HOME生活感想おまえさん(上・下):宮部みゆき

おまえさん(上・下):宮部みゆき

宮部みゆきの本は好きで、いろんなシリーズを読んできました。
そこで感じたのは、宮部みゆきの話には、物語パートのほかに、調べた物事を説明するパートがあるように思います。
金融の話であれば、詳しくどうなっているのか、という仕組みを説明してくれる部分があります。
その部分がとても説明的で、読んでいる方としては物語を楽しみながら勉強にもなってしまうという感じですが、悪くいうと説明部分だけが浮いていると感じてしまうこともあります。

しかし、宮部みゆきのすごいところは、あらゆるジャンルの話を垣根なく書いてしまうところだと思います。
それこそミステリーから少年物、時代物など…。
中でも私は時代物が好きで、藤沢周平を好んで読んでいたのですが、宮部みゆきが書く時代物にも興味がわいたため、読んでみたのが、このシリーズの最初、「ぼんくら」でした。
「おまえさん」は、「ぼんくら」で登場した人物が織りなすシリーズの3作目で、「ぼんくら」「日暮らし」「おまえさん」の3部作となっています(今のところ続刊がないため)。

既に「ぼんくら」「日暮らし」も読んでおり、満を持しての「おまえさん」ということで読んでみました。
とにかくこのシリーズが好きだと思うのは、物語の中に登場する人物一人一人の特徴がしっかりと作りこまれているため、本当に生きているような、その世界に自分が入り込んで近所の人たちの生活をみているような気分になるところです。

威勢はいいけど人情味があり困っている人を放っておけない、「おとく屋」の女将・お徳のお店で煮物や総菜を食べてみたい。
一度記憶したことは忘れない、「おでこ」こと三太郎に、どのくらい昔の話まで覚えているのか確かめてみたい。
登場人物に会ってみたいと思えるような生活感がそこに広がっているのが心地いいのです。

物語は軸となる「事件」があるのですが、その事件が深くなる前に繰り広げられる日常生活の中の変化や、事件が解決した後に、後日談のように枝葉に分かれていたストーリーにきちんと落ちをつけ、それらが温かい結末で締めくくられるのも、とてもよいのです。
これはご都合主義などではなく、あるべきところに落ち着いたという結末の仕方です。
中でも、奥さんに先立たれた丸助が、心の中の奥さんに「もう寂しくないですね」と言われて、寂しくも力強く送り出すシーンはなんだか泣けました。

ミステリーあり、涙ありと、宮部みゆきの真骨頂ではないでしょうか。
さわやかな読後感に包まれるお薦めの一冊です。

関連記事

ワンダー:R・J・パラシオ

初夏に本屋に行くと、若年層のコーナーには、夏休みの読書感想文用に推薦図書が並びます。 ワンダーはその中に、5・6年生用ということで置かれていました。 全く内容は知らなかったのですが、表紙が気になって少…続きを読む

むらさきのスカートの女:今村夏子

「何も起こらないのに面白いとTikTokで話題沸騰!」という帯に惹かれ、あらすじをチェックすると、主人公がいつも近所でみかける「むらさきのスカートの女」と友達になりたいが故に、自分の職場に就職するよう…続きを読む

連続殺人鬼カエル男:中山七里

数年前に動画配信サイトの無料枠で「連続殺人鬼カエル男」というドラマが配信されていました。 そのときに興味がわいたものの、結局見ないでそのままにしてしまいました。 それからしばらくして、その原作が小説と…続きを読む