HOME技術AndroidAndroidアプリ:入力された数値を足して表示する

Androidアプリ:入力された数値を足して表示する

2つのテキストボックスに入力した数値を受け取り、それぞれを足した結果を表示するアプリをつくります。

ここではレイアウト定義ファイルを「activity_main.xml」、
プログラムファイルを「MainActivity.java」とします。

部品の配置

「activity_main.xml」を「Design」タブで開き、「Pallet」欄の「Text」から「Number」を2回、デザインビューにドラッグします。
それぞれのIDを「editText1」「editText2」にします。

「Widgets」から「TextView」を1回、ドラッグします。
「ID」を「textView」にします。

「Widgets」から「Button」を1回、ドラッグします。
「onClick」を「calcNum」にします。

このままだとすべて左寄せで表示されてしまうので、それぞれの部品を右クリックして「Center Horizontally」及び「Center Vertically」を指定します。

中央ぞろえになるので、他の部品と重ならないような位置に移動して調整します。

ソースコード

「MainActivity.java」を開き、

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.activity_main);
}

以下に、

public void calcNum(View view){
EditText editText1=(EditText)findViewById(R.id.editText1);
EditText editText2=(EditText)findViewById(R.id.editText2);
String str1 = editText1.getText().toString();
String str2 = editText2.getText().toString();
int num1 = Integer.parseInt(str1);
int num2 = Integer.parseInt(str2);
int result = num1 + num2;
TextView textView1 = (TextView)findViewById(R.id.textView);
String str3 = String.valueOf(result);
textView1.setText(str3);
}

と入力します。
EditText型を宣言したeditText1とeditText2は、入力フォームである、「editText1」および「edtiText2」への参照を受け取ります。

String型のstr1とstr2で、editText1とeditText2のテキストを受け取ります。

int型のnum1とnum2に、str1とstr2のテキストを数値に変換して格納します。

int型のresultにnum1とnum2を計算した値を格納します。

TextView型のtextView1は、画面上のtextViewへの参照を受け取ります。
String型のstr3にresultの値を文字列として格納します。

textViewにstr3の値を表示します。

結果

editText1に「55」、editText2に「2」を入れて、「BUTTON」をタップすると、「57」が中央に表示されました。

関連記事

Androidアプリを実機で確認する

AndroidアプリをAndroid Studioで開発した際に、実際のスマホの画面で動作確認する方法です。 スマホの設定 以下はArrows FX F-02Hの設定方法です(開発者向けオプションを表…続きを読む

Androidアプリ:ボタンやEditTextに背景色・枠線をつける

Android Studioで、ボタンやEditTextに背景色や枠線をつける方法です。 コントロールの見た目の設定をするには、別途専用のxmlファイルを生成して、そこに書いた設定を読み込むようにしま…続きを読む

Androidアプリ:レイアウトの途中にスクロールを入れる

Androidアプリで以下のようなレイアウトを組む方法です。 weightSumを使う 上、中央、下のパーツに分けて、上下のパーツは固定、中央のパーツはスクロール可能にします。 最初にLinearLa…続きを読む

Androidアプリ:Android StudioでデバッグしようとするとPlease select Android SDKと表示される

Android Studioを使っていて、動作確認するために実行(run)をすると、ADVが起動せず、「Error: Please select Android SDK」と表示されてしまった場合の復旧…続きを読む

Androidアプリ:画面をタップしたら文字を入れ替える

画面をタップしたら文字を入れ替えるアプリをつくります。 今回はタッチイベントを取得する方法を調べました。 ここではレイアウト定義ファイルを「activity_main.xml」、 プログラムファイルを…続きを読む

Androidアプリ:画面の高さと幅を取得する

Andoroidで、画面の高さと幅を取得する方法です。 MainActivity.java Android端末の画面サイズ(高さと幅)を表示します。 public class QuestionActi…続きを読む

Androidアプリ:テキストをリスト表示する

Androidアプリで、ListViewを使い、配列に格納したテキストをリスト表示します。 MainActivity.java import android.app.Activity; import …続きを読む

Androidアプリ:String型の変数に格納した画像や音声ファイル名から表示・再生する

Android Studioを使って画像ファイル名や音声ファイル名から、ImageViewで画像を表示したりMediaPlayerで音声再生する方法です。 String型の変数に、画像ファイル名もしく…続きを読む

Androidアプリ:AndroidXに対応する

2018年に、AndroidのSupportLibraryは、AndroidXに移行することが発表されました。 AndroidXとは Support Libraryとは簡単に言うと、Androidアプ…続きを読む

Androidアプリ:ストアの掲載情報

Androidアプリのプログラムが完成したらすぐにGoogle Playにアップロードできるわけではありません。 プログラム以外に必要なデータを以下にリストアップしました。 ストアの掲載情報として必要…続きを読む