HOME技術AndroidAndroidアプリ:ストアの掲載情報

Androidアプリ:ストアの掲載情報

Androidアプリのプログラムが完成したらすぐにGoogle Playにアップロードできるわけではありません。
プログラム以外に必要なデータを以下にリストアップしました。

ストアの掲載情報として必要なもの

1.タイトル(テキスト)

50文字以内でアプリのタイトルを入力します。

2.簡単な説明(テキスト)

80文字以内でアプリの説明を入力します。

3.詳しい説明(テキスト)

4000文字以内でアプリの詳細な説明を入力します。

4.スクリーンショット(JPEGまたはPNG(24ビット以上アルファなし))

最低でも2枚のスクリーンショットが必要です。
サイズは1辺の最小の長さが320px、最大の長さが3840pxです。
それぞれ、電話、タブレット、ANDROID TV、WEAR OSの4つにつき、8枚までアップすることができます。
スマホアプリとしてリリースするのであれば、「電話」の欄に2枚以上の画像ファイルをアップします。

5.高解像度アイコン(PNG(32ビット、アルファ付き))

512 x 512ピクセルのアイコン画像をアップします。

6.ヘッダー画像(JPEG又はPNG(24ビット、アルファなし)

横1024 x 縦512ピクセルの画像をアップします。

このほか、プロモーション画像、テレビバナー、Daydreamの360度立体画像などは必須ではありません。

プログラム用のアイコンとして必要なもの

通常のアイコン

48dp x 48dpで作成します。
mdpiを基準としてほかの解像度は倍率が指定されています。
なお、48 x 48を基準としていますが、48の倍数であれば規準を48以外の数値に変えても構いません。

ピクセル数 dpi 倍率
192 x 192 xxxhdpi(640dpi) 4
144 x 144 xxhdpi(480dpi) 3
96 x 96 xhdpi(320dpi) 2
72 x 72 hdpi(240dpi) 1.5
48 x 48 mdpi(160dpi) 1
36 x 36 ldpi(120dpi) 0.75

アダプティブアイコン

108dp x 108dpでつくります。

ピクセル数 dpi 倍率
432 x 432 xxxhdpi(640dpi) 4
324 x 324 xxhdpi(480dpi) 3
216 x 216 xhdpi(320dpi) 2
162 x 162 hdpi(240dpi) 1.5
108 x 108 mdpi(160dpi) 1
81 x 81 ldpi(120dpi) 0.75

関連記事

Androidアプリ:アダプティブアイコンに対応する

AndroidではOS 8.0からAdaptiveアイコン(アダプティブアイコン)というアイコンを用意する必要がでてきました。 これまでの通常のアイコン、ラウンドアイコンに加えて、アダプティブアイコン…続きを読む

Androidアプリ:error: expected color reference but got (raw string)

Android Studioでビルドした際に、C:\android\project\***\app\src\main\res\values\styles.xml: AAPT: error: expec…続きを読む

Androidアプリ:数値型のViewの値がNullか0以下かを判定する

Android Studioで数値型のEditTextのViewを配置して、値を取得した場合に、その値がNull値(空)もしくは0以下であるか否かを判定する方法です。 Null判定にlength()を…続きを読む

Androidアプリ:String型の変数に格納した画像や音声ファイル名から表示・再生する

Android Studioを使って画像ファイル名や音声ファイル名から、ImageViewで画像を表示したりMediaPlayerで音声再生する方法です。 String型の変数に、画像ファイル名もしく…続きを読む

Androidアプリ:ボタンやEditTextを角丸にする

Android StudioでボタンやEditTextを配置して、角丸にします。 角丸や色などを指定する場合には、それ専用のxmlファイルを別途用意し、読み込ませるようにします。 ボタンの背景色と角丸…続きを読む

Androidアプリ:動画を再生する

Androidアプリで動画を再生する方法です。 読み込み時は最初の1コマ目をプレビューしている状態で静止しています。 MainActivity.java javaのソースには以下のように記します。 こ…続きを読む

Androidアプリ:AndroidXに対応する

2018年に、AndroidのSupportLibraryは、AndroidXに移行することが発表されました。 AndroidXとは Support Libraryとは簡単に言うと、Androidアプ…続きを読む

Androidアプリ:Firebaseを利用したAdMobの実装方法

AndroidアプリでFirebaseを利用したAdMobの実装方法を調べました。 なお、FirebaseおよびAdMobには既にユーザ登録済みであることを想定しています。 未登録の場合は先に登録して…続きを読む

Androidアプリ:特定のViewに最初のフォーカスをあてる

Android Studioにおいて、起動時に特定のViewにフォーカスをあてる方法です。 activity_main.xmlで設定 レイアウト定義ファイル(activity_main.xml)におい…続きを読む

Androidアプリ:内部テスト版をリリースする

Androidアプリで完成したものをすぐに公開する前に、内部テスト版としてリリースして動作確認をする方法です。 内部テスト版リリース方法 Google Play Consoleにログインして、「すべて…続きを読む