HOME技術ExcelExcel VBA:フォルダを開く

Excel VBA:フォルダを開く

Excelでボタンをクリックしたらフォルダを開くようにするVBAです。

Shell EXPLORERPATH & OPENFOLDER , vbNormalFocus

EXPLORERPATH…エクスプローラーのパス
OPENFOLDER…開きたいフォルダのパス

エクスプローラーのパスには、以下を指定します。

C:\Windows\explorer.exe

現在のExcelファイルのあるフォルダを開く

現在のExcelファイルのあるフォルダを開くには、以下のように書きます。

Shell “C:\Windows\explorer.exe ” & ActiveWorkbook.Path , vbNormalFocus

※注意としては、explorer.exe “の部分は、”の前に半角のスペースが入ることです。

フォルダパスを任意の場所にする

Excelファイルのあるフォルダとは別のフォルダを指定したい場合もあるので、パスを「参照」ボタンを押して指定できるようにします。

まず、ワークシート上に「参照」ボタンを配置します。ここでは名前をSelectFolderとします。

Private Sub SelectFolder_Click()
Dim InitialFolder As String
If Worksheets(SHEETNAME).Range(FOLDER) <> “” Then
InitialFolder = Worksheets(SHEETNAME).Range(FOLDER)
Else
InitialFolder = ThisWorkbook.Path
End If
With Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
.InitialFileName = InitialFolder & “\”
If .Show = True Then
Worksheets(SHEETNAME).Range(FOLDER) = .SelectedItems(1)
End If
End With
End Sub

SHEETNAME…任意のワークシート名。
FOLDER…任意のセル名(A1など)。
このワークシートのセルに、開きたいフォルダのパスが入力されていれば、そのフォルダを開き、何も入力されていなければ、実行しているEXCELファイルの場所を開きます。

3~7行目までのIf文の処理は、「参照」ボタンを押したときに最初に開くパスを指定する処理です。
「参照」ボタンを押したときに、開くフォルダのパスが空欄だった場合には、現在のExcelファイルの場所を設定します。
なお、パスが間違っていて開けるフォルダがない場合には、デフォルトでマイドキュメントが開きます。

8行目以降は、「参照」ボタンを押して開きたいフォルダを選んで「OK」を押したら、そのパスをセル(FOLDER)にセットします。

次に、「フォルダを開く」ボタンを作ります。名前はOpenLocalFolderにします。

Private Sub OpenLocalFolder_Click()
Dim OpenFolder As String
On Error GoTo ERR_HYOJI
OpenFolder = Worksheets(SHEETNAME).Range(FOLDER)
Shell “C:\Windows\explorer.exe ” & OpenFolder , vbNormalFocus
Exit Sub
ERR_HYOJI:
MsgBox “出力フォルダが存在しません。”
End Sub

4行目、OpenFolderには、SelectFolderで指定したパスをセットします。
これで、SHEETNAMEというシートの、FOLDERとして指定したセルに入力されているパスへのフォルダを開きます。

関連記事

Excel VBAで「はい」「いいえ」の条件分岐をする

Excel VBAでメッセージ(質問)を表示して、ユーザに「はい」「いいえ」の選択をさせて、その結果で処理を分岐させる方法です。 if文による条件分岐 条件分岐には以下のようなif文を使います。 If…続きを読む

Excelで複数部印刷しようとしても指定部数印刷されない

Excelを開いて複数部印刷しようとしても、指定部数が印刷されない不具合への対処法です。 例えば、5部印刷しようとしても、1部ないしは2部しか印刷されません。 そして、エラーメッセージとして「【プリン…続きを読む

Excel VBAで他のプログラムを実行し処理が終わってから次の処理をする

CreateObject(“WScript.Shell”).Runを使って他のプログラムを実行する場合、デフォルトだと起動したプログラムの処理が終わる前に次の処理に移ってしまい…続きを読む

Excelで開発タブを表示する

ExcelでVBAをつくるときに「開発」メニューを使いますが、最初は表示されていません。 「開発」を表示するには、Excelを起動して、「ファイル」→「オプション」→「リボンのユーザー設定」から、「リ…続きを読む

Excel VBA:最終行番号を取得する

Excelでデータ管理をしていて、VBAでその全データに対して何らかの処理を行う場合、1行目から最終行までループさせて処理を1行ずつ行う場合には、最終行を取得する必要があります。 今回は、最終行を取得…続きを読む

Excelのフォームのタブオーダーを指定する

Excelでフォームを設定し、部品を複数配置していると、タブキーやEnterキーを押すと次の部品にフォーカスを飛ばすことができます。 この順序が意図したとおりでない場合に、自分で設定する方法を調べまし…続きを読む

Excel VBAでフィルタの絞り込みを解除する

ExcelVBAを使って、フィルタで絞り込んだ内容を解除する方法です。 VBAコード If Worksheets(“シート名”).FilterMode Then Workshe…続きを読む

Excel VBAでコマンドプロンプトを起動しコマンドを実行する

Excel VBAでコマンドプロンプトを起動し、かつコマンドを実行する方法です。 コマンドプロンプトの実行 コマンドプロンプトを実行するには以下のように書きます。 CreateObject (&#82…続きを読む

Excel VBAでログイン管理をする

Excelを開いたときに「閲覧のみ」ユーザか「管理者」ユーザかを選び、「閲覧のみ」ユーザの場合にはExcelを閉じるときに保存できないようにして、「管理者」ユーザの場合には、Excelを閉じるときに変…続きを読む

Excelでセルに入力できる文字数制限を設定する

Excelで、セルに入力できる字数の制限を設定する方法です。 全角・半角問わず字数制限する メニューから「データ」を選択し「データの入力規則」をクリックします。 データの入力規則設定画面で、「設定」タ…続きを読む