HOME技術ExcelExcelでセルに入力できる文字数制限を設定する

Excelでセルに入力できる文字数制限を設定する

Excelで、セルに入力できる字数の制限を設定する方法です。

全角・半角問わず字数制限する

メニューから「データ」を選択し「データの入力規則」をクリックします。

601-01

データの入力規則設定画面で、「設定」タブを開き、「入力値の種類」を「文字列(長さ指定)」にし、「データ」を「次の値以下」にして、「最大値」を制限したい字数にします。

601-02

セルに制限した字数以上を入力して確定した場合、以下のようなエラーメッセージが出ます。

601-03

この設定の場合は、全角・半角の別を問わず、入力した字数でカウントします。

全角は2文字分、半角は1文字分でカウントして制限する

全角文字の場合は2文字分、半角文字の場合は1文字分としてカウントさせたい場合には、以下のように設定します。

データの入力規則設定画面を開き、「設定」タブ以下、「入力値の種類」を「ユーザー設定」にして、「数式」を「=lenb(a1)<=10」とします。

601-04

この場合、「a1セルに入力された値が半角10文字以内」に制限するという意味になります。全角の場合は5文字ということになります。

なお、複数セルに設定したい場合は、設定したい範囲を予め指定して、起点となるセルをlenb(**)の**の値に指定します。
たとえば、A列全体に適用したい場合には、A列を選択した状態で、lenb(a1)<=10とします。

関連記事

Excelで起動時にフォームのみ表示する

Excelで起動時にフォームを表示し、Excelそのものの表画面は非表示にする方法です。 起動時にフォームを表示する 「開発」→「コードの表示」から「Microsoft Visual Basic fo…続きを読む

Excel VBAで「はい」「いいえ」の条件分岐をする

Excel VBAでメッセージ(質問)を表示して、ユーザに「はい」「いいえ」の選択をさせて、その結果で処理を分岐させる方法です。 if文による条件分岐 条件分岐には以下のようなif文を使います。 If…続きを読む

Excel VBA:フィルタを操作して絞り込む

Excel VBAでフィルタ操作をして、行を絞り込みむ方法です。 コード Sub autoFilter(Retsu, Atai) Worksheets(“シート名”).Rang…続きを読む

Excel VBA:最終行番号を取得する

Excelでデータ管理をしていて、VBAでその全データに対して何らかの処理を行う場合、1行目から最終行までループさせて処理を1行ずつ行う場合には、最終行を取得する必要があります。 今回は、最終行を取得…続きを読む

Excel VBA:指定した列を非表示にする

Excel VBAで、予め指定した列を非表示にします。 コード hiddenColumn = Array(3, 4, 5, 6) For i = 0 To UBound(hiddenColumn) W…続きを読む

Excelで数式のみをコピーする

Excelで数式だけをコピーして貼り付ける方法です。 以下のように、セルC6に入力されている数式を、セルD6にコピーしたい場合、セルの右下をドラッグしてD6に持っていくと枠線やセルの背景色などの余計な…続きを読む

Excel VBA:特定のシートをコピーして別ブックを生成する

Excel VBAで、特定のシートの値をすべてコピーして、新しい別のExcelブックを生成してそのシートに貼りつけます。 なお、ブックを生成した後は、各自で保存します。 コード Worksheets(…続きを読む

Excel VBAでフィルタの絞り込みを解除する

ExcelVBAを使って、フィルタで絞り込んだ内容を解除する方法です。 VBAコード If Worksheets(“シート名”).FilterMode Then Workshe…続きを読む

Excel VBAで他のプログラムを実行する際にウィンドウを最小化する

Excel VBAで他のプログラムを実行した際に、実行しているプログラムのウィンドウを最小化表示にする方法です。 CreateObject(“WScript.Shell”).R…続きを読む

Excel VBAで他のプログラムを実行し処理が終わってから次の処理をする

CreateObject(“WScript.Shell”).Runを使って他のプログラムを実行する場合、デフォルトだと起動したプログラムの処理が終わる前に次の処理に移ってしまい…続きを読む