HOME技術IllustratorIllustratorでピクセルに合わせて書き出す

Illustratorでピクセルに合わせて書き出す

Illustratorを使って書き出すときに、ピクセルにきちんと合わずに切れたりはみだしたりした画像が書き出されてしまうことがあります。
ウェブやゲーム用に画像を作る際にはピクセルのずれは致命的なので、ピクセルに合わせてきちんと書き出すための方法を調べました。

ピクセルに合わせて書き出す設定

単位をピクセルにする

「編集」→「環境設定」→「単位」を選択し、
「一般」「線」「書式」「日本語オプション」のすべてを「ピクセル」にします。

キー入力をピクセルにする

「編集」→「環境設定」→「一般」を選択し、
「キー入力」の値を「1px」にします。

表示をピクセルに合わせるようにする

「表示」→「ピクセルプレビュー」をクリックして、チェックを入れます。

「表示」→「ピクセルにスナップ」をクリックして、チェックを入れます。

オブジェクトの位置を整数にする

オブジェクトの位置が、「100.5」など、小数点以下のある位置に配置されていることがあります。
これを「100」などの整数値に入力して、直します。

この数値を変えても、小数点以下が残ってしまう場合は、「ピクセルグリッドに整合」のチェックをはずします。

線を内側か外側にする

オブジェクトの線のプロパティで、「線の位置」を「線を中央に揃える」になっていると、ピクセルの中心から内側と外側に半々ずつ線が引かれた状態になるので、「線を内側に揃える」もしくは「線を外側に揃える」のいずれかに設定します。

関連記事

Illustratorでテキストの画像の上に載っている部分だけ反転させる

黒いテキストの画像の上にかかった部分だけ、白くして読みやすくする方法です。 まず画像をベクター化しておきます。 次に、テキストを選択し、「書式」→「アウトライン化」をします。 テキストを選択した後、S…続きを読む

Illustratorで取り込んだ画像にパスを付けてベクター画像に変換する

自分で描いたイラストをIllustratorに取り込んで、線をパスに変換してベクター画像にする方法です。 まず適当に自分で描いたイラストなどをスキャナでスキャンします。拡張子はpngでもjpegでも構…続きを読む

Illustratorでテキストをアウトライン化するときに線の太さを生かす

テキストに輪郭線を追加していても、そのままアウトライン化すると反映されません。今回はテキストに輪郭線を設定した場合、その太さのままアウトライン化する方法です。 テキストの輪郭と塗りをアウトライン化して…続きを読む