HOME生活感想パレートの誤算:柚月裕子

パレートの誤算:柚月裕子

「パレートの誤算」は、NHKのドラマ化もされたということなのできっと面白いのだろうと思い読んでみました。

パレートとは、「パレートの法則」を考えたイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートの名前です。
「世の中の出来事は、20%で回っている」という考え方で、例えば、ある会社の売上の80%は20%の顧客が払っている、というような考え方で、80対20の法則ともいわれます。

この小説は生活保護受給の闇をテーマにしています。
舞台はある市役所の社会福祉課で、主人公は新人の女性・牧野聡美。
本人は社会福祉課で生活保護の仕事をする気はなく、配属されてがっかりしています。
生活保護を受給している人たちには、働きもせず努力もせず、支給されるや否やパチンコなどに使ってしまうような人もおり、そういう現実に嫌気を感じながら仕事をする中、ベテランケースワーカーの山川に、やりがいがあることを教えられ、尊敬の気持ちを抱きます。
しかし、ある日、山川は火事に巻き込まれ死んでしまいます。
徐々に判明していく、山川と反社組織とのつながり、牧野は山川の死の真相を知るために仕事を利用して探偵のように調べていきます…という内容です。

最終的に、序盤で疑問点とされた伏線が回収されていくのですが、その回収の仕方がかなり大雑把だったかなというのが残念なポイントです。
例えば山川の腕時計とか。
それでもサスペンスとしてとても面白く、ドラマ化も頷ける内容でした。

関連記事

すべてがFになる:森博嗣

「すべてがFになる」は、過去に両親殺害を疑われる天才科学者の殺害がどうして起こったのか、を解決していく話です。 テンポよく話が進むため非常に読みやすいと感じました。 違和感があったのは、登場人物のほと…続きを読む

殺人鬼フジコの衝動:真梨幸子

サスペンス物を読むのが楽しくなってたどり着いてしまった一冊、それが「殺人鬼フジコの衝動」でした。 この本、だいぶ胸糞悪くなる描写が多いです。 とにかくフジコの生い立ちが酷いし、学校でのいじめも酷いです…続きを読む

むらさきのスカートの女:今村夏子

「何も起こらないのに面白いとTikTokで話題沸騰!」という帯に惹かれ、あらすじをチェックすると、主人公がいつも近所でみかける「むらさきのスカートの女」と友達になりたいが故に、自分の職場に就職するよう…続きを読む

さかなのこ(映画)

さかなクンの自伝「さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生! 」を元に映画化したものが「さかなのこ」です。 最初、映画館の広告でこれをみたときに、おもしろそうだなと思いました。 短期間に再び映画館に行…続きを読む

ゴーストブック おばけずかん(映画)

映画館で本編を見る前にやっている予告編を見ているときに、このゴーストブックが流れ、実写であることで面白そうだなと思い、子供に薦めて見に行ってみました。 出演に新垣結衣が出ているところも売りなのでしょう…続きを読む

仮面ライダーBLACK SUN(AMAZON PRIME VIDEOドラマ)

西島秀俊・中村倫也主演のAmazon Prime Video限定ドラマ「仮面ライダーBLACK SUN」が、2022年11月1日から放映されたので見てみました。 元は仮面ライダーBLACKという、平成…続きを読む

さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!:さかなクン

映画「さかなのこ」を見たので、今度は原作を読んでみました。 さかなクンの半生を綴った自伝です。 こちらがほぼ実話だとするならば、映画はかなりフィクションが入っていました。映画の場合には、明らかにフィク…続きを読む

ワンダー:R・J・パラシオ

初夏に本屋に行くと、若年層のコーナーには、夏休みの読書感想文用に推薦図書が並びます。 ワンダーはその中に、5・6年生用ということで置かれていました。 全く内容は知らなかったのですが、表紙が気になって少…続きを読む

64(ロクヨン):横山秀夫

「64(ロクヨン)」は、三上という県警広報官が刑事部や新聞記者たちとの板挟みにあいながら、昭和64年に起こった誘拐殺人事件に絡めた警察内で起こっている動きを追っていく、という物語で、実話がモチーフにな…続きを読む

ブレイブ・ストーリー上中下:宮部みゆき

小学生低学年から中学年にかけての子どもに、本を読んでほしいと願う家庭で起こる問題の一つが、「かいけつゾロリから抜け出せない問題」だそうです。 いかにゾロリが偉大であるかの裏付けでもあるこの問題、本を自…続きを読む