HOME技術JAVAEclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する

Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する

統合開発環境(IDE)であるEclipseを使ってJAVAプログラミングを練習していきます。第一弾は、基本中の基本である、「Hello World」を表示する、というものです。

Eclipseの使い方

Eclipseのインストールフォルダ→exlipse.exeを起動すると、Eclipseが表示されます。
まず最初に以下の手順を踏んでJAVAプログラミングをする場所を設定します。

「ファイル」→「新規」→「Javaプロジェクト」を選択します。

836-01

プロジェクト名は、半角英数で適当に名付けます。これから開発するJAVAの保存場所(フォルダ名)になります。

836-02

ここでは「Test001」というプロジェクト名にします。「完了」をクリックします。

836-03

プロジェクト「Test001」が生成されました。

836-04

このプロジェクトにクラスを追加します。Javaの開発では常に「クラス」という単位でプログラムをします。

836-05

まず、パッケージ名を決めます。パッケージ名とは、プロジェクト内でクラスを管理するためのものです。
クラスとは、Javaにおいては、プログラムの単位と考えることができます。ある処理をするプログラム一つ一つをクラスという部品化して、必要な時に呼び出すようにすることにより、同じ処理を様々な場面でさせたいときに、クラスを呼び出して簡略化ができます。

このクラスは山ほどつくってしまうと管理が大変になったり、ダウンロードに時間がかかるようになったりするので、そういうことを避けるためにパッケージに所属させます。

パッケージには任意の名前を付けることができます。ここでは「test001」とします。

次に「名前」に任意の値を入力します。これがクラス名になります。

「どのメソッド・スタブを作成しますか?」には「public static void main(String[] args)」のチェックを入れます。

「コメントの生成」にチェックを入れるとソースコードにコメントが挿入されます。

「完了」をクリックします。

836-06

以下のようなソースコードが生成されます。

836-07

ここでは「Hello, World」を表示させることが目的です。

public static void main(String[] args){
以下に、

System.out.println(“Hello, World”);

と入力します。

836-08

実行メニューから「Javaアプリケーション」として実行します。

836-09

画面下部のコンソールに「Hello, World」と表示されたら成功です。

836-10

なお、コンソール画面が表示されていない場合には、「ウィンドウ」→「ビューの表示」→「コンソール」をクリックします。

次回(JAVAのメソッドとは)

関連記事

JAVAのローカル変数とグローバル変数

変数には、その有効範囲が定められています。 この有効範囲のことをスコープと言います。 スコープ内では変数を利用できますが、スコープ外ではその変数は存在しないことになり、利用することができません。 ロー…続きを読む

JAVAの条件分岐:if文

条件分岐とは、ある条件を提示して、その条件に合致していたらA、合致していなければBを実行する、という構文で、プログラミングには欠かせないものです。 条件分岐には以下の種類があります。 if文 swit…続きを読む

Eclipseで分離したウィンドウを元に戻す

Eclipseを使って、ウィンドウを分離する場合には、分離したいウィンドウのバーをクリックして、アプリケーション外に移動します。 分離したウィンドウを結合する 分離したウィンドウを元に戻すには、「ウィ…続きを読む

JAVAで定数を定義する

JAVAでは変数を宣言した場合、変数の内容は代入する値によって変わっていきます。 しかし、プログラム上、内容を変更したくない変数がある場合には、変数宣言の前に「final」と記述します。 final …続きを読む

JAVAのメソッド:println()

→関連ページ(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する) →関連ページ(JAVAのメソッドとは) ここからは「Hello World」を表示させたメ…続きを読む

JAVAのループ処理:while文

ある条件を満たしている間は、決められた処理を繰り返す、という命令文が、ループ処理です。 JAVAのループ処理には以下の2つがあります。 while文 do~while文 for文 今回はwhile文に…続きを読む

JAVAのループ処理:do~while文

JAVAのループ文には、while文というものがあります。 while文は、条件式に合致している間、処理を続けるというものです。while文は、まず条件を判定して、その後に処理を行います。 これに対し…続きを読む

JAVAで変数を使う:変数宣言と変数の型

変数とは、プログラム内で利用される「値」を入れるための「器」です。 変数は一定の規則に従えば、任意の名前を付けることができます。 変数はどのように使うのかというと、例えば、Hensuという名前を変数を…続きを読む

JAVAの予約語

プログラム言語で予め使われている名前、たとえば変数の型を示す名前などは、変数名やクラス名として宣言することができません。これらの名前を予約語といいます。 予約語一覧 abstract(修飾子) ass…続きを読む

JAVAの条件分岐:switch文

if文と並ぶ条件分岐の構文として、もう一つ、switch文があります。 if文が条件が真偽で処理を変える2択(elseifを付ければ複数の選択肢を持たすことができるが)であるのに対し、switch文は…続きを読む