HOME技術ExcelExcelでセルに入力できる文字数制限を設定する

Excelでセルに入力できる文字数制限を設定する

Excelで、セルに入力できる字数の制限を設定する方法です。

全角・半角問わず字数制限する

メニューから「データ」を選択し「データの入力規則」をクリックします。

601-01

データの入力規則設定画面で、「設定」タブを開き、「入力値の種類」を「文字列(長さ指定)」にし、「データ」を「次の値以下」にして、「最大値」を制限したい字数にします。

601-02

セルに制限した字数以上を入力して確定した場合、以下のようなエラーメッセージが出ます。

601-03

この設定の場合は、全角・半角の別を問わず、入力した字数でカウントします。

全角は2文字分、半角は1文字分でカウントして制限する

全角文字の場合は2文字分、半角文字の場合は1文字分としてカウントさせたい場合には、以下のように設定します。

データの入力規則設定画面を開き、「設定」タブ以下、「入力値の種類」を「ユーザー設定」にして、「数式」を「=lenb(a1)<=10」とします。

601-04

この場合、「a1セルに入力された値が半角10文字以内」に制限するという意味になります。全角の場合は5文字ということになります。

なお、複数セルに設定したい場合は、設定したい範囲を予め指定して、起点となるセルをlenb(**)の**の値に指定します。
たとえば、A列全体に適用したい場合には、A列を選択した状態で、lenb(a1)<=10とします。

関連記事

Excel:ハイパーリンクで別ファイルを開く

Excelにおいて、別ファイルにハイパーリンクを付けて、リンクをクリックすると指定したファイルが開くようにします。 通常のハイパーリンクの作成の場合だと、セルの上で右クリック→「リンク」をクリックして…続きを読む

Excel VBAでシートを並び替える

ExcelVBAでシート内のデータを並び替える方法です。 VBAのコード Endrow  = Worksheets(SheetName).Range(“A1”).End(xlD…続きを読む

Excelで複数部印刷しようとしても指定部数印刷されない

Excelを開いて複数部印刷しようとしても、指定部数が印刷されない不具合への対処法です。 例えば、5部印刷しようとしても、1部ないしは2部しか印刷されません。 そして、エラーメッセージとして「【プリン…続きを読む

Excel VBAでコマンドプロンプトを起動しコマンドを実行する

Excel VBAでコマンドプロンプトを起動し、かつコマンドを実行する方法です。 コマンドプロンプトの実行 コマンドプロンプトを実行するには以下のように書きます。 CreateObject (&#82…続きを読む

Excel VBA:フィルタを操作して絞り込む

Excel VBAでフィルタ操作をして、行を絞り込みむ方法です。 コード Sub autoFilter(Retsu, Atai) Worksheets(“シート名”).Rang…続きを読む

Excel VBAでログイン管理をする

Excelを開いたときに「閲覧のみ」ユーザか「管理者」ユーザかを選び、「閲覧のみ」ユーザの場合にはExcelを閉じるときに保存できないようにして、「管理者」ユーザの場合には、Excelを閉じるときに変…続きを読む

Excel VBAで「はい」「いいえ」の条件分岐をする

Excel VBAでメッセージ(質問)を表示して、ユーザに「はい」「いいえ」の選択をさせて、その結果で処理を分岐させる方法です。 if文による条件分岐 条件分岐には以下のようなif文を使います。 If…続きを読む

Excelで起動時にフォームのみ表示する

Excelで起動時にフォームを表示し、Excelそのものの表画面は非表示にする方法です。 起動時にフォームを表示する 「開発」→「コードの表示」から「Microsoft Visual Basic fo…続きを読む

Excel:「このファイルのソースが信頼できないため、Microsoftによりマクロの実行がブロックされました」と表示される

メールに添付されたマクロ付きExcelファイルを開いたところ、 「このファイルのソースが信頼できないため、Microsoftによりマクロの実行がブロックされました」と表示され、マクロが実行できなくなっ…続きを読む

Excel VBA:指定した列を非表示にする

Excel VBAで、予め指定した列を非表示にします。 コード hiddenColumn = Array(3, 4, 5, 6) For i = 0 To UBound(hiddenColumn) W…続きを読む