HOME生活感想さかなのこ(映画)

さかなのこ(映画)

さかなクンの自伝「さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生! 」を元に映画化したものが「さかなのこ」です。
最初、映画館の広告でこれをみたときに、おもしろそうだなと思いました。
短期間に再び映画館に行く機会があり、またもやこの広告をみたときに、「次はこれをみたいな」と思っていました。
そして、子供をたきつけて家族で見に行きました。

主演の、のんはとても明るくまっすぐで興味のあることには一途というキャラクター「さかなクン」を演じましたが、これがとにかくはまり役。
周りを固める俳優陣もとてもよく、中でも母親役の井川遥、親友の柳楽優弥などとてもよい味を出していました。
ストーリーはフィクションを交えつつコメディタッチにさかなクンの半生を描いています。
冒頭、タコをつかまえたさかなクンことミー坊、父親にそれを渡すとその場で叩き潰して食べてしまう衝撃のシーンがあります。これは事実らしいです。
その後、地元のヤンキーたちとすったもんだがあり、仲良くなっていき、やがてヤンキーたちは卒業して大人になっていくけれど、ミー坊だけは変わらず好きなことを追い続けています。

そんなさかなクンは好きなことだけをしていたため勉強はからっきしだったとか。
それでも母親は心配するそぶりも見せず、「これでいい」と応援し続けました。
こうして好きなことだけをつづけたさかなクンは、大学の客員教授や名誉博士にまでなります(ここまでは映画にはなっていませんが)。
まさに好きこそものの上手なれを体現しています。
さかなクンは、成功したけれど、さかなクンが言いたいことは、好きなことを追い続けていれば、失敗もするかもしれないけれど、そこからきっと何かが得られる、ということのようです。

この映画を、最初は子供のためになる映画かなと思って見に行きましたが、むしろ親に訴えかけている映画ではないかと思いました。
子供が本当に興味のあることがあれば、それを見守ってやるのが親の務めである、というような。
子供をもっと信じましょう、というメッセージとも受け取れます。

誰もが同じ進路を選択しなくてもいい、本人が納得して一度しかない人生を生きていけることが幸せなことなんだなと思いました。

最後に、個人的にグッと来たのは、柳楽優弥演じる親友ヒヨとその彼女(島崎遥香)と、ミー坊(さかなクン)の3人でレストランで食事をするシーンです。ここでミー坊のことを笑ってしまう彼女に嫌気がさしたヒヨは、次のシーンで彼女を先に帰してしまい、ヒヨとミー坊の二人で食事をします。このシーンでウルッと来てしまいました。ヒヨ、おまえいいやつだな!!ってなります。

2時間半の長丁場の映画ですが、見た後は幸せな気分になるいい映画でした。
間違いなくお勧めです。

関連記事

死刑にいたる病:櫛木理宇

前に、「死刑にいたる病」という映画が公開されるというCM(現在は既に公開は終わっています)を見たので、原作本を読んでみました。 死刑判決を受けた連続殺人犯が、一件だけ自分の罪ではない、ということで、そ…続きを読む

すべてがFになる:森博嗣

「すべてがFになる」は、過去に両親殺害を疑われる天才科学者の殺害がどうして起こったのか、を解決していく話です。 テンポよく話が進むため非常に読みやすいと感じました。 違和感があったのは、登場人物のほと…続きを読む

おまえさん(上・下):宮部みゆき

宮部みゆきの本は好きで、いろんなシリーズを読んできました。 そこで感じたのは、宮部みゆきの話には、物語パートのほかに、調べた物事を説明するパートがあるように思います。 金融の話であれば、詳しくどうなっ…続きを読む

むらさきのスカートの女:今村夏子

「何も起こらないのに面白いとTikTokで話題沸騰!」という帯に惹かれ、あらすじをチェックすると、主人公がいつも近所でみかける「むらさきのスカートの女」と友達になりたいが故に、自分の職場に就職するよう…続きを読む

野生のロボット:ピーター・ブラウン

野生のロボットは、子供向けの本です。 うちの子に読ませたら読むのではないか?と考えて手に取りました。 うちの子は、なかなか本を積極的に読まず、漫画やゾロリなど読みやすいものばかりを読んでしまいます。も…続きを読む

殺人鬼フジコの衝動:真梨幸子

サスペンス物を読むのが楽しくなってたどり着いてしまった一冊、それが「殺人鬼フジコの衝動」でした。 この本、だいぶ胸糞悪くなる描写が多いです。 とにかくフジコの生い立ちが酷いし、学校でのいじめも酷いです…続きを読む

ゴーストブック おばけずかん(映画)

映画館で本編を見る前にやっている予告編を見ているときに、このゴーストブックが流れ、実写であることで面白そうだなと思い、子供に薦めて見に行ってみました。 出演に新垣結衣が出ているところも売りなのでしょう…続きを読む

64(ロクヨン):横山秀夫

「64(ロクヨン)」は、三上という県警広報官が刑事部や新聞記者たちとの板挟みにあいながら、昭和64年に起こった誘拐殺人事件に絡めた警察内で起こっている動きを追っていく、という物語で、実話がモチーフにな…続きを読む

さかなクンの一魚一会~まいにち夢中な人生!:さかなクン

映画「さかなのこ」を見たので、今度は原作を読んでみました。 さかなクンの半生を綴った自伝です。 こちらがほぼ実話だとするならば、映画はかなりフィクションが入っていました。映画の場合には、明らかにフィク…続きを読む

ひとり旅日和:秋川滝美

主人公の日和(ひより)は、24歳のOLです。性格は内気で人と会話するのが苦手、要領もよくありません。だから会社でも上司に怒られてばかり。 そんなある日、自分を採用してくれた社長から旅を薦められます。 …続きを読む