HOME技術メールThunderbirdでメールの文字化けを解消する

Thunderbirdでメールの文字化けを解消する

thunderbird-garbledcharacters01

メールの送受信にThunderbirdを使っています。大抵のメールは問題なく読めるのですが、たまに上のようにメール本文が文字化けをしていることがあります。
調べたところ、どうやらメールの件名と本文で、異なる文字コードを使っていることが原因で起こるようで、こちらの問題というよりは送信者の設定の問題であるようです。
しかし、「以前はそれでも読めていたのに、最近読めなくなった」ということが問題であるので、送信者の問題でもありますが、Thunderbirdの設定にも原因がありそうです。因みに上の場合は、多くのメールはShift_JISで送られてきているのですが、本文だけが化ける場合には、本文の文字コードがUTF-8になっていました。

一時的な対処法

文字化けしているメールを選択した状態で、「表示」→「文字エンコーディング」→「Unicode (UTF-8)」を選択すると、文字化けしているメールがUTF-8のコードに変更され、読むことができるようになりました。

thunderbird-garbledcharacters02

しかし、この場合は、別のメールを開くとまた設定がクリアされてしまうので、再度表示メニューを開いて設定しなければ同じメールを読むことができず、手間がかかります。

恒久的な対処法

受信トレイのプロパティで、「メッセージのエンコーディングの自動判別を無視する」というチェックボックスに、チェックが入っているのが原因でこの問題が起こるようです。恐らく以前のThunderbirdではこの項目がなかったか、デフォルトでチェックがはずしてある状態だったのだと思います。新しいバージョンにしたときに、チェックを入れてしまったのか、デフォルト設定がそうなっていたのか不明ですが、この部分を修正すれば、自動判別してメッセージが読める状態になりました。

「受信トレイ」を右クリックして「プロパティ」を選択します。

thunderbird-garbledcharacters03

「一時情報」タブの「この設定をフォルダ内のすべてのメッセージに適用する(各メッセージの文字エンコーディング指定や自動判別結果を無視する)」のチェックをはずします。

thunderbird-garbledcharacters04

関連記事

Thunderbirdでタイムアウト時間を変更する

Thunderbirdを使っていてメールを受信する際に、大容量の添付ファイルがあるメールの場合、受信しきらずにタイムアウトエラーが出てしまうことがあります。 この場合、タイムアウトするまでの時間を延長…続きを読む

Windows LiveメールからThunderbirdに移行する手順

Windows Liveメールが不具合が多いので、Thunderbirdに移行することにしました。その手順を記録しておきます。 1.Windows Liveメールのメールデータをエクスポート Wind…続きを読む

メールがスパムメールリストに載っていて返ってきてしまう

メールを送っても、先方に届かず、以下のような内容のメールが返ってきました。その原因と解決方法を書きます。 エラーメール内容 This is the mail system at host ***.**…続きを読む

Thunderbirdのフォントが見づらくなったので変更する

Windows 10にアップグレードして困ったのは、標準フォントがYu Gothic UIになってしまったことによりあらゆるシステム系のフォントが見づらくなったことです。 特にThunderbirdで…続きを読む