HOME技術AndroidAndroidアプリ:入力された数値を足して表示する

Androidアプリ:入力された数値を足して表示する

2つのテキストボックスに入力した数値を受け取り、それぞれを足した結果を表示するアプリをつくります。

ここではレイアウト定義ファイルを「activity_main.xml」、
プログラムファイルを「MainActivity.java」とします。

部品の配置

「activity_main.xml」を「Design」タブで開き、「Pallet」欄の「Text」から「Number」を2回、デザインビューにドラッグします。
それぞれのIDを「editText1」「editText2」にします。

「Widgets」から「TextView」を1回、ドラッグします。
「ID」を「textView」にします。

「Widgets」から「Button」を1回、ドラッグします。
「onClick」を「calcNum」にします。

このままだとすべて左寄せで表示されてしまうので、それぞれの部品を右クリックして「Center Horizontally」及び「Center Vertically」を指定します。

中央ぞろえになるので、他の部品と重ならないような位置に移動して調整します。

ソースコード

「MainActivity.java」を開き、

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.activity_main);
}

以下に、

public void calcNum(View view){
EditText editText1=(EditText)findViewById(R.id.editText1);
EditText editText2=(EditText)findViewById(R.id.editText2);
String str1 = editText1.getText().toString();
String str2 = editText2.getText().toString();
int num1 = Integer.parseInt(str1);
int num2 = Integer.parseInt(str2);
int result = num1 + num2;
TextView textView1 = (TextView)findViewById(R.id.textView);
String str3 = String.valueOf(result);
textView1.setText(str3);
}

と入力します。
EditText型を宣言したeditText1とeditText2は、入力フォームである、「editText1」および「edtiText2」への参照を受け取ります。

String型のstr1とstr2で、editText1とeditText2のテキストを受け取ります。

int型のnum1とnum2に、str1とstr2のテキストを数値に変換して格納します。

int型のresultにnum1とnum2を計算した値を格納します。

TextView型のtextView1は、画面上のtextViewへの参照を受け取ります。
String型のstr3にresultの値を文字列として格納します。

textViewにstr3の値を表示します。

結果

editText1に「55」、editText2に「2」を入れて、「BUTTON」をタップすると、「57」が中央に表示されました。

関連記事

Androidアプリ:数値型のViewの値がNullか0以下かを判定する

Android Studioで数値型のEditTextのViewを配置して、値を取得した場合に、その値がNull値(空)もしくは0以下であるか否かを判定する方法です。 Null判定にlength()を…続きを読む

Androidアプリ:アダプティブアイコンに対応する

AndroidではOS 8.0からAdaptiveアイコン(アダプティブアイコン)というアイコンを用意する必要がでてきました。 これまでの通常のアイコン、ラウンドアイコンに加えて、アダプティブアイコン…続きを読む

Androidアプリ:ボタンをタップして別画面に遷移する

ボタンをタップしたら別画面に遷移させる方法です。 以下の例では、メイン画面の「ボタン」をクリックすると、サブ画面に移動し、サブ画面の「終了」ボタンを押すとメイン画面に戻ってきます。 メイン画面 act…続きを読む

Androidアプリ:ERROR: This project uses AndroidX dependencies, but the ‘android.useAndroidX’ property is not enabled.

Android Studioでビルドしようとしたら、「ERROR: This project uses AndroidX dependencies, but the ‘android.us…続きを読む

Androidアプリ:AndroidXに対応する

2018年に、AndroidのSupportLibraryは、AndroidXに移行することが発表されました。 AndroidXとは Support Libraryとは簡単に言うと、Androidアプ…続きを読む

Androidアプリ:画面の高さと幅を取得する

Andoroidで、画面の高さと幅を取得する方法です。 MainActivity.java Android端末の画面サイズ(高さと幅)を表示します。 public class QuestionActi…続きを読む

Androidアプリ:レイアウトの途中にスクロールを入れる

Androidアプリで以下のようなレイアウトを組む方法です。 weightSumを使う 上、中央、下のパーツに分けて、上下のパーツは固定、中央のパーツはスクロール可能にします。 最初にLinearLa…続きを読む

Androidアプリ:ボタンやEditTextに余白(パディング)を設定する

Android StudioでボタンやEditTextに余白(パディング)を設定します。 余白の設定はレイアウトファイル(activity_main.xml)を編集します。 activity_main…続きを読む

Androidアプリ:ボタンの仕様を1つのxmlファイルにまとめる

Android Studioで、ボタンなどの色や形の指定をする際、1つのxmlファイルで、ボタンを押したときと押していないときの状態を指定する方法です。 xmlファイルの指定 Android Stud…続きを読む

Androidアプリ:フォーカスをあてたEditTextのテキストを全選択する

Android StudioでEditTextにフォーカスが当たったと同時に、既に入力されている文字列をすべて選択した状態にする方法です。 EditTextタグに以下のコードを追加 android:s…続きを読む