HOME技術JAVAJAVAの条件分岐:if文

JAVAの条件分岐:if文

条件分岐とは、ある条件を提示して、その条件に合致していたらA、合致していなければBを実行する、という構文で、プログラミングには欠かせないものです。
条件分岐には以下の種類があります。

  • if文
  • switch文
  • 条件演算子

ここではそのうちのif文を説明します。

if文

JAVAでif文は以下のように書きます。

if ( 条件 ) {
命令A
} else {
命令B
}

条件を提示して、その条件を満たしていれば「命令A」を実行し、満たしていなければ「命令B」を実行します。
命令Aを実行したら命令Bは実行されません。

if文は命令Bを省いて書くこともできます。

if ( 条件 ){
命令
}

この場合は、もし条件を満たしていれば「命令」を実行し、満たしていなければ何もしない、ということになります。

if ( Hensu>10 ) {
System.out.println(“10より上”);
} else {
System.out.println(“10以下”);
}

Hensuが10より上ならば、「10より上」と表示し、10以下ならば「10以下」と表示します。

また、複数の条件を2つ以上判定させるためには、以下のように書きます。

if ( 条件1 ) {
命令A
} else if ( 条件2) {
命令B
} else {
命令C
}

条件1が合致していれば命令Aを実行し、条件1に合致していなければ、条件2を判定して合致していれば命令Bを実行します。いずれの条件にも合致していなければ命令Cを実行します。

ちなみに、条件文で「~と等しければ」と表現する場合には以下のように書きます。

if ( Hensu == 10 ){
System.out.println(“10です”);
}

if文などの条件で用いられる等号・不等号は、関係演算子と言います。
関係演算子について詳しくは「JAVAのオペランドと演算子」を参照してください。

関連記事

JAVAでメソッドをつくる

JAVAには既に存在するメソッドのほかに、自分でメソッドを作ることができます。 自分でメソッドを作る際のルールは以下の通りです。 修飾子 戻り値の型 メソッド名(引数) { 処理 } 修飾子とは 修飾…続きを読む

JAVAでクラスを生成する

JAVAでは、一つのソースファイル(.javaファイル)ごとに最低でも1つのpublicクラスが必要になります。 publicクラスは、1つのソースファイルに1つしか設定できません。 publicでな…続きを読む

JAVAで定数を定義する

JAVAでは変数を宣言した場合、変数の内容は代入する値によって変わっていきます。 しかし、プログラム上、内容を変更したくない変数がある場合には、変数宣言の前に「final」と記述します。 final …続きを読む

JAVAの条件式で文字列を比較する場合の注意点

JAVAのif文などで条件式において文字列を比較する際には、数値を比較する場合と違う書き方をしなければなりません。 if ( Mojiretsu.equals(“文字列”) {…続きを読む

JAVAのコメントアウト

コメントアウトとは、プログラムには影響しないただの「メモ」書きのことです。たいていのプログラム言語にはコメントを書くための書式がありますが、言語によって書き方が異なります。今回はJAVAでコメントを書…続きを読む

JAVAのループ処理:for文

JAVAにおけるループ処理の一つとして、while文のほかに、for文というのがあります。 これはある条件を満たしている場合は決められた処理を繰り返すというところまではwhile文と一緒ですが、条件を…続きを読む

WindowsにJAVA実行環境「Pleiades」をインストールする

プログラミングを学習するためにJAVAでアプリケーションをつくることにしました。手始めに、Windows 10にJAVAの実行環境をつくります。 Windows 10にJAVAの開発環境をつくる JA…続きを読む

JAVAのループ処理:while文

ある条件を満たしている間は、決められた処理を繰り返す、という命令文が、ループ処理です。 JAVAのループ処理には以下の2つがあります。 while文 do~while文 for文 今回はwhile文に…続きを読む

JAVAの予約語

プログラム言語で予め使われている名前、たとえば変数の型を示す名前などは、変数名やクラス名として宣言することができません。これらの名前を予約語といいます。 予約語一覧 abstract(修飾子) ass…続きを読む

JAVAのオペランドと演算子

変数に代入する書式は、通常の計算式のように書きます。 a = b + c; このように書けば、変数aにbとcを加算した結果の値が代入されます。 この、=や+を演算子、それ以外の変数などの値を非演算子(…続きを読む