HOME技術JAVAJAVAの条件分岐:switch文

JAVAの条件分岐:switch文

if文と並ぶ条件分岐の構文として、もう一つ、switch文があります。

if文が条件が真偽で処理を変える2択(elseifを付ければ複数の選択肢を持たすことができるが)であるのに対し、switch文は条件の結果が2択ではなく複数の選択肢がある場合に用いると、if文よりも簡潔に書くことができます。

switch文

switch文は以下のように書きます。

switch ( 式 ) {
case 定数1:
処理1
break;
case 定数2:
処理2
break;
default:
処理3
}

「式」の結果が「定数」と同じであるとき、そこに書かれている「処理」を実行します。
breakは「switch文から抜ける」という意味です。
各処理にbreakを書かない場合は、引き続き次に書かれている処理を実行します。
「定数#:」は「ラベル」と言って、プログラム内の目印の役割を果たしますが、それ以上の意味はありません。
switch文の場合はcaseとラベルを組み合わせることで、式の結果ラベルに飛ばす、という処理を行うことができます。
「default:」には、提示した定数に当てはまらなかった場合の処理を書きます。default:は省くことができます。

int Hensu = 1
switch( Hensu ){
case 1:
System.out.println ( “1番目の処理” );
break;
case 2:
System.out.println ( “2番目の処理” );
break;
default:
System.out.println ( “その他の処理” );
}

式に設定できるデータ型は以下の6つに決まっています。

  • byte
  • char
  • short
  • int
  • enum
  • String

式に等号(==)、不等号(<>)を使うことはできません。
四則演算等はできるので、「Hensu + Hensu2」といったような書き方をすることはできます。

「case 定数:」以下に何も書かずに次のcaseを書くこともできます。
これは、「1と2と3の場合は処理Aをさせる」というような場合に使います。

switch ( Hensu ){
case 1:
case 2:
case 3:
System.out.println( “1~3の場合の処理” );
break;
default:
System.out.println( “その他の処理” );
}

関連記事

JAVAの多次元配列

多次元配列とは、配列変数の要素の表現がHareitsu[0]であるのに対し、Hairetsu[0][0]と表すことができる配列変数です。 多次元配列の用途 多次元配列を使うと、ゲームで言うならばマップ…続きを読む

JAVAのローカル変数とグローバル変数

変数には、その有効範囲が定められています。 この有効範囲のことをスコープと言います。 スコープ内では変数を利用できますが、スコープ外ではその変数は存在しないことになり、利用することができません。 ロー…続きを読む

WindowsにJAVA実行環境「Pleiades」をインストールする

プログラミングを学習するためにJAVAでアプリケーションをつくることにしました。手始めに、Windows 10にJAVAの実行環境をつくります。 Windows 10にJAVAの開発環境をつくる JA…続きを読む

JAVAの条件式で文字列を比較する場合の注意点

JAVAのif文などで条件式において文字列を比較する際には、数値を比較する場合と違う書き方をしなければなりません。 if ( Mojiretsu.equals(“文字列”) {…続きを読む

JAVAのエスケープシーケンス

例えば、以下のように、ダブルクォーテーションを出力したい場合には、どのように書けばいいでしょうか。 System.out.println(“””); 上のように書い…続きを読む

JAVAの条件分岐:if文

条件分岐とは、ある条件を提示して、その条件に合致していたらA、合致していなければBを実行する、という構文で、プログラミングには欠かせないものです。 条件分岐には以下の種類があります。 if文 swit…続きを読む

JAVAのメソッドとは

→前回(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する) 前回は”Hello World”という文字列をコンソールに表示しました。…続きを読む

JAVAのループ処理:do~while文

JAVAのループ文には、while文というものがあります。 while文は、条件式に合致している間、処理を続けるというものです。while文は、まず条件を判定して、その後に処理を行います。 これに対し…続きを読む

JAVAのパッケージ

パッケージとはクラスのさらに上の概念です。 あるパッケージに属するクラスは、同じ名称であっても別のパッケージのクラスとは別物として扱われます。 「aaa」パッケージの「cde」というクラスと、 「bb…続きを読む

JAVAの配列変数の宣言

配列変数とは、変数を1つのグループとして使う方法です。 変数名は同じだけれど、[1]、[2]、[3]…とその変数の要素を設定できます。 JAVAでは配列変数を以下のように表します。 int[] Hai…続きを読む