HOME技術PhotoshopPhotoshopでオリジナルのパレットをつくる

Photoshopでオリジナルのパレットをつくる

Photoshopで自分がよく使う色だけを集めたパレットをつくる方法です。
Photoshopにおけるパレットは、スウォッチといいます。

オリジナルのスウォッチをつくる

「ウィンドウ」→「スウォッチ」でスウォッチを表示します。

まずは既存の色を削除します。
既存の色に追加したいという場合はこの手順は省きます。

スウォッチのメニューをクリック→「プリセットマネージャー」を指定。

現在設定されている色が表示されるので、Ctrl+Aで全選択します。
「削除」をクリックするとすべての色が削除されます。

描画色を設定し、描画色をクリックします。
メニューから「スウォッチに追加」を指定し、名前をつけます。
※名前は、スウォッチをリスト表示したときに表示されるもので、どこの色に使うか決まっているのであれば、名前を付けておくと一目瞭然になります。

最後に、すべての色を設定したら、スウォッチのメニュー→「スウォッチを保存」を指定して、スウォッチの設定を保存し、いつでも読み込めるようにしておきます。

関連記事

Photoshopでカンバスのサイズを画像に合わせる

Photoshopを使っていて、画像をトリミングすると、カンバスのサイズとずれてしまいます。 この際に、カンバスのサイズを画像に合わせる方法です。 画像がカンバスより小さい場合 画像の周りに余白が残っ…続きを読む

Photoshopで手書きイラストに配色する

Photoshopに取り込んだイラストデータに色を塗る方法です。 色を塗る方法には様々なやり方がありますが、ここでは範囲指定した部分を別レイヤーとして色をつけていく方法をとりあげます。 この方法を使う…続きを読む

Photoshopで手書きイラストを読み込んで着色できる状態にする

Photoshopで手書きイラストを読み込んで着色できる状態にする方法です。 具体的には線画のイラストを読み込んで、白黒の状態にして、白を透明化します。 「Photoshopに手書きのイラストを取り込…続きを読む

Photoshopに手書きのイラストを取り込む

Photoshopに手書きのイラストを取り込んで、着色する方法です。 ここではイラストは線画で色は塗っていない状態のものとします。 Photoshopで手書きイラストをデータ化する方法 1.イラストを…続きを読む