HOME技術RPGツクールRPGツクールMV:デプロイしたファイルをCordovaプロジェクトに移してAndroid端末で動作確認するバッチファイルをつくる

RPGツクールMV:デプロイしたファイルをCordovaプロジェクトに移してAndroid端末で動作確認するバッチファイルをつくる

RPGツクールMVでつくったゲームをデプロイすると、wwwフォルダが生成されます。
このwwwフォルダをCordovaプロジェクトのwwwフォルダにコピーすると、Android端末で動作させることができます。

RPGツクールMVでつくったゲームをAndroidスマホで動作させるために必要な手順として、「RPGツクールMVでデプロイ」→「Cordovaプロジェクトにコピー」→「Androidスマホに転送」という処理を手動で毎回行うのが面倒だったため、バッチファイルにしてみました。

batファイルをつくる

テキストファイルを開き、以下を入力して、「.bat」で保存します。

@echo off
set deploy_dir=c:\users\xxx\desktop\depl\project\www
set copy_dir=c:\cordova\test\www
set cordova_project=c:\cordova\test
set /p answer=”デプロイしたファイルをCordovaプロジェクトに移しますか?(y/n)”
if /i {%answer%}=={y} (goto :firstbat) else (goto :secondbat)
:firstbat
rd /s /q %copy_dir%
mkdir %copy_dir%
xcopy %deploy_dir% %copy_dir% /i /s
:secondbat
set /p answer=”Android端末で動作確認しますか?(y/n)”
if /i {%answer%}=={y} (goto :yes)
exit
:yes
cd %cordova_project%
cordova run android
exit

1行目「@echo off」は、コマンドをコマンドプロンプト画面に表示しないようにする、という意味です。
2~4行目の「set」は変数に値を入れる、という意味です。
この場合は、deploy_dirにRPGツクールMVでデプロイしたファイルのwwwフォルダまでのパスを指定します。
copy_dirにCordovaプロジェクトのwwwフォルダまでのパスを指定します。
cordova_projectにCordovaプロジェクトのフォルダまでのパスを指定します。
変数に代入した値を使う場合には%変数名%と書いて使います。

5行目「set /p answer=”***”」は、「/p」が入力を受け付ける、という意味で、続くanswerに入力した値が格納されます。
6行目「if /i {%answer%}=={y} (goto :firstbat) else (goto :secondbat)」は、入力した内容がyならば、:firstbatと書いた行にジャンプ、そうでないならば:secondbatと書いた行にジャンプするという内容です。
8行目「rd /s /q %copy_dir%」は、cドライブ以下のcordova\test\以下のwwwフォルダを削除するという意味です。
9行目「mkdir %copy_dir%」は空のwwwフォルダを同じ場所につくります。
10行目「xcopy %deploy_dir% %copy_dir% /i /s」は、「c:\user\xxx\desktop\depl\project\www」フォルダ内のファイルとフォルダを、「c:\cordova\test\www」フォルダにコピーします。
/iは、コピー先にディレクトリ(フォルダ)がない場合には新規作成する、というオプションです。
/sは、ファイルが存在する場合にディレクトリごとコピーする、というオプションです。
12~13行目は、2~3行目と同様に、入力された値がyならば「:yes」の行にジャンプします。そうでない場合はexit(終了)します。
16行目「cd %cordova_project%」は、カレントディレクトリをc:\cordova\testに変更しています。
17行目「cordova run android」は、Android端末にCordovaプロジェクトを転送します。

使う場合には最初の3つの変数の値を修正してください。

関連記事

RPGツクールMV:(1) プロジェクトを生成する

RPGツクールを使ってRPGをつくります。 簡単な手順を書いていきます。今回は一番最初にすること、プロジェクトの生成です。 プロジェクトの生成 RPGツクールMVを起動して、「ファイル」→「プロジェク…続きを読む

RPGツクールMV:(11) 町をつくる―道具屋編

前回つくった町に、今回は道具屋を追加します。 道具を設定する 道具屋で売る道具をつくります。 今回は体力を回復する「やくそう」と毒を消す「どくけしそう」を設定します。 「ツール」→「データベース」でデ…続きを読む

RPGツクールMV:(8) 条件を満たすとテントの中に敵が出現する

RPGツクールで、条件を満たすと、特定の場所に特定の敵を出現させる方法です。 アイテムを手に入れたらボスを出現させる、などの条件によって今まで何もなかったところに敵を出現させます。 ここでは、ほこらの…続きを読む

RPGツクールMV:(6) 条件を満たしたらマップに祠が出現する

RPGツクールMVを使ってゲームをつくります。 今回は条件を満たしたらマップに祠(ほこら)を出現させる方法です。 祠を出現させる条件は、「テントに入って花に触る」ということにします。 条件を満たしたら…続きを読む

サイトマップ生成ツール

ウェブサイトをつくりウェブサーバーにアップデートした後にやるべきことは、サイトマップを更新して、検索エンジンに送信することです。 サイトマップを送信することにより、検索エンジンにウェブサイトのページ構…続きを読む

RPGツクールMV:(4) テストプレイ

前回までで世界マップ(フィールドマップ)をつくったので、ここで一度実際のゲーム画面を表示して動きを見てみましょう。 テストプレイをする ツールバーの右端にある、矢印アイコンが「テストプレイ」アイコンで…続きを読む

RPGツクールMV:(2) 起動時のロゴを非表示にする

RPGツクールMVでゲームを作る際、デバッグなどの起動時にRPGツクールのロゴが表示されます。この表示を待っていると結構時間をロスするので、今回はこのロゴを非表示にします。 起動時のロゴの非表示 起動…続きを読む

RPGツクールMV:(13) 町の人を配置する

町をつくるシリーズの最後です。 最後はちょっとだけウロウロする町の人を配置してみます。 町民を配置する 町のマップを開き、町民を配置したい場所で右クリック→「新規」を指定します。 「画像」をダブルクリ…続きを読む

RPGツクールMV:(10) 町をつくる―宿屋編

今回から4回にわたって町をつくります。 町の中に宿屋、道具屋、武器・防具屋をつくり、町の人も配置してみます。 まずは宿屋をつくります。 町をつくる まず、左ペインのプロジェクト上で右クリック→「新規」…続きを読む

RPGツクールMV:Android端末で表示するためのプラグイン

RPGツクールMVでつくったアプリをAndroid端末で表示させるために必要なプラグインを記録しておきます。 Android端末で表示するためのプラグイン一覧 MadeWithMv 起動時に「Made…続きを読む