HOME技術PhotoshopPhotoshopで手書きイラストに配色する

Photoshopで手書きイラストに配色する

Photoshopに取り込んだイラストデータに色を塗る方法です。
色を塗る方法には様々なやり方がありますが、ここでは範囲指定した部分を別レイヤーとして色をつけていく方法をとりあげます。

この方法を使うと、後で色を変更したい場合に、そのレイヤーのみ色を変えればよいので、管理が楽になります。

Photoshopでイラストに配色する方法

1.画像データを読み込む

画像データをPhotoshopにドラッグします。
ドラッグすると背景として配置されるので、レイヤーパネルを右クリック→「背景からレイヤーへ」を指定します。

※ここではレイヤー名を「線画」にしています。

2.色を塗りたい部分を「自動選択ツール」で範囲指定

着色したい部分を「自動選択ツール」を使って、範囲指定します。

3.色塗り用のレイヤーを新規作成

レイヤーパネルの右側のメニューから「新規レイヤー」を指定します。
※Shift + Ctrl + N でも新規レイヤーが作成されます。

新しいレイヤーにはわかりやすい名前を付けておきます。
ここでは「房1」にします。

色塗りレイヤーは線画よりも下に配置します。

4.色を塗る

・ 色を塗りたい部分が範囲指定されている
・ 色を塗るレイヤーが選択されている

上記の2つを満たしている状態で、「塗りつぶしツール」を使って、「房1」レイヤーに色をつけます。

・ 塗りたい箇所を自動選択ツールで範囲指定
・ 新規レイヤーを作成
・ 新規レイヤー上で塗りつぶし
の3つを繰り返し、残りの部分に着色していきます。

このままでもいいですが、線画を非表示にすると、輪郭がなくなり、それはそれでいい感じになります。

実際に書き出した画像は以下のようになりました。

関連記事

Photoshopでオリジナルのパレットをつくる

Photoshopで自分がよく使う色だけを集めたパレットをつくる方法です。 Photoshopにおけるパレットは、スウォッチといいます。 オリジナルのスウォッチをつくる 「ウィンドウ」→「スウォッチ」…続きを読む

Photoshopで手書きイラストを読み込んで着色できる状態にする

Photoshopで手書きイラストを読み込んで着色できる状態にする方法です。 具体的には線画のイラストを読み込んで、白黒の状態にして、白を透明化します。 「Photoshopに手書きのイラストを取り込…続きを読む

Photoshopでカンバスのサイズを画像に合わせる

Photoshopを使っていて、画像をトリミングすると、カンバスのサイズとずれてしまいます。 この際に、カンバスのサイズを画像に合わせる方法です。 画像がカンバスより小さい場合 画像の周りに余白が残っ…続きを読む

Photoshopに手書きのイラストを取り込む

Photoshopに手書きのイラストを取り込んで、着色する方法です。 ここではイラストは線画で色は塗っていない状態のものとします。 Photoshopで手書きイラストをデータ化する方法 1.イラストを…続きを読む