピュータに同じフォントがなければ、CSSでfont-familyを…続きを読む

iPadで画面をキャプチャする

iPadで画面をキャプチャする方法です。 画面キャプチャ iPadで画面をキャプチャするには、「ホームボタン」を押しながら「電源ボタン」を押します。 その後、どちらかのボタンを離すとキャプチャされます…続きを読む