HOME技術JAVAJAVAでクラスを生成する

JAVAでクラスを生成する

JAVAでは、一つのソースファイル(.javaファイル)ごとに最低でも1つのpublicクラスが必要になります。
publicクラスは、1つのソースファイルに1つしか設定できません。
publicでないクラスは1つのソースファイル内に複数設定することはできます。

クラスの修飾子

publicクラスは1つのソースファイル内に必ず1つ存在しなければならないクラスで、そのソースファイル名と同じ名前を付けることになっています。

このクラス名の前についている「public」のことを修飾子といいます。
クラス名の前にどのような修飾子がついているかによって、そのクラスの動作範囲が決められます。

public ソースファイルごとに1つだけ、かつソースファイル名と同じ名称でなければならない。他のクラスから使うことができる。
なし 同じパッケージのクラスから使うことができる。
private  インナークラスで設定できる。アウタークラスでのみ使うことができる。
protected  インナークラスで設定できる。アウタークラスまたはアウタークラスを継承したクラスで使うことができる。

このほかにも以下のような修飾子があります。

abstract インスタンス化できないクラスにする
 final 継承できないクラスにする

クラスを別ファイルで管理する

1つのソースファイルにメソッドをたくさん用意して、プログラムを完成させることはもちろん可能です。
しかし、たくさんのメソッドが1つのファイル内に存在すると、複雑な処理のプログラムを作れば作るほど、管理がややこしくなりソースが読みにくくなっていきます。
JAVAでは、別ファイルで生成したクラスも利用することができるため、同じ目的のグループ別にクラス(ファイル)をわけて、その中にメソッドを記述する、といった管理方法を使うことができます。

例えば、以下のようなファイルがあるとします。

main.java

public class main{
public static void main(String[] args) {
String i = “今日は”;
System.out.println ( Bunsho(i) );
}
public static String Bunsho ( String i ){
return ( i + “1月1日です” );
}
}

このBunsho()メソッドを別ファイルで管理したい場合には、以下のように書きます。

main.java

public class main{
public static void main(String[] args) {
String i = “今日は”;
System.out.println ( bunsho.Bunsho(i) );
}
}

bunsho.java

public class bunsho{
public static String Bunsho ( String i ){
return ( i + “1月1日です” );
}
}

main.javaのmain()メソッドでBunsho()メソッドを呼び出す際に、Bunsho()メソッドが書かれているソースファイル名「bunsho」を前につけ、bunsho.java内のBunsho()メソッドであることを明示しなければなりません。

関連記事

JAVAのメソッド:println()

→関連ページ(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する) →関連ページ(JAVAのメソッドとは) ここからは「Hello World」を表示させたメ…続きを読む

JAVAのローカル変数とグローバル変数

変数には、その有効範囲が定められています。 この有効範囲のことをスコープと言います。 スコープ内では変数を利用できますが、スコープ外ではその変数は存在しないことになり、利用することができません。 ロー…続きを読む

JAVAのオペランドと演算子

変数に代入する書式は、通常の計算式のように書きます。 a = b + c; このように書けば、変数aにbとcを加算した結果の値が代入されます。 この、=や+を演算子、それ以外の変数などの値を非演算子(…続きを読む

JAVAの予約語

プログラム言語で予め使われている名前、たとえば変数の型を示す名前などは、変数名やクラス名として宣言することができません。これらの名前を予約語といいます。 予約語一覧 abstract(修飾子) ass…続きを読む

JAVAのループ処理:do~while文

JAVAのループ文には、while文というものがあります。 while文は、条件式に合致している間、処理を続けるというものです。while文は、まず条件を判定して、その後に処理を行います。 これに対し…続きを読む

JAVAの条件式で文字列を比較する場合の注意点

JAVAのif文などで条件式において文字列を比較する際には、数値を比較する場合と違う書き方をしなければなりません。 if ( Mojiretsu.equals(“文字列”) {…続きを読む

JAVAのコメントアウト

コメントアウトとは、プログラムには影響しないただの「メモ」書きのことです。たいていのプログラム言語にはコメントを書くための書式がありますが、言語によって書き方が異なります。今回はJAVAでコメントを書…続きを読む

JAVAでメソッドをつくる

JAVAには既に存在するメソッドのほかに、自分でメソッドを作ることができます。 自分でメソッドを作る際のルールは以下の通りです。 修飾子 戻り値の型 メソッド名(引数) { 処理 } 修飾子とは 修飾…続きを読む

JAVAのメソッドとは

→前回(Eclipseを使ってJAVAで”Hello World”を表示する) 前回は”Hello World”という文字列をコンソールに表示しました。…続きを読む

JAVAの条件分岐:switch文

if文と並ぶ条件分岐の構文として、もう一つ、switch文があります。 if文が条件が真偽で処理を変える2択(elseifを付ければ複数の選択肢を持たすことができるが)であるのに対し、switch文は…続きを読む