HOME技術JAVAJAVAのパッケージ

JAVAのパッケージ

パッケージとはクラスのさらに上の概念です。
あるパッケージに属するクラスは、同じ名称であっても別のパッケージのクラスとは別物として扱われます。

「aaa」パッケージの「cde」というクラスと、
「bbb」パッケージの「cde」というクラスは、別のものと認識される。

パッケージは複数あるソースファイルを、同一のパッケージに属するものとして指定することができます。
大規模に開発をおこなったり、既にあるフリーのソースファイルを流用したりする場合には、このパッケージの概念が重要になってきます。

パッケージの設定方法

ソースコードの先頭にパッケージ名を記述することで、そのソースコードに書かれているクラスは、そのパッケージに属していることになります。

package パッケージ名;

abcという名前のパッケージに属するefgというクラスのなかのhij()メソッドを使う場合には、以下のように書きます。

int Hensu = abc.efg.hij();

なお、パッケージ名を指定しない場合には、呼び出し元と同じパッケージ内を探します。

パッケージの命名ルール

パッケージ名は、一般的なルールとして、「ドメインを反対側から記載したもの」ということになっています。

「http://xxx.yyyyy.com」の場合には、「xxx.yyyyy.com」を反対側から記載したものになります。つまり、「com.yyyyy.xxx」です。

ドメインを使う理由は、一意のものになるためです。
パッケージを会社を超えて開発したりする場合、適当に命名していた場合、バッティングする恐れがありますが、ドメインを基準にしていたらバッティングの恐れがなくなるため、このようなルールが一般化されたようです。

パッケージのインポート

ところで、別のパッケージにあるクラスを毎回パッケージ名を指定して呼び出すのは面倒なので、先にそのクラスはパッケージを指定しなくても使えるように読み込んでしまう方法があります。
それをインポートといいます。

インポートをするには、以下のように書きます。

import パッケージ名.クラス名;

インポート文は、パッケージ文の直後に書きます。

例えば、aaaというパッケージにあるbbbクラスのccc()メソッドを指定する場合、インポート文を使わないと以下のようになります。

int Hensu = aaa.bbb.ccc( i );

しかし、インポート文を使うと以下のように書くことができます。

import aaa.bbb;
public class ddd{
public static void main (String[] args){
int Hensu = bbb.ccc( i );
}
}

上記のインポート文ではaaaパッケージのbbbクラスのみをインポートしていますが、aaaパッケージのすべてのクラスをインポートする場合には、「*」を使って一文で済ませることができます。

inport aaa.*;

関連記事

JAVAの条件分岐:if文

条件分岐とは、ある条件を提示して、その条件に合致していたらA、合致していなければBを実行する、という構文で、プログラミングには欠かせないものです。 条件分岐には以下の種類があります。 if文 swit…続きを読む

JAVAの予約語

プログラム言語で予め使われている名前、たとえば変数の型を示す名前などは、変数名やクラス名として宣言することができません。これらの名前を予約語といいます。 予約語一覧 abstract(修飾子) ass…続きを読む

JAVAのメソッド:println()

→関連ページ(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する) →関連ページ(JAVAのメソッドとは) ここからは「Hello World」を表示させたメ…続きを読む

JAVAのループ処理:for文

JAVAにおけるループ処理の一つとして、while文のほかに、for文というのがあります。 これはある条件を満たしている場合は決められた処理を繰り返すというところまではwhile文と一緒ですが、条件を…続きを読む

JAVAでクラスを生成する

JAVAでは、一つのソースファイル(.javaファイル)ごとに最低でも1つのpublicクラスが必要になります。 publicクラスは、1つのソースファイルに1つしか設定できません。 publicでな…続きを読む

JAVAのコメントアウト

コメントアウトとは、プログラムには影響しないただの「メモ」書きのことです。たいていのプログラム言語にはコメントを書くための書式がありますが、言語によって書き方が異なります。今回はJAVAでコメントを書…続きを読む

JAVAの条件分岐:switch文

if文と並ぶ条件分岐の構文として、もう一つ、switch文があります。 if文が条件が真偽で処理を変える2択(elseifを付ければ複数の選択肢を持たすことができるが)であるのに対し、switch文は…続きを読む

JAVAのループ処理:do~while文

JAVAのループ文には、while文というものがあります。 while文は、条件式に合致している間、処理を続けるというものです。while文は、まず条件を判定して、その後に処理を行います。 これに対し…続きを読む

JAVAのエスケープシーケンス

例えば、以下のように、ダブルクォーテーションを出力したい場合には、どのように書けばいいでしょうか。 System.out.println(“””); 上のように書い…続きを読む

JAVAのメソッドとは

→前回(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する) 前回は”Hello World”という文字列をコンソールに表示しました。…続きを読む