HOME技術JAVAJAVAのメソッド:println()

JAVAのメソッド:println()

関連ページ(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する)
関連ページ(JAVAのメソッドとは)

ここからは「Hello World」を表示させたメソッド「println」についての解説です。

printlnはすべて小文字です。lはアイではなく、エルです。ここを大文字のアイだと勘違いするとコンパイルエラーでプログラムを実行できません。何を隠そう、私はそこでいきなり躓きました。

println()メソッド

println()メソッドは、()内に与えた値を出力するメソッドです。
()内に与えた値のことを引数(ひきすう)といいます。

使うときは、

System.out.println();

のように書きます。「;」は行末に必ずつけるマークです。

この書式を細かく説明すると複雑になるので今回は端折ります。単純に何か値を出力したいときは、上記のように書く、ということだけ覚えておきます。

出力方法

println(“文字列”);
→「文字列」を表示します。

println(2);
→「2」という数値を表示します。数値のときはダブルクォーテーションは不要です。

println(2+3);
→「5」という計算結果を出力します。足し算(+)、引き算(-)、掛け算(*)、割り算(/)などの計算ができます。

println(ATAI);
→ATAIという変数に格納した値を表示します。例えば、

int ATAI;
ATAI=6;
System.out.println(ATAI);

とすると、出力結果として「6」という数字が表示されます。

なお、println();は改行が最後に付加されるため、以下のように2回続けて書くと、

println(“1行目”);
println(“2行目”);

出力結果は、

1行目
2行目

となります。

関連ページ(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する)
関連ページ(JAVAのメソッドとは)

関連記事

JAVAの配列変数の宣言

配列変数とは、変数を1つのグループとして使う方法です。 変数名は同じだけれど、[1]、[2]、[3]…とその変数の要素を設定できます。 JAVAでは配列変数を以下のように表します。 int[] Hai…続きを読む

Eclipseで分離したウィンドウを元に戻す

Eclipseを使って、ウィンドウを分離する場合には、分離したいウィンドウのバーをクリックして、アプリケーション外に移動します。 分離したウィンドウを結合する 分離したウィンドウを元に戻すには、「ウィ…続きを読む

JAVAのオペランドと演算子

変数に代入する書式は、通常の計算式のように書きます。 a = b + c; このように書けば、変数aにbとcを加算した結果の値が代入されます。 この、=や+を演算子、それ以外の変数などの値を非演算子(…続きを読む

JAVAのループ処理:for文

JAVAにおけるループ処理の一つとして、while文のほかに、for文というのがあります。 これはある条件を満たしている場合は決められた処理を繰り返すというところまではwhile文と一緒ですが、条件を…続きを読む

JAVAのエスケープシーケンス

例えば、以下のように、ダブルクォーテーションを出力したい場合には、どのように書けばいいでしょうか。 System.out.println(“””); 上のように書い…続きを読む

JAVAの多次元配列

多次元配列とは、配列変数の要素の表現がHareitsu[0]であるのに対し、Hairetsu[0][0]と表すことができる配列変数です。 多次元配列の用途 多次元配列を使うと、ゲームで言うならばマップ…続きを読む

JAVAの予約語

プログラム言語で予め使われている名前、たとえば変数の型を示す名前などは、変数名やクラス名として宣言することができません。これらの名前を予約語といいます。 予約語一覧 abstract(修飾子) ass…続きを読む

WindowsにJAVA実行環境「Pleiades」をインストールする

プログラミングを学習するためにJAVAでアプリケーションをつくることにしました。手始めに、Windows 10にJAVAの実行環境をつくります。 Windows 10にJAVAの開発環境をつくる JA…続きを読む

JAVAのローカル変数とグローバル変数

変数には、その有効範囲が定められています。 この有効範囲のことをスコープと言います。 スコープ内では変数を利用できますが、スコープ外ではその変数は存在しないことになり、利用することができません。 ロー…続きを読む

JAVAのループ処理:while文

ある条件を満たしている間は、決められた処理を繰り返す、という命令文が、ループ処理です。 JAVAのループ処理には以下の2つがあります。 while文 do~while文 for文 今回はwhile文に…続きを読む