HOME技術JAVAEclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する

Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する

統合開発環境(IDE)であるEclipseを使ってJAVAプログラミングを練習していきます。第一弾は、基本中の基本である、「Hello World」を表示する、というものです。

Eclipseの使い方

Eclipseのインストールフォルダ→exlipse.exeを起動すると、Eclipseが表示されます。
まず最初に以下の手順を踏んでJAVAプログラミングをする場所を設定します。

「ファイル」→「新規」→「Javaプロジェクト」を選択します。

836-01

プロジェクト名は、半角英数で適当に名付けます。これから開発するJAVAの保存場所(フォルダ名)になります。

836-02

ここでは「Test001」というプロジェクト名にします。「完了」をクリックします。

836-03

プロジェクト「Test001」が生成されました。

836-04

このプロジェクトにクラスを追加します。Javaの開発では常に「クラス」という単位でプログラムをします。

836-05

まず、パッケージ名を決めます。パッケージ名とは、プロジェクト内でクラスを管理するためのものです。
クラスとは、Javaにおいては、プログラムの単位と考えることができます。ある処理をするプログラム一つ一つをクラスという部品化して、必要な時に呼び出すようにすることにより、同じ処理を様々な場面でさせたいときに、クラスを呼び出して簡略化ができます。

このクラスは山ほどつくってしまうと管理が大変になったり、ダウンロードに時間がかかるようになったりするので、そういうことを避けるためにパッケージに所属させます。

パッケージには任意の名前を付けることができます。ここでは「test001」とします。

次に「名前」に任意の値を入力します。これがクラス名になります。

「どのメソッド・スタブを作成しますか?」には「public static void main(String[] args)」のチェックを入れます。

「コメントの生成」にチェックを入れるとソースコードにコメントが挿入されます。

「完了」をクリックします。

836-06

以下のようなソースコードが生成されます。

836-07

ここでは「Hello, World」を表示させることが目的です。

public static void main(String[] args){
以下に、

System.out.println(“Hello, World”);

と入力します。

836-08

実行メニューから「Javaアプリケーション」として実行します。

836-09

画面下部のコンソールに「Hello, World」と表示されたら成功です。

836-10

なお、コンソール画面が表示されていない場合には、「ウィンドウ」→「ビューの表示」→「コンソール」をクリックします。

次回(JAVAのメソッドとは)

関連記事

JAVAのエスケープシーケンス

例えば、以下のように、ダブルクォーテーションを出力したい場合には、どのように書けばいいでしょうか。 System.out.println(“””); 上のように書い…続きを読む

WindowsにJAVA実行環境「Pleiades」をインストールする

プログラミングを学習するためにJAVAでアプリケーションをつくることにしました。手始めに、Windows 10にJAVAの実行環境をつくります。 Windows 10にJAVAの開発環境をつくる JA…続きを読む

JAVAの配列変数の宣言

配列変数とは、変数を1つのグループとして使う方法です。 変数名は同じだけれど、[1]、[2]、[3]…とその変数の要素を設定できます。 JAVAでは配列変数を以下のように表します。 int[] Hai…続きを読む

JAVAのパッケージ

パッケージとはクラスのさらに上の概念です。 あるパッケージに属するクラスは、同じ名称であっても別のパッケージのクラスとは別物として扱われます。 「aaa」パッケージの「cde」というクラスと、 「bb…続きを読む

JAVAで定数を定義する

JAVAでは変数を宣言した場合、変数の内容は代入する値によって変わっていきます。 しかし、プログラム上、内容を変更したくない変数がある場合には、変数宣言の前に「final」と記述します。 final …続きを読む

JAVAで変数を使う:変数宣言と変数の型

変数とは、プログラム内で利用される「値」を入れるための「器」です。 変数は一定の規則に従えば、任意の名前を付けることができます。 変数はどのように使うのかというと、例えば、Hensuという名前を変数を…続きを読む

JAVAの条件分岐:switch文

if文と並ぶ条件分岐の構文として、もう一つ、switch文があります。 if文が条件が真偽で処理を変える2択(elseifを付ければ複数の選択肢を持たすことができるが)であるのに対し、switch文は…続きを読む

JAVAでクラスを生成する

JAVAでは、一つのソースファイル(.javaファイル)ごとに最低でも1つのpublicクラスが必要になります。 publicクラスは、1つのソースファイルに1つしか設定できません。 publicでな…続きを読む

JAVAのループ処理:do~while文

JAVAのループ文には、while文というものがあります。 while文は、条件式に合致している間、処理を続けるというものです。while文は、まず条件を判定して、その後に処理を行います。 これに対し…続きを読む

JAVAのループ処理:for文

JAVAにおけるループ処理の一つとして、while文のほかに、for文というのがあります。 これはある条件を満たしている場合は決められた処理を繰り返すというところまではwhile文と一緒ですが、条件を…続きを読む