HOME技術JAVAJAVAのループ処理:for文

JAVAのループ処理:for文

JAVAにおけるループ処理の一つとして、while文のほかに、for文というのがあります。
これはある条件を満たしている場合は決められた処理を繰り返すというところまではwhile文と一緒ですが、条件を満たしていない場合には、判定する値を変化させる処理を先に記述します。

for文

for文の構文は以下のとおりです。

for ( 初期化式; 条件式; 変化式) {
処理
}

「初期化式」でまず最初に条件に使う変数を初期値を指定します。
「条件式」で変数の値を判定します。
「変化式」で変数の値を変化させます。
「処理」は、変数の値が条件式の結果に合致する間は、処理を実行します。

for ( int i=0; i<10; i++ ){
System.out.println( “今の値は” + i );
}

 for文では、構文内で変数宣言をすることができます。
上の例では、変数iを初期化して0を代入し、iの値が10より下である限りは、「今の値は**」と表示します。
表示したあと、iの値に1を足します。

continue文とbreak文

continue文は、「その後の処理をせず再度ループ処理に戻る」という動作をし、break文は、「ループ処理を抜ける」という動作をします。

for ( int i=0; i<10; i++) {
if ( i==3 ) {
System.out.println ( “ループに戻ります” );
continue;
}
else if ( i==8 ) {
System.out.println ( “ループを抜けます” );
break;
}
System.out.println ( “現在の値は” + i );
}

上のプログラムでは、iが9になるまで処理を繰り返しますが、iが3の場合には「ループに戻ります」と表示してループに戻ります。
iが8の場合には「ループを抜けます」と表示してループ処理を終了します。

関連記事

JAVAの配列変数の宣言

配列変数とは、変数を1つのグループとして使う方法です。 変数名は同じだけれど、[1]、[2]、[3]…とその変数の要素を設定できます。 JAVAでは配列変数を以下のように表します。 int[] Hai…続きを読む

JAVAのオペランドと演算子

変数に代入する書式は、通常の計算式のように書きます。 a = b + c; このように書けば、変数aにbとcを加算した結果の値が代入されます。 この、=や+を演算子、それ以外の変数などの値を非演算子(…続きを読む

JAVAのローカル変数とグローバル変数

変数には、その有効範囲が定められています。 この有効範囲のことをスコープと言います。 スコープ内では変数を利用できますが、スコープ外ではその変数は存在しないことになり、利用することができません。 ロー…続きを読む

JAVAのメソッド:println()

→関連ページ(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する) →関連ページ(JAVAのメソッドとは) ここからは「Hello World」を表示させたメ…続きを読む

JAVAのコメントアウト

コメントアウトとは、プログラムには影響しないただの「メモ」書きのことです。たいていのプログラム言語にはコメントを書くための書式がありますが、言語によって書き方が異なります。今回はJAVAでコメントを書…続きを読む

Eclipseで分離したウィンドウを元に戻す

Eclipseを使って、ウィンドウを分離する場合には、分離したいウィンドウのバーをクリックして、アプリケーション外に移動します。 分離したウィンドウを結合する 分離したウィンドウを元に戻すには、「ウィ…続きを読む

JAVAの多次元配列

多次元配列とは、配列変数の要素の表現がHareitsu[0]であるのに対し、Hairetsu[0][0]と表すことができる配列変数です。 多次元配列の用途 多次元配列を使うと、ゲームで言うならばマップ…続きを読む

JAVAの条件式で文字列を比較する場合の注意点

JAVAのif文などで条件式において文字列を比較する際には、数値を比較する場合と違う書き方をしなければなりません。 if ( Mojiretsu.equals(“文字列”) {…続きを読む

JAVAでクラスを生成する

JAVAでは、一つのソースファイル(.javaファイル)ごとに最低でも1つのpublicクラスが必要になります。 publicクラスは、1つのソースファイルに1つしか設定できません。 publicでな…続きを読む

JAVAで変数を使う:変数宣言と変数の型

変数とは、プログラム内で利用される「値」を入れるための「器」です。 変数は一定の規則に従えば、任意の名前を付けることができます。 変数はどのように使うのかというと、例えば、Hensuという名前を変数を…続きを読む