HOME技術AccessMicrosoftAccess:リンクテーブルのアドレスをIPアドレスにする

MicrosoftAccess:リンクテーブルのアドレスをIPアドレスにする

MicrosoftAccessでリンクテーブルを設定しているときに、リンクテーブルの参照先をIPアドレスで指定する方法です。

VPN接続で外部からネットワークにアクセスする際に、アクセスするPCの指定が、コンピュータ名では認識せず、IPアドレスでないといけないため、調べてみました。

IPアドレスを指定する

通常、リンクテーブルを設定すると、[コンピュータ名]\xxx.mdb
などという、コンピュータ名で設定されますが、
手動で設定するとIPアドレスを指定できます。

「外部データ」→「リンクテーブルマネージャー」を起動して、既にリンクされているテーブルの一覧を表示します。

リンク先を変更したいテーブルにチェックを入れて、
「リンク先を更新するためのプロンプトを毎回表示する」にもチェックをいれます。
「OK」をクリックします。

テーブルの新しい場所を選択する画面が表示されます。
このときにリンクをたどって指定するとコンピュータ名が反映されてしまいます。
\\192.168.1.1\
のように、IPアドレスをパスを入力する部分に入力してからたどっていくと、IPアドレスが設定されます。

最後にAccessのファイルを指定して「開く」をクリックすればリンクテーブルの設定が修正されます。

関連記事

Access Runtimeでファイルを起動すると「セキュリティに影響を及ぼす可能性のある問題点が検知されました。」と表示される

Microsoft AccessのRuntimeをインストールして、RuntimeのみでAccessのファイルを起動すると、 「Microsoft Accessのセキュリティに関する通知 『セキュリテ…続きを読む

Accessで「式に未定義関数××があります」と表示される

Accessを開いて関数が設定されているクエリなどを開いたときに、「式に未定義関数~があります」と表示され、実行できないことがあります。 これは、Microsoft Office 2003または200…続きを読む

Accessを開こうとすると「オブジェクト***が見つかりませんでした」と表示され起動できない

Accessを開こうとすると「オブジェクト***が見つかりませんでした。オブジェクトが存在していること、名前やパス名が正しいことを確認してください。***がローカルオブジェクトでない場合は、ネットワー…続きを読む