HOME技術JAVAJAVAのメソッド:println()

JAVAのメソッド:println()

関連ページ(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する)
関連ページ(JAVAのメソッドとは)

ここからは「Hello World」を表示させたメソッド「println」についての解説です。

printlnはすべて小文字です。lはアイではなく、エルです。ここを大文字のアイだと勘違いするとコンパイルエラーでプログラムを実行できません。何を隠そう、私はそこでいきなり躓きました。

println()メソッド

println()メソッドは、()内に与えた値を出力するメソッドです。
()内に与えた値のことを引数(ひきすう)といいます。

使うときは、

System.out.println();

のように書きます。「;」は行末に必ずつけるマークです。

この書式を細かく説明すると複雑になるので今回は端折ります。単純に何か値を出力したいときは、上記のように書く、ということだけ覚えておきます。

出力方法

println(“文字列”);
→「文字列」を表示します。

println(2);
→「2」という数値を表示します。数値のときはダブルクォーテーションは不要です。

println(2+3);
→「5」という計算結果を出力します。足し算(+)、引き算(-)、掛け算(*)、割り算(/)などの計算ができます。

println(ATAI);
→ATAIという変数に格納した値を表示します。例えば、

int ATAI;
ATAI=6;
System.out.println(ATAI);

とすると、出力結果として「6」という数字が表示されます。

なお、println();は改行が最後に付加されるため、以下のように2回続けて書くと、

println(“1行目”);
println(“2行目”);

出力結果は、

1行目
2行目

となります。

関連ページ(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する)
関連ページ(JAVAのメソッドとは)

関連記事

Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する

統合開発環境(IDE)であるEclipseを使ってJAVAプログラミングを練習していきます。第一弾は、基本中の基本である、「Hello World」を表示する、というものです。 Eclipseの使い方…続きを読む

JAVAのパッケージ

パッケージとはクラスのさらに上の概念です。 あるパッケージに属するクラスは、同じ名称であっても別のパッケージのクラスとは別物として扱われます。 「aaa」パッケージの「cde」というクラスと、 「bb…続きを読む

JAVAの条件式で文字列を比較する場合の注意点

JAVAのif文などで条件式において文字列を比較する際には、数値を比較する場合と違う書き方をしなければなりません。 if ( Mojiretsu.equals(“文字列”) {…続きを読む

JAVAの条件分岐:if文

条件分岐とは、ある条件を提示して、その条件に合致していたらA、合致していなければBを実行する、という構文で、プログラミングには欠かせないものです。 条件分岐には以下の種類があります。 if文 swit…続きを読む

JAVAの条件分岐:switch文

if文と並ぶ条件分岐の構文として、もう一つ、switch文があります。 if文が条件が真偽で処理を変える2択(elseifを付ければ複数の選択肢を持たすことができるが)であるのに対し、switch文は…続きを読む

JAVAの予約語

プログラム言語で予め使われている名前、たとえば変数の型を示す名前などは、変数名やクラス名として宣言することができません。これらの名前を予約語といいます。 予約語一覧 abstract(修飾子) ass…続きを読む

JAVAの多次元配列

多次元配列とは、配列変数の要素の表現がHareitsu[0]であるのに対し、Hairetsu[0][0]と表すことができる配列変数です。 多次元配列の用途 多次元配列を使うと、ゲームで言うならばマップ…続きを読む

JAVAでメソッドをつくる

JAVAには既に存在するメソッドのほかに、自分でメソッドを作ることができます。 自分でメソッドを作る際のルールは以下の通りです。 修飾子 戻り値の型 メソッド名(引数) { 処理 } 修飾子とは 修飾…続きを読む

JAVAのメソッドとは

→前回(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する) 前回は”Hello World”という文字列をコンソールに表示しました。…続きを読む

JAVAで定数を定義する

JAVAでは変数を宣言した場合、変数の内容は代入する値によって変わっていきます。 しかし、プログラム上、内容を変更したくない変数がある場合には、変数宣言の前に「final」と記述します。 final …続きを読む