HOME技術JAVAJAVAで変数を使う:変数宣言と変数の型

JAVAで変数を使う:変数宣言と変数の型

変数とは、プログラム内で利用される「値」を入れるための「器」です。
変数は一定の規則に従えば、任意の名前を付けることができます。
変数はどのように使うのかというと、例えば、Hensuという名前を変数を定義したとします。

Hensu = 10;

と書くと、Hensuという変数に「10」という値が格納されます。これを「代入」といいます。

さらに、

Hensu = Hensu + 1;

と書くと、Hensuの値は「11」になります。
このようにHensuは、プログラム内で様々な値を代入したり計算したりして利用されます。

変数名に使える文字列

変数に使える文字列は、以下のものがあります。

  • 半角の英数字
  • 半角アンダーバー「_」
  • 半角ドル記号「$」
  • 全角の文字(非推奨)

また、変数名の利用には以下のルールがあります。

  • 予約語は使えない(JAVAの予約語
  • 同じ名前でも大文字と小文字は区別される

変数の宣言

ところで、上記のHensuを定義する場合には、JAVAの場合は「変数の宣言」を行わなければなりません(ほかのプログラム言語では宣言を必要としないものもあります)。

変数の宣言とは、「今からこの名前を変数として使いますよ」とプログラム内で定義づけすることです。
変数の宣言は、

型 変数名;

という書き方をします。
上記の例であれば、

int Hensu;

ということになります。

変数の型

さて、変数の宣言の公式として、「型 変数名;」と書きました。変数を宣言するときには必ずこのように書かなければなりません。

型というのは、変数に代入することができるデータの種類を表しています。

int Hensu;

の場合では、intとは「整数」を意味する型なので、Hensuという変数には整数を代入することができるようになります。
反対に、整数以外の値を代入することはできません。
つまり、最初に宣言した型に対応する値しか、その変数には代入することはできない、ということです。

型の種類

以下に変数の型と代入できる値を列挙します。

  • boolean(論理値:trueまたはfalse)
  • byte(8ビット符号付整数:-128~127)
  • char(16ビットUnicode文字)
  • double(倍精度浮動小数点数)
  • float(単精度浮動小数点数)
  • int(32ビット符号付整数:-2147483648~2147483647)
  • long(64ビット符号付整数:-9223372036854775808~9223372036854775807)
  • short(16ビット符号付整数:-32768~32767)
  • string(文字列)

char(文字型)は、代入する場合に、値をシングルクォーテーションで囲わなければなりません。

char MOJI = ‘字’;

string(文字列型)は、代入する場合に、値をダブルクォーテーションで囲わなければなりません。

string MOJIRETSU = “文字列”;

longは代入する場合、値の末尾にL(l)を付ける必要があります。

floatは代入する場合、値の末尾にF(f)つける必要があります。

関連記事

JAVAのメソッド:println()

→関連ページ(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する) →関連ページ(JAVAのメソッドとは) ここからは「Hello World」を表示させたメ…続きを読む

JAVAの条件分岐:if文

条件分岐とは、ある条件を提示して、その条件に合致していたらA、合致していなければBを実行する、という構文で、プログラミングには欠かせないものです。 条件分岐には以下の種類があります。 if文 swit…続きを読む

JAVAで定数を定義する

JAVAでは変数を宣言した場合、変数の内容は代入する値によって変わっていきます。 しかし、プログラム上、内容を変更したくない変数がある場合には、変数宣言の前に「final」と記述します。 final …続きを読む

Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する

統合開発環境(IDE)であるEclipseを使ってJAVAプログラミングを練習していきます。第一弾は、基本中の基本である、「Hello World」を表示する、というものです。 Eclipseの使い方…続きを読む

JAVAのオペランドと演算子

変数に代入する書式は、通常の計算式のように書きます。 a = b + c; このように書けば、変数aにbとcを加算した結果の値が代入されます。 この、=や+を演算子、それ以外の変数などの値を非演算子(…続きを読む

Eclipseで分離したウィンドウを元に戻す

Eclipseを使って、ウィンドウを分離する場合には、分離したいウィンドウのバーをクリックして、アプリケーション外に移動します。 分離したウィンドウを結合する 分離したウィンドウを元に戻すには、「ウィ…続きを読む

JAVAの予約語

プログラム言語で予め使われている名前、たとえば変数の型を示す名前などは、変数名やクラス名として宣言することができません。これらの名前を予約語といいます。 予約語一覧 abstract(修飾子) ass…続きを読む

JAVAの条件分岐:switch文

if文と並ぶ条件分岐の構文として、もう一つ、switch文があります。 if文が条件が真偽で処理を変える2択(elseifを付ければ複数の選択肢を持たすことができるが)であるのに対し、switch文は…続きを読む

JAVAでクラスを生成する

JAVAでは、一つのソースファイル(.javaファイル)ごとに最低でも1つのpublicクラスが必要になります。 publicクラスは、1つのソースファイルに1つしか設定できません。 publicでな…続きを読む

JAVAのループ処理:for文

JAVAにおけるループ処理の一つとして、while文のほかに、for文というのがあります。 これはある条件を満たしている場合は決められた処理を繰り返すというところまではwhile文と一緒ですが、条件を…続きを読む