HOME技術RPGツクールRPGツクールMV:(10) 町をつくる―宿屋編

RPGツクールMV:(10) 町をつくる―宿屋編

今回から4回にわたって町をつくります。
町の中に宿屋、道具屋、武器・防具屋をつくり、町の人も配置してみます。
まずは宿屋をつくります。

町をつくる

まず、左ペインのプロジェクト上で右クリック→「新規」をクリックします。
「マップの設定」では「名前」を「CITY」、「幅」10、「高さ」10にし、「タイルセット」を「外観」にしました。

適当に壁をつけて部屋を区切りました。
これらのタイルはすべてタイルセット「外観」に入っています。
右上が宿屋、右下が道具屋、左下が武器・防具屋、左上は町の人がいるスペースとします。

宿屋をつくる

宿屋をつくります。イベント編集モードにして、右上隅を右クリック→「新規」を指定します。

宿屋の主を配置したいので、「画像」をダブルクリックして、「画像の選択」画面から、人の画像を選びます。
ここでは「People4」から選びました。
オプションは「歩行アニメ」のチェックを外し、「足踏みアニメ」にチェックを入れます。

ここから宿屋の主人との会話イベントを設定していきます。
宿屋の主人に当たったら、
(1) 泊るか泊まらないか確認(1晩10G)
(2) 泊る場合は、10Gあるかないか確認
(2)-2 10Gあれば10G減らして体力を全回復
(2)-3 10Gなければ断りのメッセージを表示
(3) 別れの挨拶を表示
という一連の処理を行うよう設定していきます。

実行内容を右クリックして「新規」を指定します。

イベントコマンドは「文章の表示」を選び、以下のようにメッセージを入力します。

次にその下で実行内容を右クリック→「新規」をクリックし、「選択肢の表示」を指定します。

「選択肢の表示」では、選択肢の数と内容を設定できます。
ここでは「はい」と「いいえ」のままにして「OK」をクリックします。

「実行内容」に「選択肢の表示」が追加されるので、「はいのとき」を右クリックして「新規」を選択します。
「条件分岐」を選び4番目のタブから「お金」にチェックします。
一晩10Gにするので、「10以上」という条件にします。
また、10Gない場合には断りのメッセージを表示するので、「条件を満たさない時の分岐を作成」にチェックをいれて「OK」をクリックします。

実行内容は以下のようになります。

まずは10G以上所持していた場合の処理を設定します。
最初の分岐のところで右クリック→「新規」を指定します。

「パーティ」から「所持金の増減」を指定します。

「操作」は「減らす」で、「オペランド」は「定数」で「10」にします。

これで所持金を10G減らすことができました。
続いて体力を全回復させるため、その下に「新規」で実行内容を追加します。

イベントコマンドから「アクター」の「全回復」を指定します。

アクターは「固定」で「パーティ全体」を指定します。

さらに「文章の表示」をついかして「ありがとうございます。」を表示させます。

宿に泊まって一晩たったことを示すため、画面をフェードアウトさせ、その後フェードインします。

イベントコマンド「フェードアウト」と「フェードイン」をそれぞれ実行内容に追加します。

ここまで終わったら、実行内容で、所持金が10Gに満たない場合のところ(「それ以外のとき」となっている部分で新規に実行内容を追加します。
ここでは文章の表示でお金が足りないことを表示します。

最後に、すべての条件分岐処理が終わったところに、文章を表示させます。
このときは、「またお越しください」というメッセージにして、一晩泊ったときも、泊まらなかった時も同じメッセージが違和感なく表示されるような内容にしました。

これで宿屋の処理は終わりです。

町と世界マップとの移動の設定

町と世界マップとをつなぎます。
まず町の一番下の部分2か所にイベントを指定します。

「イベントコマンド」は「場所移動」を指定します。

「MAP001」を指定し、町のタイルを置いた場所を指定します。

この設定を町の出口にあたる部分2か所に指定します。
町の内部のイベント設定状況は以下のようになりました。

次に世界マップの町タイルの上でイベントを設定します。

イベントを追加し、「CITY」の入り口を指定します。

これで町に入って宿屋で10G支払うと体力が全回復するようになりました。
以下の動画で確認できます。

関連記事

RPGツクールMV:(5) マップを切り替える

前回までに以下のような世界マップ(フィールドマップ)をつくりました。 今回は中央のテントに入る方法です。 テントの中のマップをつくる テントの中に入る処理をするためには、まずテントの中のマップをつくり…続きを読む

RPGツクールMV:Android端末で表示するためのプラグイン

RPGツクールMVでつくったアプリをAndroid端末で表示させるために必要なプラグインを記録しておきます。 Android端末で表示するためのプラグイン一覧 MadeWithMv 起動時に「Made…続きを読む

RPGツクールMV:(2) 起動時のロゴを非表示にする

RPGツクールMVでゲームを作る際、デバッグなどの起動時にRPGツクールのロゴが表示されます。この表示を待っていると結構時間をロスするので、今回はこのロゴを非表示にします。 起動時のロゴの非表示 起動…続きを読む

RPGツクールMV:(12) 町をつくる―武器・防具屋編

今回は町に武器・防具屋を追加します。 武器と防具をつくる まず、「ツール」→「データベース」を開き、「武器」から、「最大数の変更」で増やします。 「きのぼう」という武器を追加しました。 「攻撃力」を「…続きを読む

RPGツクールMV:(6) 条件を満たしたらマップに祠が出現する

RPGツクールMVを使ってゲームをつくります。 今回は条件を満たしたらマップに祠(ほこら)を出現させる方法です。 祠を出現させる条件は、「テントに入って花に触る」ということにします。 条件を満たしたら…続きを読む

RPGツクールMV:(1) プロジェクトを生成する

RPGツクールを使ってRPGをつくります。 簡単な手順を書いていきます。今回は一番最初にすること、プロジェクトの生成です。 プロジェクトの生成 RPGツクールMVを起動して、「ファイル」→「プロジェク…続きを読む

RPGツクールMV:(13) 町の人を配置する

町をつくるシリーズの最後です。 最後はちょっとだけウロウロする町の人を配置してみます。 町民を配置する 町のマップを開き、町民を配置したい場所で右クリック→「新規」を指定します。 「画像」をダブルクリ…続きを読む

RPGツクールMV:(4) テストプレイ

前回までで世界マップ(フィールドマップ)をつくったので、ここで一度実際のゲーム画面を表示して動きを見てみましょう。 テストプレイをする ツールバーの右端にある、矢印アイコンが「テストプレイ」アイコンで…続きを読む

RPGツクールMV:デプロイしたファイルをCordovaプロジェクトに移してAndroid端末で動作確認するバッチファイルをつくる

RPGツクールMVでつくったゲームをデプロイすると、wwwフォルダが生成されます。 このwwwフォルダをCordovaプロジェクトのwwwフォルダにコピーすると、Android端末で動作させることがで…続きを読む

RPGツクールMV:(7) マップに敵を出現させる

世界マップの中に敵を出現させる方法です。 全エリアに共通して出現させる方法と、特定のエリアにだけ出現させる方法があります。 世界マップの全エリアに敵を出現させる メイン画面の左ペインで「MAP001」…続きを読む