HOME技術PowerPointPowerPoint:オブジェクトの編集をロックしたい

PowerPoint:オブジェクトの編集をロックしたい

PowerPointでオブジェクトを複数配置すると、誤って別のオブジェクトを編集してしまったり、その下に配置されているオブジェクトを選択できなくなったりします。
PowerPointではIllustrator等でできるレイヤー管理やオブジェクトのロックという機能はありません。
ここではオブジェクトを誤って選択しないようにする方法を紹介します。

オブジェクトの表示/非表示を切り替える

編集したくないオブジェクトを非表示にする方法です。

オブジェクトのどれか1つを選択した状態で、「書式」メニューを選択し、「オブジェクトの選択と表示」をクリックします。

右側に「選択」という表示とともに、現在配置されているオブジェクトの一覧が表示されます。
各オブジェクトの右側に目のアイコンがあります。
これをクリックして「―」にすると非表示になります。

これで編集したくないオブジェクトを非表示にすることができます。

関連記事

PowerPointファイルにパスワードを設定/解除する

PowerPointを開くときにパスワードを設定して、ロックをかけたり、パスワードを解除する方法です。 この方法はファイル自体にパスワードをかけます。 パスワードを設定したファイルを開き、「ファイル」…続きを読む

PowerPointのアニメーションで複数の動作を一度に行う

PowerPointでアニメーションを設定するときには、複数の動作を一度に設定することができます。 複数のオブジェクトに同じアニメーションをまとめて指定する 複数のオブジェクトに同じアニメーションを同…続きを読む

PowerPoint:フォントを埋め込む

PowerPointにフォントを埋め込む方法です。 PowerPointでプレゼンテーションを作り、別のPCで開いたらフォントが変わってしまっていたので、調べました。 PowerPointにフォントを…続きを読む

PowerPointのアニメーションの順番を変更する

パワーポイントではアニメーションは設定した順番に動作します。 今回は、一度設定したアニメーションの順番を入れ替える方法を以下に記します。 まず、各オブジェクトにそれぞれアニメーションを設定します。以下…続きを読む

PowerPointでテンプレート部分をつくる

PowerPointで自分なりのテンプレートを作る方法です。 スライドマスター PowerPointでテンプレートを作成するには、「表示」→「スライドマスター」をクリックします。 デフォルトで11種類…続きを読む