HOME技術ExcelExcel VBA:メールを送信する

Excel VBA:メールを送信する

Excel VBAからメールを送信するボタンをつくります。
パスワードロックをかけたブックを利用していて、パスワードがわからなくなったらメールを送信してパスワードを教える機能を付けようと思い、調べました。
調べた後に、パスワードロックをしても突破する方法がいくつもあることを知り、パスワードロックをかけること自体無意味なことかと考えています…

CDO(Microsoft Collaboration Data Objects)を使用可能にする

「開発」メニューよりデザインモードにして、「挿入」→「ActivXコントロール」→「コマンドボタン(ActiveXコントロール)」を設置します。
右クリックしてプロパティを開いて、オブジェクト名を「sendMail」、Captionを「メール送信」にします。

デザインモードのまま、配置したボタンをダブルクリックしてVBAのコード入力画面を開きます。

「ツール」→「参照設定」を指定します。

「参照可能なライブラリファイル」の一覧から「Microsoft CDO for Windows 2000 Library」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

コード

Dim sendMailObject As New CDO.Message
With sendMailObject
With .Configuration.Fields
.Item(cdoSMTPServer) = “xxx.xxx.xxx” ‘ SMTPサーバ
.Item(cdoSendUsingMethod) = “cdoSendUsingPort”
.Item(cdoSMTPServerPort) = 587 ‘ 送信ポート名
.Item(cdoSMTPConnectionTimeout) = 60 ‘ タイムアウト時間
.Item(cdoSMTPAuthenticate) = cdoBasic ‘ SMTP認証の種類
.Item(cdoSMTPUseSSL) = False ‘ SSL
.Item(cdoSendUserName) = “xxxxxxx” ‘ 送信ユーザアカウント名
.Item(cdoSendPassword) = “xxxxxx” ‘ 送信パスワード
.Item(cdoLanguageCode) = CdoCharset.cdoShift_JIS ‘ 文字コード
.Update
End With
With .Fields
.Item(“urn:schemas:mailheader:X-Priority”)= 1
.Item(“urn:schemas:mailheader:X-MsMail-Priority”)= “High”
.Update
End With
.MDNRequested = False ‘ 開封確認
.MimeFormatted = True ‘ MIMEを使った書式設定
.From = “xxx@xxx.xxx” ‘ 送信元メールアドレス
.To = “xxx@xxx.xxx” ‘ 宛先メールアドレス
.Subject = “xxxxxx” ‘ メール件名
.TextBody = “xxxxx” ‘ メール本文
.Send
End With
Set sendMailObject = Nothing
End Sub

メール送信をする際には、送信用のユーザアカウント、パスワード、SMTPサーバ名が必要です。
cdoSMTPUseSSLはSSLを使った送信をするか否かを指定するものです。
SSLを使う場合にはTrueを指定しますが、エラーが出る場合もあります。
送信元メールアドレスは、架空のメールアドレスでもいいので、xxx@xxx.xxxという形式の指定をします。指定がおかしいとエラーが出ます。

関連記事

Excelで計算式を入れたセルに計算結果が反映されない

Excelで計算式を予め設定していたにもかかわらず、数値を入力してもそのセルに計算結果が反映されない時があります。 通常、自動計算する設定になっていますが、これが手動計算に変わっていることが原因です。…続きを読む

Excelでセルに入力できる文字数制限を設定する

Excelで、セルに入力できる字数の制限を設定する方法です。 全角・半角問わず字数制限する メニューから「データ」を選択し「データの入力規則」をクリックします。 データの入力規則設定画面で、「設定」タ…続きを読む

Excel:ハイパーリンクで別ファイルを開く

Excelにおいて、別ファイルにハイパーリンクを付けて、リンクをクリックすると指定したファイルが開くようにします。 通常のハイパーリンクの作成の場合だと、セルの上で右クリック→「リンク」をクリックして…続きを読む

Excel VBAでフィルタの絞り込みを解除する

ExcelVBAを使って、フィルタで絞り込んだ内容を解除する方法です。 VBAコード If Worksheets(“シート名”).FilterMode Then Workshe…続きを読む

Excel VBA:最終行番号を取得する

Excelでデータ管理をしていて、VBAでその全データに対して何らかの処理を行う場合、1行目から最終行までループさせて処理を1行ずつ行う場合には、最終行を取得する必要があります。 今回は、最終行を取得…続きを読む

Exdel VBA:グローバル変数の指定

Excel VBAでグローバル変数を設定する方法です。 プロシージャ内で宣言した変数は、そのプロシージャ内でしか通用しません。 すべてのプロシージャから参照するような定数を設定する場合には、以下のよう…続きを読む

Excel VBAでログイン管理をする

Excelを開いたときに「閲覧のみ」ユーザか「管理者」ユーザかを選び、「閲覧のみ」ユーザの場合にはExcelを閉じるときに保存できないようにして、「管理者」ユーザの場合には、Excelを閉じるときに変…続きを読む

Excel VBA:特定のシートをコピーして別ブックを生成する

Excel VBAで、特定のシートの値をすべてコピーして、新しい別のExcelブックを生成してそのシートに貼りつけます。 なお、ブックを生成した後は、各自で保存します。 コード Worksheets(…続きを読む

Excel:起動時に「MICROSOFT365を試す」と表示される

MicrosoftExcel2016を使っていて、あるときから起動時に「MICROSOFT365を試す 1TBのクラウドストレージで、ファイルを安全に保護し、ファイルにいつでもアクセスできるようになり…続きを読む

Excel:改行を含むテキストを置換する

Microsoft Excelで、セルの中で改行しているテキストを置換する方法です。 以下のように、 あああ いいい という改行を含むテキストを「おおお」というテキストに置換します。 改行を含めたテキ…続きを読む