HOME技術メールThunderbirdでタイムアウト時間を変更する

Thunderbirdでタイムアウト時間を変更する

Thunderbirdを使っていてメールを受信する際に、大容量の添付ファイルがあるメールの場合、受信しきらずにタイムアウトエラーが出てしまうことがあります。
この場合、タイムアウトするまでの時間を延長することで解決することができます。

タイムアウト変更方法

Thunderbirdを起動して、「ツール」→「オプション」をクリックします。

「詳細」タブの下の方にある「高度な設定」項目の「設定エディター」ボタンをクリックします。

「動作保証対象外になります!」という警告メッセージが表示されます。
「危険性を承知の上で使用する」をクリックします。
(※ここから先は自己責任になります)

「検索」欄に「mailnews.tcptimeout」と入力してEnterを押します。

設定名「mailnews.tcptimeout」をダブルクリックすると、「整数値を入力してください」と表示されます。
ここで必要な秒数を入力します。
60ならば1分、300ならば5分ということになります。

関連記事

Windows LiveメールからThunderbirdに移行する手順

Windows Liveメールが不具合が多いので、Thunderbirdに移行することにしました。その手順を記録しておきます。 1.Windows Liveメールのメールデータをエクスポート Wind…続きを読む

メールがスパムメールリストに載っていて返ってきてしまう

メールを送っても、先方に届かず、以下のような内容のメールが返ってきました。その原因と解決方法を書きます。 エラーメール内容 This is the mail system at host ***.**…続きを読む

Thunderbirdでメールの文字化けを解消する

メールの送受信にThunderbirdを使っています。大抵のメールは問題なく読めるのですが、たまに上のようにメール本文が文字化けをしていることがあります。 調べたところ、どうやらメールの件名と本文で、…続きを読む

Thunderbirdのフォントが見づらくなったので変更する

Windows 10にアップグレードして困ったのは、標準フォントがYu Gothic UIになってしまったことによりあらゆるシステム系のフォントが見づらくなったことです。 特にThunderbirdで…続きを読む