HOME技術OSWindows10からNASにアクセスできない(エラーコード0x80004005)

Windows10からNASにアクセスできない(エラーコード0x80004005)

Windows10からNASにアクセスできなくなり、エラーコード0x80004005と表示されました。
これはNASの通信プロトコルがSMBv1にしか対応していない場合に発生するようです。

Windows10の設定でSMBv1のサポートを有効にする

Windows10の検索で、「Windowsの機能の有効化または無効化」と入力して、表示される同名の項目をクリックして起動します。

「SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート」の項目から「SMB 1.0/CIFS クライアント」にチェックを入れます。

コンピュータを再起動したらアクセスできるようになります。

SMBv1はセキュリティ的には望ましくないため、本来であればNASがSMBv2以降に対応するべきですが、古いNASなどでは対応していないため、このような設定をWindows側にしなければ、アクセスできないことがあるようです。

関連記事

タスクスケジューラを起動すると「選択されたタスクは存在しません」と表示される

タスクスケジューラを起動すると「選択されたタスク”**************”が存在しません。現在のタスクを表示するには、[最新の情報に更新]をクリックしてください。」と表示…続きを読む

Windows:最近使ったアイテムを非表示にする

Windows10のタスクバーにある各アプリケーションのアイコンを右クリックすると、「最近使ったアイテム」などの表示で過去に開いたファイル名が表示されます。 今回はこれを非表示にする方法を調べました。…続きを読む

Windows10でMicrosoftアカウントではないアカウントを追加する

Windows10でログインアカウントを登録しようとするとMicrosoftアカウントをつくることを促されますが、Microsoftアカウントをつくりたくない場合の方法を調べました。 ローカルアカウン…続きを読む

Windows7でWindows Updateができなくなった

Windows 7でWindows Updateをしようとしても更新プログラムの確認自体が行われず、Updateできなくなってしまいました。 Windows Updateを修正する Windows U…続きを読む

Windows10で起動時にアプリケーションを同時に起動する

Windows10で、OSの起動時にアプリケーションを同時に起動する方法です。 Windows7までは、スタートアップがわかりやすいところに配置されていたため、簡単にOSの起動時に起動させるアプリケー…続きを読む

Windows10の起動時に自動的にアプリケーションを起動する

Windows10で、コンピュータの起動時に任意のアプリケーションを自動的に起動させる方法です。 スタートアップ項目にショートカットを追加する コンピュータの起動時に自動的に指定したアプリケーションを…続きを読む

Windows10で付箋機能を有効にする

Windows10では標準で付箋機能が追加されました。この機能はもともとWindows10以外にも搭載されている機能ですが、Windows10からは「Sticky Notes」というアプリに代わりまし…続きを読む

Windows10の電源メニューに休止状態を表示する

Windows10は左下のスタートアップから電源メニューを選択すると、「スリープ」「シャットダウン」「再起動」のメニューが標準で表示されます。 しかし、スリープはちょっとしたことですぐに復帰してしまう…続きを読む

共有フォルダを削除しようとすると「エクスプローラーによってファイルは開かれているため、操作を完了できません。」と表示される

共有フォルダを削除しようとすると、「ファイル ‘Thumbs.db’はシステムファイルです。システムファイルを削除すると、Windowsまたは他のプログラムが正常に機能しなくな…続きを読む

Windows10 April 2018 Update時にエラー(0xc1900130)が出てアップデートできない

Windows10の大型アップデートである、April 2018 Updateをしようとしても、途中でエラーメッセージが出てしまいアップデートできなくなる問題が発生したので調べました。 わたしの場合、…続きを読む