HOME技術IllustratorIllustratorでテキストをアウトライン化するときに線の太さを生かす

Illustratorでテキストをアウトライン化するときに線の太さを生かす

テキストに輪郭線を追加していても、そのままアウトライン化すると反映されません。今回はテキストに輪郭線を設定した場合、その太さのままアウトライン化する方法です。

テキストの輪郭と塗りをアウトライン化してから合体する

まずはテキストを描きます。

549-01

これに線を足して太くします。

549-02

「書式」→「アウトラインを作成」をすると、テキストがアウトライン化します。

549-03

549-04

「オブジェクト」→「分割・拡張」を選択します。

549-05

「塗り」と「線」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

549-06

「パスファインダー」→「合体」でテキストのアウトラインと輪郭線のアウトラインが合体します。

549-07

関連記事

Illustratorで取り込んだ画像にパスを付けてベクター画像に変換する

自分で描いたイラストをIllustratorに取り込んで、線をパスに変換してベクター画像にする方法です。 まず適当に自分で描いたイラストなどをスキャナでスキャンします。拡張子はpngでもjpegでも構…続きを読む

Illustratorでテキストの画像の上に載っている部分だけ反転させる

黒いテキストの画像の上にかかった部分だけ、白くして読みやすくする方法です。 まず画像をベクター化しておきます。 次に、テキストを選択し、「書式」→「アウトライン化」をします。 テキストを選択した後、S…続きを読む