HOME技術iPad/iPhoneiPhoneのSafariでキャッシュをクリアする

iPhoneのSafariでキャッシュをクリアする

iPhoneでウェブサイトのCSSを修正して確認しても、反映されないことがあります。
これはブラウザのキャッシュが削除されていないことが原因です。
今回はiPhoneのSafariでキャッシュを削除する方法です。

Safariの全キャッシュを削除

Safariの全キャッシュを削除します。
この方法の方が楽ですが、その代わりすべてのサイトのログイン情報などが削除されます。

「設定」をタップします。

「Safari」をタップします。

「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。

「履歴とデータを消去」をタップします。
これでキャッシュを完全に削除します。

Safariの特定のウェブサイトのキャッシュを削除

上記の方法ではすべてウェブサイトのキャッシュが消えるため、保存しておいたログイン情報なども削除され、不便になることがあります。
以下の方法では特定のウェブサイトのキャッシュだけを削除します。

設定アプリをタップします。

「Safari」をタップします。

「詳細」をタップします。

「Webサイトデータ」をタップします。

「検索」でウェブサイトのドメイン名を入れるか、「WEBサイトデータ」にキャッシュを削除したいウェブサイトが表示されているか確認します。

右上の「編集」をタップします。

削除したいウェブサイトの左側の「―」アイコンをタップします。

「削除」をタップします。
これでキャッシュが削除されました。

関連記事

iPadで信頼されていないエンタープライズデベロッパのアプリを使えるようにする

iPadにiTunes経由などでipaファイルをインストールした際に、「信頼されていないエンタープライズデベロッパ」と表示されアプリを起動できない場合の対処方法です。 iPadに信頼させる iOS13…続きを読む

AndroidとiPhoneでスマホ用のウェブサイトの文字サイズが異なる

ウェブサイトをスマホ対応しようとCSSをつくり、いざ確認してみるとAndroidとiPhoneで文字サイズがかなり違う、ということが起こりました。 iPhoneの方がAndroidよりも小さく、iPh…続きを読む

iPadに保存した画像をコンピュータに保存する

iPadのカメラなどで撮影した画像をコンピュータに移動する方法です。Windows10の場合で説明します。 Windows 10の場合 コンピュータとiPadをつなぎます。 コンピュータに認識されたら…続きを読む

iPadで画面をキャプチャする

iPadで画面をキャプチャする方法です。 画面キャプチャ iPadで画面をキャプチャするには、「ホームボタン」を押しながら「電源ボタン」を押します。 その後、どちらかのボタンを離すとキャプチャされます…続きを読む

iPadにiTunes経由でアプリをインストールする

iPadにWindowsのiTunesを介してアプリをインストールする手順です。 まずiPadをコンピュータとつなぎます。 次にipaファイルを入手してください。自前で開発している場合には、ローカルに…続きを読む