HOME生活感想青の炎:貴志祐介

青の炎:貴志祐介

「青の炎」はミステリー小説ですが、その中でも「倒叙ミステリー」と呼ばれるジャンルのミステリー小説です。
主人公は高校生の櫛森秀一。
彼は高校生活を楽しむ普通の学生でしたが、あるとき急に家に離婚した元父親が入り浸り始めて、そこから恐怖の毎日を送ることになります。
そんな状況を打破しようと、ついに殺害を決意する秀一。
彼は証拠が残らない殺害方法を調べ上げ、ついいに、元父親が寝入っている隙に殺害を試みます。
しかし、完全犯罪を目論んでいた秀一の思惑とは裏腹に、隠しきれなかったほころびが露呈し、それを取り繕うために策を弄していくうちに、事態はよからぬ方向へと向かって行ってしまいます。

倒叙(とうじょ)ミステリーとは、犯人側から描かれた内容であり、まずは犯行ありきで犯行の実行からスタートし、そして、そこから犯行が発覚して最後を迎えるという流れで進められる小説の表現方法です。
テレビドラマでいえば、刑事コロンボです。

わたしが惹かれたのは、本の裏表紙に「感動」の2文字があったからです。
ミステリー小説で感動するとはどういうことなのだろう?と思ったのが本を手に取ったきっかけです。
謎が謎を呼び、それを紐解いていくうちにどんでん返しがあり…というのがミステリーの王道だと思いますが、そこに感動要素がどう絡んでくるのか、それが気になりました。

最後まで読み終えて、なるほどなと思いました。
最後、秀一が紀子に伝えたセリフは本心ではなく、秀一のやさしさだったのだろうと思います。
家族を守るためにクールに奮闘した青年の、はかない犯行記録はどう幕を閉じるのか。
感動?確かに感動的な場面もあり、こういうのも青春なのかなと思ってしまいました。

関連記事

母性:湊かなえ

「母性」というタイトルの映画が上映されるということを以前に知り、それ以来、原作の母性を読んでみようと思っていました。 話は、自分の母親のことが大好きで、いつまでも子供として母親にかわいがられていたいと…続きを読む

おまえさん(上・下):宮部みゆき

宮部みゆきの本は好きで、いろんなシリーズを読んできました。 そこで感じたのは、宮部みゆきの話には、物語パートのほかに、調べた物事を説明するパートがあるように思います。 金融の話であれば、詳しくどうなっ…続きを読む

ゴーストブック おばけずかん(映画)

映画館で本編を見る前にやっている予告編を見ているときに、このゴーストブックが流れ、実写であることで面白そうだなと思い、子供に薦めて見に行ってみました。 出演に新垣結衣が出ているところも売りなのでしょう…続きを読む

連続殺人鬼カエル男:中山七里

数年前に動画配信サイトの無料枠で「連続殺人鬼カエル男」というドラマが配信されていました。 そのときに興味がわいたものの、結局見ないでそのままにしてしまいました。 それからしばらくして、その原作が小説と…続きを読む

パレートの誤算:柚月裕子

「パレートの誤算」は、NHKのドラマ化もされたということなのできっと面白いのだろうと思い読んでみました。 パレートとは、「パレートの法則」を考えたイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートの名前です。 …続きを読む

野生のロボット:ピーター・ブラウン

野生のロボットは、子供向けの本です。 うちの子に読ませたら読むのではないか?と考えて手に取りました。 うちの子は、なかなか本を積極的に読まず、漫画やゾロリなど読みやすいものばかりを読んでしまいます。も…続きを読む

半落ち:横山秀夫

横山秀夫という作家の本はこれで2冊目です。 ここまで読んだ感想としては、この人の本はとても読みやすいということです。 一番最初にナゾとされている問題提起があり、そのオチに向かって突き進んでいくスタイル…続きを読む

まっしょうめん!:あさだりん

わたしの息子が剣道をやってみたいということで道場に通い始めました。 といってもいつまで続くかわからないので、まずは竹刀だけ買って習わせています。 竹刀は消耗品のため、特に小学生用などは2000円程度で…続きを読む

深い河:遠藤周作

しばらくミステリー物ばかり読んでいたので、別のジャンルを読もうということになり、たまたまネットで紹介されていた旅物を読むことにしました。 そのうちの一冊として紹介されていたのが、「深い河」でした。 遠…続きを読む

砂の女:安部公房

昆虫好きの主人公が、昆虫採集のために砂丘にいったところ、砂丘にあいている砂の穴の底に連れていかれ、そこから脱出できなくなってしまう、という不思議な話です。 砂に囲われた盆地、というよりはほぼ穴という感…続きを読む